Skip to main content
本屋プラグラジオ

本屋プラグラジオ

By 詔太嶋田
和歌山県和歌山市の本屋プラグの店内から、本に関する話題や、本にまつわるカルチャーを毎回様々なゲストをお呼びしたりしなかったりで紹介するプログラム。
Listen on
Where to listen
Apple Podcasts Logo

Apple Podcasts

Breaker Logo

Breaker

Google Podcasts Logo

Google Podcasts

Pocket Casts Logo

Pocket Casts

RadioPublic Logo

RadioPublic

Spotify Logo

Spotify

本屋プラグラジオvol.16「桂文五郎さん、月亭遊真さんとフリートーク」
隔月の恒例企画「桂文五郎落語会@本屋プラグ」でもお世話になっている、本屋プラグラジオ準レギュラーの桂文五郎さん、そして月亭遊真さんをゲストにフリートーク。
39:20
February 25, 2021
本屋プラグラジオvol,15「クーデター後のミャンマーの今はどうなっているの!?」
今回のゲストは国立民族学博物館所属で、ミャンマーの民間信仰を研究している山本文子さん。本屋プラグでは、これまでもミャンマーの音楽や映画についてのイベントなどでお世話になっている山本さんですが、今回は2021年の2月1日に起こった、軍部のクーデターについて、クーデター以降のミャンマーの様子や、一般の人々の反応について伺いたく、急遽出演をお願いしました。いや、めちゃくちゃ勉強になりました。
48:17
February 8, 2021
本屋プラグラジオvol.13「2020年も面白い映画がたくさんありましたね」
映画の感想をシェアし合うマンスリー・シネマ・トークや#twcn主宰、今年も劇場で120本の映画を鑑賞されたペップさんが今回のゲスト。ペップさん、そして本屋プラグ嶋田、それぞれの今年観た作品のベストテンを軸に、2020年の映画を振り返りました。
01:16:41
December 24, 2020
本屋プラグラジオvol.12「ラジオ日本の話芸 落語/書生節【桂文五郎】」
落語家の桂文五郎さんをゲストに、今年一年間の振り返りながら、上方落語について、また文五郎さんがここ数年力を入れている書生節などについて話を伺いました。
57:57
December 23, 2020
本屋プラグラジオvol.11「SANBONRADIO番外編 2020年の出版業界をささやかに振り返る」
toibooksの磯上さん(大阪)と恵文社一乗寺店の鎌田さん(京都)、そして本屋プラグの嶋田(和歌山)という、関西の書店の3人が、月に一度、毎回テーマに沿ったお勧めの本を紹介するyoutube配信「SANBONRADIO」。今回はその番外編として、2020年の出版業界、というと大袈裟ですが、それぞれが今年読んだ本や、出版業界の動きの中で印象に残ったものや出来事を、ざっくりと振り返ります。
01:01:04
December 21, 2020
本屋プラグラジオvol.10「和歌山県議会議員が政務活動費で買った本から行政を考えよう」
2019年度、和歌山県議会議員が政務活動費で購入した書籍。『剣客商売』や『サウナ術』など、一見すると県政とは関係なさそうな本も、実はそこには県議会の先生の深い考えががあるのでないかということを、朝日新聞記者の藤野隆晃さんをゲストに考察します。
49:48
December 19, 2020
本屋プラグラジオvol.9「翻訳・リブート・パロディから顧みるシャーロック・ホームズの魅力」
「シャーロック・ホームズ」シリーズが英語から日本語と中国語に翻訳される過程に、社会の歴史的変容がどのような影響を与えてきたのかを研究している、神戸大学の余玟欣(ユ・ウェンシン)さんをゲストに迎え、100年を超えても未だ多くの新訳、そしてリブート・パロディが作り続けられている、シャーロック・ホームズの魅力を伺いました。
59:50
November 28, 2020
本屋プラグラジオvol.8「宮崎大祐監督フィルモグラフィー」
現在公開中の最新作、大阪を舞台にしたモノクロ映画『VIDEOPHOBIA』が大量のリピーター(中毒者)を生み出していることでも話題の宮崎大祐監督をゲストに、宮崎作品のフィルモグラフィーを振り返ると言いつつ、本屋プラグ嶋田が好きすぎる2019年の作品『TOURISM』が中心です!
57:47
November 24, 2020
本屋プラグラジオvol.7「ラジオ日本の話芸 ネオラクゴ【月亭太遊】」
2020年に落語家生活10周年を迎えられたネオラクゴ家の月亭太遊さんをゲストにお迎えし、落語という話芸の面白さや可能性、日本唯一のネオラクゴ家が考える、今後の展望等についてのお話を伺いました。
57:19
October 28, 2020
本屋プラグラジオvol.6「マヤ神話 ポポル・ヴフの魅力について」
メキシコの古事記ともいうべきマヤ文明の神話「ポポル・ヴフ」について、スペイン語翻訳研究者の鋤柄史子さんと、toibooksの磯上達也さんをゲストに、その魅力に迫る特集です🇲🇽今回は本屋プラグではなく、大阪本町のtoibooks店内からお届けします。
59:36
October 26, 2020
本屋プラグラジオvol.5「メキシコ社会と南米文学、言語についての四方山話」
島田淳子編『翻訳文学紀行Ⅱ』で、グアテマラの作家ルイス・デ・リオン「時はシバルバーにて明ける」を訳された、スペインのバルセロナ大学社会人類学の博士課程で、メキシコ少数民族の言語の翻訳について研究されている鋤柄史子さんをゲストに迎え、メキシコ周辺の四方山話をしています。
55:31
October 19, 2020
本屋プラグラジオvol.4「英国の国民食 フィッシュ・アンド・チップスの魅力」
翻訳者で研究者の栢木清吾さんをゲストに、栢木さんの新しい翻訳書、パニコス・パナイー『フィッシュ・アンド・チップスの歴史 英国と食と移民』を紐解きつつ、英国の国民食の歴史と魅力についてお聞きしました。
54:03
October 2, 2020
本屋プラグラジオvol.3「悲しみかもめlive&2000年頃の和歌山の話」
和歌山出身のSSW悲しみかもめさんをゲストに迎えたインストアライブと、映画『mid90s』を見て振り返る2000年代初頭の和歌山のスケートカルチャー。当時の街の様子や思い出話などなど。📚📻🌴✨ 【本日のセットリスト】 「悲しみかもめ」0:00〜 「ふたり(仮)」22:00〜 「ヤング」44:50〜
53:33
September 13, 2020
本屋プラグラジオvol.2『和歌山とアヘン』
朝日新聞和歌山欄に、8月25日から27日にかけて、3回に渡って掲載された連載「和歌山とアヘン」。戦前の和歌山のアヘン栽培の歴史について、記事を書いた藤野隆晃さんに伺いました。
55:55
September 13, 2020
本屋プラグラジオvol.1『上方落語の話』
落語家の桂文五郎さんをゲストに、現在の上方落語の世界について、修行の話、ネタの話等など、あれやこれやを話します。
58:57
August 26, 2020