Skip to main content
今日のおいしい

今日のおいしい

By akikokawamura
日常の中で見つけたささやかな、さまざまな、暮らしに寄り添う”おいしい”を、パリからお伝えします。自分の内に留めておこうか、いや、誰かに話そうか、のはざまくらいにテンションが上がった、おいしい話です。

<番外編>
2011年3月に発売された初めての著書『パリのビストロ手帖』(新潮社)が、2021年3月末をもって絶版となることを受け、このPodcastで、朗読することにしました。10年前のパリのビストロの空気を、声でお届けします。

伝える人:川村明子
98年よりフランス在住。暮らしや食に纏わる話を書いたり、撮ったりしています。近著『日曜日はプーレ・ロティ』。各連載へはこちらから→ linktr.ee/akikokawamura
Where to listen
Apple Podcasts Logo

Apple Podcasts

Google Podcasts Logo

Google Podcasts

Overcast Logo

Overcast

Pocket Casts Logo

Pocket Casts

RadioPublic Logo

RadioPublic

Spotify Logo

Spotify

#30 春のチーズが始まったよー!
春のチーズってなに?/牛の食生活/ドライハーブとフレッシュハーブ/生産者から直接/オーヴェルニュのチーズ/匂いは縦タイプ/生乳と低温殺菌乳/夏の終わりには褐色に/シャモニーで買ったバターの口溶け感に再会した/淡くて儚い春の味  番組内で話している拙著は、こちらになります→ https://www.amazon.co.jp/日曜日はプーレ・ロティ-ちょっと不便で豊かなフランスの食暮らし-川村-明子/dp/4484182351
32:51
May 09, 2022
#29 テリーヌの存在、そして食べ方
復活祭と移動祝祭日/店の味を知るバロメーター/ウッフ・マヨネーズ/テリーヌの存在感/田舎風テリーヌ/パテとテリーヌの違い/風土と食と言葉の関係性/テリーヌってメインに食べたくない?/満足の食べ方/課題「テリーヌの立ち位置に関する考察」
37:02
April 22, 2022
#28 ご褒美はパフェ-冬に味わう“白い貴婦人”ダム・ブランシュ-
自分へのご褒美/フランスでの初パフェはピーチ・メルバ/季節のパフェと通年パフェ/器が大事。盛り方も/生クリームが大好きで/冬に食べるのはこの2つ/カニを食べる時くらい無言です/背徳感を覚えるおいしい時間/今日は渡仏記念日
37:13
March 28, 2022
#27 セロリはせん切りがおいしいと思うんだよ
オレンジとセロリとアンディーブでサラダを作ろう/困った、収まりが悪い/苦手だった給食のスープ/きっかけはスティックサラダ/生なら好きなのかも?/キャロット・ラペ/栗原はるみさんのおかげ/好き嫌いのセンサーを動かすのは切り方?/もっと料理が美味しくできる気がしてきた                    番組内で話しているフィガロ.jpでの連載記事はこちらです→ https://madamefigaro.jp/kawamura-petitdejeuner/220220.html
42:41
February 20, 2022
#26 差し入れはスペイン風オムレツ
お惣菜屋さんのスペイン風オムレツ/厚さは5cm/お昼休みピークを前に売り切れる/かっぱえびせんだった/ジャガイモを卵が繋いでる/ケーキの代わりに差し入れたい/決めてはジャガイモか
24:59
February 05, 2022
#25 ポトフのススメ-ポテチ欲が満たされて-
フランスの家庭料理ポトフは牛肉の煮込み/部位のこだわり/煮込み終盤に味わう匂い/ポトフには食べ方がある/付けるのはマヨネーズ/あるおうちのお決まりサラダ/ブイヨンは煮麺で/オニオンスープとセット/キムチも合うよ
31:51
January 10, 2022
#24 ポテチを挟んだサンドイッチ食べたことありますか?
初めて食べた時からすっかり魅了されたクロワッサンドイッチを出す一軒が、秋になったら、新たにポテチを具として加え始めて...興奮のサンドイッチリポートです。途中話に出てきます、&Premiumの連載記事、ウェブ連載でも少しクロワッサンドイッチのこと書いています。よかったらこちらから覗いてみてください→ https://andpremium.jp/column/mane-sandwich/sandwich-10/
27:13
December 14, 2021
#23 待ってたよー!栗の粉のパン
秋も深まる頃になると、パリではちらほら見かけ始める栗の粉のパン。初めての出合いから、今年新たに発見した相性好しの組み合わせと、これから試してみたい食べ方などの話をしています。
23:13
November 29, 2021
#22 その手があったかぁ!の、かぼちゃクリーム入りドーナツ
フランスのドーナツ=ベニエはパン生地を揚げた菓子パンで、中にクリームやジャムを詰めたものが、パン屋さんで売られています。この秋、かぼちゃクリームが詰められたベニエに出合い...発見とそこから広がる想像のお話です。
23:08
November 17, 2021
#21 いちばん通ってる店+#番外編6『パリのビストロ手帖』朗読版「ラ・フォンテーヌ・ドゥ・マルス」
考えてみたら、いちばんコンスタントに足を運ぶ店には、目当てに出かける不動の料理があるんだなぁ。15年以上通う店の、ずっと食べ続けている料理とデザートの話です。
21:48
October 25, 2021
#20 理想のプロフィットロール
ついに出合えたこれぞ理想と思えるプロフィットロール(シューアイスのチョコソースがけ)のお話です。           *番組終盤に、「パリはレストランにも普通に行けるようになり」と言っていますが、レストランやカフェの入店には“衛生パス”の提示が必要です(逆に言うと、衛生パスがあればどこでも普通に入れます)。
19:56
September 12, 2021
#19 フランスのクリームシチューがけごはんは、おばあちゃんの味
7月に入っても肌寒い日が長らく続いたパリで、思いがけず食べる機会を得たブランケット・ド・ヴォー=仔牛のクリームシチューに纏わるお話です。
22:09
July 23, 2021
#番外編5 今の私で訪れたなら...『パリのビストロ手帖』朗読版「ル・タンブル」
2011年3月に発売された初めての著書『パリのビストロ手帖』(新潮社)が、2021年3月末で絶版となったことを受け、このpodcastで朗読することにしました。今回は5軒目「ル・タンブル」です。
22:43
July 04, 2021
#18 カレーパンの具がフレンチになったなら...
パリ11区にあるレストラン「メゾン」に期間限定で登場したカレーパン。日本のアイテムとフレンチらしい素材の融合にすっかり虜になった体験談です。
21:32
June 28, 2021
#番外編4『パリのビストロ手帖』朗読版「ル・コントワール・デュ・ルレ」
2011年3月に発売された初めての著書『パリのビストロ手帖』(新潮社)が、2021年3月末をもって絶版となったことを受け、このPodcast番組で朗読することにしました。今回は4軒目「ル・コントワール・デュ・ルレ」とそれに続く、コラム1「ビストロのいま」です。
17:13
June 13, 2021
#17 牛シチューのサンドイッチにいざなわれ-行き着いたのはサンフランシスコ経由ミスタードーナツ-
牛肉のシチューを挟んだサンドイッチを食べて、改めて発見した自分の嗜好と、そこに行き着くまでの回想をお話しています。 最後にお知らせしている『&Premium』ウェブサイトでのサンドイッチ連載記事はこちらです↓ https://andpremium.jp/column/mane-sandwich/sandwich-05
26:28
May 30, 2021
#16 朝ごはんの楽しみ方-いつも一皿盛りあわせなそのワケは-
パンを添えての朝ごはんは、いつも一皿にいくつかのアイテムも盛り合わせます。どうして一皿盛りにしているのか?のお話です。(今回途中でお腹が鳴っているのが聞こえます。恥ずかしや...)  noteに書いています「朝ごはんとサラダの効能」へはこちらからどうぞ〜 → https://note.com/akikokawamura/n/na1d6487ef749  番組内で話している朝ごはんブログ「mes petits-déjeuners」は昨年の秋で最後になっていますがアーカイブとして残しています。ご興味ある方はご覧ください → http://mespetitsdejeuners.blogspot.com  いま更新しています朝ごはんの連載「パリの川村さんちの朝ごはん」はこちらです→ https://madamefigaro.jp/kawamura-petitdejeuner/list.html
23:21
May 16, 2021
#番外編3『パリのビストロ手帖』朗読版「ル・プティ・ヴァンドーム」
2011年3月に発売された初めての著書『パリのビストロ手帖』(新潮社)が、2021年3月末で絶版となったことを受け、このPodcastで朗読することにしました。10年前のパリのビストロの空気を、声でお届けします。今回は3軒目「ル・プティ・ヴァンドーム」です。朗読後は、この店の私的楽しみ方を話しています。 ***途中、「外でお食事をすることがなくなって、丸5ヶ月」というくだりが出てきますが→丸6ヶ月の間違いdwす。すみません!!
25:58
May 02, 2021
#15 フィレオフィッシュを3回食べて辿り着いた場所
パリでコンスタントに通っているサンドイッチ屋さんのフィレオフィッシュを食べたことを発端に、ちょっとした旅をして、その着地点に至るまでのお話です。
21:35
April 26, 2021
#番外編2『パリのビストロ手帖』朗読版「ラシーヌ」
2011年3月に発売された初めての著書『パリのビストロ手帖』(新潮社)が、2021年3月末をもって絶版となったことを受け、この Podcastで朗読することにしました。10年前のパリのビストロの空気を、声でお届けします。今回は2軒目「ラシーヌ」です。朗読後は、何度も食べた鶏の料理について回想しています。
25:55
April 17, 2021
#14 満足度8割で食べ終えるゆえに後を引いて仕方ない地味色薄焼きタルトの話
最近ハマっている、地味な見た目のひと口目からバシッとおいしさを決めてこない薄焼きのタルト。食べている最中も食べ終わっても満足度は8割な味わいで、だからか、食べ終えた手応えを求めて追いかけてしまうかのように、気づけば頻繁に買っているタルトのお話です。
25:15
April 10, 2021
#番外編1『パリのビストロ手帖』朗読版「アルフレッド」
2011年3月に発売された初めての著書『パリのビストロ手帖』(新潮社)が、2021年3月末をもって絶版となったことを受け、このPodcastで、朗読することにしました。10年前のパリのビストロの空気を、声でお届けします。今日は1軒目「アルフレッド」です。朗読後、いまはもう食べることは出来ない仔牛のローストについても熱っぽく語っています。
28:18
April 03, 2021
#番外編『パリのビストロ手帖』朗読版「まえがき」
2011年3月に発売された初めての著書『パリのビストロ手帖』(新潮社)が、2021年3月末をもって絶版となることを受け、このPodcastで、朗読することにしました。10年前のパリのビストロの空気を、声でお届けします。今日はまず「まえがき」の1ページを。
22:17
March 31, 2021
#13 ボルシチを食べて思ったこと(後編): 最初から“おいしい”を決めてこない食べ物に誘われて
ボルシチをきっかけに、複合的な旨みで作り出したおいしさよりも、旨みがちょっと足りないくらいの味にいつしかとても親しみを感じるようになったお話です。
23:37
March 21, 2021
#12 ボルシチを食べて思ったこと(前編):旨味二重奏くらいが好きかもしれないなぁ
ロシア料理屋さんで食べたビーツのスープ、ボルシチ。色はビーツだけれど味はトマトが優勢で、なーんか違和感があるなぁと思ったところから考えを巡らしたお話です。 *途中で「ボルシチ主役で良くない?」と言っているところ、「ビーツ主役で良くない?」の間違いです。すみません。
15:05
March 05, 2021
#11 フランスで食べるべきはジャガイモです。
フランスに行ったら食べるべきは、バターもチーズもパンも差し置いて、ジャガイモ!!と声を大にして言いたい、その想いを語っています。
24:35
January 17, 2021
#10 レバーの転機 きっかけはお酢だった
もともとはいちばん嫌いだった食べ物、レバー。それがいまでは、心の拠り所という頼りにする存在になっています。転機をもたらしたのは、お酢でした。
17:13
December 07, 2020
#09 ヌクマムごめん!私、コラトゥーラに乗りかえた!(魚醤のお話)
これまで頻繁に使っていたベトナムの魚醤ヌクマムが体に合わなくなってしまい、イタリアの魚醤コラトゥーラを使うようになったことでの出合いのお話です。
19:53
November 15, 2020
#08 パリで焼酎風呂にハマっています。そのワケは......
友人から教えてもらったあることをきっかけに、芋焼酎を一升瓶で購入しました。そこから焼酎が日々のお供になって早2週間。その日々での発見について語っています。
21:00
November 03, 2020
#07 ダイエット開始!で食べに行ったのはお肉です。
秋の気配を感じるとともに体重増加......で、ダイエットを始めました。今回はダイエットを始めると食べるもののお話です
21:24
September 21, 2020
#06 この食パンはきっとフィレオフィッシュがぴったりだ!
古代麦の粉で、かつ、自家製天然酵母で作る食パン、食べたことありますか?前回#05でお話しした、6月にモンマルトルの丘にオープンした古代麦を使ったパン屋さん、ShinyaPainの続きのお話です。
15:59
September 14, 2020
#05 ポーケットのなかには...♫ 思わず口ずさんだパン屋さんのクッキー
モンマルトルの丘に、この6月、オープンしたパン屋さん“Shinya Pain”で出合ったクッキーとスコーンのお話です。
16:25
September 06, 2020
#04 塩気だけのスクランブルエッグは苦手だったのに...
ある出合いをきっかけに、これまで苦手だったスクランブルエッグの見方が変わった、出合いと発見のお話です。
17:42
July 24, 2020
#03 冷蔵庫には入れないでね!のモツァレラチーズ
すっかり夏のお天気になり、日々の食卓に出番のぐっと増えたモツァレラチーズ。最近行くようになったモツァレラチーズの製造場&販売所で買うと、冷蔵庫には入れないでね!と言われます。今回は、そんなモツァレラチーズに纏わるお話です。
17:28
July 12, 2020
#01 このクリーム・バンとは肌が合うんだなぁ。
最近日常の仲間入りした、あるクリーム・バン。単純に“おいしい”のひとことでは片付けたくないおいしさのお話です。
10:42
July 10, 2020
#02 はじまりはぶどうパン
人生をともに歩んでいるかのようなぶどうパンのお話です。
12:59
July 05, 2020