Skip to main content
LIBRARY PODCAST~誰もが学びを得られる場~

LIBRARY PODCAST~誰もが学びを得られる場~

By アカデミーヒルズ
会員制ライブラリーを運営するアカデミーヒルズのスタッフがお送りします。
「スタッフが気になっている本」「ライブラリーのイベントに関連した本のご紹介」「イベントのスピーカーによるトーク」「ライブラリー会員の活動紹介」等、様々なコンテンツをお届けします!

【アカデミーヒルズ 会員制ライブラリー】https://lp.academyhills.com/membership/index.html
【アカデミーヒルズ YouTube】https://www.youtube.com/user/academyhills
Where to listen
Apple Podcasts Logo

Apple Podcasts

Google Podcasts Logo

Google Podcasts

Spotify Logo

Spotify

#37 竹中平蔵ダボス・レポート(3):こぼれ話あれこれ
ダボスでの欧州の団結ぶりに見る危うさとは?ダボス会議の事務局の役割は? 現地や空港でのコロナ対策は?旅の達人は、飛行機でどう過ごす? 道中あれこれなど、こぼれ話をお届けします。
17:39
June 28, 2022
#36 竹中平蔵ダボス・レポート(2):「裏庭」では何が起きている!?
街全体がダボス会議一色となる中、数ある公式セッション以外に、参加者は何をしているのでしょうか。 実は、神髄といえるのはその裏で行なわれる非公式会議、あるいは偶然の出会いかもしれません。 参加者はどのように非公式の場で会い、話し合いを深めているのでしょうか。 なかなか一般には知られていない非公開の部分を、竹中さんにこっそり伺います。
09:44
June 24, 2022
#35 竹中平蔵さん登場! ダボス・レポート(1):世界のリーダーは何を語ったのか?
新型コロナウイルスの影響により再三延期となっていたダボス会議(世界経済フォーラム年次総会)。 ようやく2022年5月、2年半ぶりに通常(対面)開催されました。 アカデミーヒルズ理事長の竹中平蔵さんは、世界経済フォーラムの理事として毎回ダボス会議に参加を重ねています。 久しぶりのダボス会議では、主に何が話し合われ、どのように感じたのでしょうか。竹中さんによるダボス・レポートをお届けします。
11:15
June 21, 2022
#34 海外に行くのに、パスポートをあえて作らない理由とは?
2022年6月4日に開催されたメンバー限定イベント、「Library Lounge Talk」では、起業家・慎 泰俊 (しん・てじゅん)さんをゲストにお迎えしました。 「世界の不条理を正すために、個人が果たせる事って何だろう」というテーマで展開されたイベントの様子を事務局の神田・城所が語ります。 7月7日には、カタリスト・藤沢久美さんをお迎えして「キャリアチェンジに必要な大人の学びとは?」をテーマにイベントを開催いたします。 ライブラリーメンバーの皆さんのご参加をお待ちしています!
15:38
June 16, 2022
#33 知っていますか?「認知バイアス」。自分は正しい!は実は間違い?
みなさんは「認知バイアス」という言葉をご存じですか? 物事を理解・判断する際の歪みや偏りを意味する「認知バイアス」は、あらゆる場面で生じています。 「自分だけは大丈夫」というのもバイアスなのでしょうか? 事務局の結繩、高橋、伊藤が語り合いました。
13:03
June 14, 2022
#32 WEB3の世界を考える~共同体の変容 国家ってなんだ?~
 アカデミーヒルズではブロックチェーン技術が世界をどう変えるのか?をテーマに議論するトークシリーズ 「WEB3の世界を考える」を開催しました。 今回は「共同体の変容」をテーマに、メディア美学者の武邑光裕さんをお迎えしてお話を伺いました。 モデレーターは、哲学者・荒谷大輔さん、「新しい経済」編集長の設楽祐介さんです。 WEB3が、私たちのライフスタイルにどう関わりうるかを考えるための場をつくります。トークイベントの様子をお聞きください。 アカデミーヒルズでは、2022年6月30日(木)「WEB3の世界を考える」ライブラリーメンバー限定のワークショップを開催します! 詳しくはこちらからご覧ください。
59:41
June 10, 2022
#31 これからのサードプレイスに求められるもの
メンバー主体のサークル活動「メンバーズ・コミュニティ」(MC)でマーケティング研究会を主宰する小磯卓也さん。 前回に引き続き、ライブラリーで出会った河合さん、塩飽さん、深井さんとともに、今後のサードプレイスに求められるもの、というテーマでお話いただきました。 働き方が大きく変わる中で、ライブラリーに求められるものとは?後半のトークでお聴きください。
20:09
June 07, 2022
#30 仕事では出会えない人がいる!わたしたちのライブラリー「超」活用法
共通のテーマのもと意見交換や勉強会を行う、メンバー主体のサークル活動「メンバーズ・コミュニティ」(MC)でマーケティング研究会を主宰する小磯卓也さん。 MCや交流会を通して親交を深めた塩飽さん、河合さん、深井さんとともに、人生を変えるほどのインパクトをもたらしたライブラリーでの人との出会いについて語っていただきました。
22:05
June 03, 2022
#29 時間を超えて「東京」の魅力を味わおう!
あなたが、ふだん何気なくあるいている街。その街にも、それぞれの歴史や、地理的要素、ドラマがあります。 その背景を知ることで、街あるきもグンと楽しくなるでしょう。 時代を超えて変化し続ける「東京」。思わず「へぇ~」と言ってしまう「東京」を知る指南書2冊を、ライブラリーの本棚よりご紹介します。 ●書籍 『東京DEEPタイムスリップ1984⇔2022』善本喜一郎(河出書房新社)2022/3/12 『歴史と地理がいっきにわかる 東京23区大全』伊藤賀一(SBクリエイティブ)2022/3/5
12:14
May 31, 2022
#28 趣味=達人ではない!「好きなこと」はシェアしよう!
月に1回、ライブラリーメンバーと事務局スタッフがオンラインで雑談する「リモート雑談」。 今回は話題に上がった「好きなこと」や「熱中していること」について、スタッフの久保田と藤田が語ります。 「自分が好きなことは一体…」「これって好きと言って良いのか…」悩める久保田と、「好き」を極める藤田のトークをお楽しみください! リモート雑談スタッフトーク第1弾:健康を保つための「飽くなき挑戦」~黒豆編~
11:12
May 27, 2022
#27 よく知らなくても大丈夫!『資本主義全史』で改めて知る資本主義
みなさんは「資本主義」について、どれくらい知っていて、どれくらい語ることができるでしょうか? そこまで詳しくはない、けど語ってみよう!と、『資本主義全史』(的場昭弘著:SB新書)を元に、スタッフの結縄と伊藤が語ります。
13:06
May 24, 2022
#26 睡眠タイプは遺伝子で決まっている!?「夜型」の人に想いを馳せてみる
あなたは「朝型」ですか?「夜型」ですか? 「朝型」は良いイメージなのに、「夜型」の人間は「怠けている」と思われがちで肩身の狭い思いをしている、と感じるのは私だけでしょうか? 今回は、夜型のスタッフ2名が、あえて「夜型」をテーマに語ります!
14:27
May 20, 2022
#25 歌詞が無い歌で人の心を動かす!?~Superflyの魅力~
前回に続き、「音楽でつながろう」企画で「おすすめの曲」を投稿してくださったライブラリーメンバーのインタビューをお届けします。 今回お話を伺ったのは、Superflyさんの「Beautiful」をおすすめの1曲としてご紹介いただいた、ひろりんさんです。 Superflyさんの曲との出会いから、その魅力まで、ひろりんさんの視点でたっぷりと語っていただきました。
12:33
May 17, 2022
#24 バッハの「マタイ受難曲」を通して、ライブラリーメンバーが音楽を語る!
ライブラリーの企画「音楽でつながろう」プロジェクトで「おすすめの曲」を投稿してくださったライブラリーメンバーのインタビューシリーズ! 今回は、人類の至宝、合唱曲の最高峰としてバッハの「マタイ受難曲」をご紹介くださったの田宮さんのインタビューをお届けします。 田宮さんは、合唱団に所属しており、この曲をサントリーホールで歌ったことが貴重な経験として思い出に残っているとのこと。 人類の宝であるこの曲をサントリーホールで歌うとはどんな感じなのでしょうか?田宮さんのお話をお聴きください。
12:33
May 13, 2022
#23 マインドフルネスや集中力など「ゾーンに入る」方法とは?
なんと、このポッドキャストのリスナーであるライブラリーメンバーの方からテーマのリクエストをいただきました!ありがとうございます! 今回はリクエスト頂いた「マインドフルネス」や「集中力」というテーマで津田と結繩の2人が、関連する書籍に書かれている内容の紹介や、それぞれの体験談を交えながら、楽しく語り合いました。
15:38
May 10, 2022
#22 フラフラするおじさん。そして、会社が社員を殺さないために…
『人の顔した組織』読書体験トーク第3回では、組織内でのインフォーマルな場の存在価値を見直します。 直接的に評価できないけれど、見えない価値を生み出していた『会社でフラフラするおじさん』を例に挙げ、バブル崩壊後、息苦しいほどの合理化の末、切り捨てられてしまった、個人と組織の間の存在の重要性について語り合いました。
42:21
May 06, 2022
#21 人間って『そもそも論』を考えるのに向いてない?
『人の顔した組織』読書体験トーク第2回では、『人間の本性って何なのか?』を考えます。 『そもそも人間は考えたくない、習慣で処理したい生き物』と話す哲学者・谷川嘉浩さんと、人材開発研修で、非日常的ショックを与えることは、個人の根源的な力が発揮するためと話す福澤英弘さんとの対話は不思議な接点を見出します。
33:18
May 03, 2022
#20 考えるな、感じろ!『燃えよドラゴン』に学ぶ内発的動機と組織
ライブラリーメンバー限定のイベント、<『人の顔した組織』読書体験会>の開催に向けて 収録したトークの様子を3回に分けてお届けします。 福澤英弘さんの著書『人の顔した組織』では、どうすれば組織の能力を最大限に発揮されるのか?が語られます。 本書を読んだ哲学者・谷川嘉浩さんと「人と集団と会社のあるべき関係とは?」を語り合います。 ビジネス研修と哲学の異色コンビがまず語り合ったのは、意外にも「人間観察」でした。全3回シリーズの第一弾です。
35:49
April 29, 2022
#19 あなたがいま抱える悩み。それは世界の偉人もいつか来た道!?
Podcastアワードを受賞するほど大人気の番組「コテンラジオ」を配信する深井龍之介さんの書籍『歴史思考』(ダイヤモンド社)についてスタッフが語り合うトークです。 普段みなさん、色々なことに悩んでいると思いますが、実は、過去の偉人と呼ばれる人たちも同じ悩みを抱えていたのでは、と考えたことはありますか? イエス・キリストや孔子などの世界の偉人も、自分と同じ目線で悩んでいたことを知ると、あなたの日常生活もガラリと変わるはずです!
10:35
April 26, 2022
#18 「リラックス」を提供したい!カウンターの内側から見える風景を語る
前回に続き、Lounge 49 の篠崎店長のインタビュー。 毎日カウンターの内側からラウンジの様子を伺っている篠崎さんは、メンバーのニーズを汲み取って商品開発も行っています。 その一つ、いま大人気のプロテインドリンクの誕生秘話を語って下さいました。また、ラウンジにいる時間が長い篠崎さんだからこそ見える、49階からの眺望。 季節ごと、そして1日の中でも細かなグラデーションがあるのをご存知ですか?篠崎店長ならではのトーク、お楽しみください!
11:50
April 22, 2022
#17 公園の中にある売店のような、気軽に立ち寄れるコーヒースタンドがライブラリーにあるんです!
集中した後にホッと一息つきたいとき。読みたい本を手に取って、ワクワクしながらページをめくるとき。他のメンバーと談笑するとき。 そんなときのお供にバリスタが淹れたコーヒーはいかがですか? メンバーの憩いの場となっている六本木ヒルズライブラリーの「Lounge 49」の篠崎店長に、こだわりのコーヒー豆や、サブスクでお得に飲めるシステム、環境に配慮したコーヒー、そして焼き立てパンなどの軽食メニューまで、その魅力をたっぷり語っていただきました。
10:47
April 19, 2022
#16 音楽はいま「自分で作る」ことができる!
ここで流れる曲・・・実はスタッフが作曲しました! いまはさまざまな手段で、誰もが簡単に音を奏でることができます。 一度「音」を出したら、「楽」しくてハマること間違いなし!? 楽器を弾ける人、弾けない人、みなさんへ音楽のススメ。
20:41
April 15, 2022
#15 東京ライフ、私の楽しみ方
コロナ禍で地方への移住が注目を集めるなど、地方が脚光を浴びています。でも、東京にも魅力がたくさんありますよね。 東京出身・東京在住のスタッフ、清水と高橋が改めて見直したい東京の魅力について語り合いました。
13:40
April 12, 2022
#14 健康を保つための「飽くなき挑戦」~黒豆編~
月に1回、ライブラリーメンバーと事務局スタッフがオンラインで雑談する「リモート雑談」。 今回はリモート雑談でメンバーと盛り上がった健康法の話題から、雑談に参加しているスタッフの久保田と高橋がお届けします。 サプリメントに頼るのではなく、食品から栄養素を取るための、久保田の「飽くなき挑戦」の軌跡をお楽しみいただけます。
15:13
April 08, 2022
#13 音楽に宿る記憶、ビートルズから坂本龍一へ~ライブラリーメンバー日野さんインタビュー
あなたのオススメ曲を教えてください、という「音楽プロジェクト」企画にて、たくさんの曲をご紹介していただいた、ライブラリーメンバーの日野さんをお迎えして、お話を伺いました。 音楽が作る気持ちの揺らぎ、呼び覚まされる記憶など、様々なお話が展開されます。
27:20
April 05, 2022
#12 「音楽」を通しての交流を~音楽プロジェクトのご紹介
「音楽」を通して交流を深めよう!と立ち上がった「音楽プロジェクト」。オススメ曲のご紹介から、田中泰さんを迎えてのイベントなど、スタッフの中山・中村より活動内容のご紹介です。
11:57
April 01, 2022
#11 「伝える」ではなく「伝わる」がポイント。「なぜ分かってくれない?」と嘆く前に読みたい本
自分が考えていることが相手にうまく伝わらない!と感じることはありませんか?そんなあなたにピッタリなのが、伝え手のプロ、日本テレビアナウンサーの藤井貴彦さんの『伝わる仕組み』という本です。 結繩が本から感じたエッセンスを清水と語りました。
10:17
March 29, 2022
#10 「片付け」が、あなたの人生を好転させる!
断捨離、整理術などの言葉がよく聞かれますが、あなたは身の回りの「もの」をどのように整理していますか? たかが「片付け」と侮るなかれ。今回はライブラリースタッフの高橋と清水が、人生を変える「片付け」について語りました。
21:41
March 25, 2022
#9 写真を撮るテクニックを学ぼう
誰でもスマホがあれば、いつでもどこでも写真を撮ってSNS投稿を通じて表現ができる時代。いつもあなたはどんな写真を撮っていますか? 今回ライブラリーの書棚からスタッフの結繩の目に止まった『まねる写真術』(河野鉄平著:翔泳社)を手に取り、結繩と高橋が光と影の使い方、構図のヒント、料理を美味しく見せる撮り方など、本をめくりながらお話しました。
10:41
March 22, 2022
#8 あなたは環境のために何かしていますか?
アカデミーヒルズのイベントシリーズ「カタリスト・トーク」のコーナーで、ゲストがお勧めする本を紹介するカタリスト・ブックス。今回はカタリスト・軍地彩弓さんのトークのゲストでLuup代表の岡井大輝さんのカタリスト・ブックスを取り上げます。 起業家・経営者として「ゼロから自分の頭で考える」ことを大切にしている岡井さんが紹介して下さった『地球の未来のため僕が決断したこと』(ビル・ゲイツ著:早川書房)について、ライブラリースタッフの清水と津田が本から感じたことや、個人が環境のために日常生活でできることなどをお話しました。
21:09
March 18, 2022
#7 書籍で読む未来の姿「未来を洞察するためのSF」展示紹介
六本木ヒルズ49Fにある「エントランス・ショーケース」展示スペースでは、現在「未来を洞察するためのSF」と題しての展示を開催しています。 今回、展示の企画をしていただいた、SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERS(SPBS)の工藤眞平さんに、展示についてのお話を伺いました。
22:27
March 15, 2022
#6 人生100年時代のサラリーマンの悩みにこたえる1冊!
今回、ライブラリースタッフの高橋がご紹介するのがYouTuberとして絶大な人気を誇るサラタメさんの初の書籍『シン・サラリーマン』(ダイヤモンド社)。ライブラリーの書棚にも配架され、メンバーの皆さんによく読まれています。スタッフの高橋と結繩がサラタメさんの魅力から、副業につながる自分の武器についてまで幅広く語りました。
11:42
March 11, 2022
#5 Z世代の観光に見る、新しい価値観
#4に引き続き、哲学者の荒谷大輔さんへのインタビューの3回目をお届けします。 物質的な「作品」の創作するのではなく、地方に移住し、古民家を改装してコミュニティに入って活動するZ世代のアーティストたちの存在に、毛利さんも荒谷さんも注目しています。 若い世代の観光は、これまでと何が違うのか、荒谷さんに聞きました。
06:58
March 08, 2022
#4 なぜ、資本主義下で「うつ」が発生するのか?
#3に引き続き、哲学者の荒谷大輔さんへの2つ目のインタビューをお届けします。 毛利さんとのイベントでは、資本主義の弊害として、「うつ」の問題が挙げられました。資本主義の下で心の病にかかる人が増えていくのはなぜなのでしょうか?荒谷さんにお伺いしました。
06:41
March 04, 2022
#3 自分がやりたいことと、会社から言われてやることが違うと「搾取」が生まれる?
アカデミーヒルズのイベントシリーズ、カタリスト・トークで「経済のリデザイン」をテーマに掲げ、新たな経済のあり方を模索する哲学者の荒谷大輔さん。今回は、昨年9月の社会学者の毛利嘉孝さんとの「アートと市場原理主義」のイベントを受けて行った荒谷さんへのインタビューを3つのキーワードをもとに3回に分けてご紹介します。1つ目のインタビューでは、毛利さんとのトークでも主題となった「アーティストは労働者なのか?」という問いから派生した「搾取」という概念について、分かりやすく解説くださいました。 関連動画:荒谷大輔さん インタビュー
08:25
March 01, 2022
#2 今日が人生の最後の日だとしたら、あなたは今日これからやろうとしていることを、本当にやるだろうか?
アカデミーヒルズが2021年から開催している「カタリスト・トーク」は、従来の社会における、あらゆる「つながり」を見直して新しく「つなぎ直す」イベントシリーズです。 アカデミーヒルズのカタリスト7名の問題意識をもとにそれぞれテーマを設定し、これまでの常識の再構築を試みています。 ゲストがトークの中で紹介する1冊、カタリスト・ブックスのセクションから、ライブラリースタッフの津田が選んだのが『最後の授業』(ランディ・パウシュ著:SBクリエイティブ)です。ジャーナリストの浜田敬子さんがカタリストを務めるシリーズのゲストとしてお迎えしたヤマガタデザインの山中大介さんがお勧めしてくれた本書から、スタッフの津田と清水が得た気づきをシェアします。 WEB記事:山中大介さんのカタリスト・ブックス
13:14
February 25, 2022
#1 「話し方」の本が多い中で、「聞くこと」が持つパワーに注目!
スタッフが気になる本として今回ご紹介するのは、『LISTEN』(ケイト・マーフィ著:日経BP社)。オンライン会議が普及したいま、改めて「話すこと」の対になる「聞くこと」についてライブラリースタッフの結繩と高橋が語り合いました。
08:57
February 22, 2022
#0 アカデミーヒルズ ライブラリー ポッドキャスト、始めます!
皆さん、初めまして。六本木ヒルズと赤坂アークヒルズの2か所で会員制ライブラリーを運営するアカデミーヒルズです。 会員制ライブラリーとはどんなところ?私たちのポッドキャストでは何が聴けるの?そんな疑問にお答えする私たちの自己紹介です。
02:07
February 16, 2022