サステナブルトーク by Crecolab(クレコ・ラボ)

サステナブルトーク by Crecolab(クレコ・ラボ)

By creco
SDGs時代の持続可能な社会に向けて「木のストロープロジェクト」を核として、地球温暖化(気候変動)など様々な社会的課題について考察していきます。
※木のストロープロジェクトは、世界的な脱プラスチックの流れを受けて開発をした「木のストロー(木製ストロー)」をきっかけに、日本の大切な資源である水と森林を守るために何ができるかをみんなで考える活動です。
Where to listen
Breaker Logo
Google Podcasts Logo
RadioPublic Logo
Spotify Logo
山本先生のお話 杉と日本文化
杉が日本の器、入れ物に使われてきた、とい歴史文化的な側面から木について触れていただきました。 最古の形態は、木の幹を刳(く)り抜いた「刳桶(くりおけ)」、その後いわゆるまげわっぱである「曲桶」になり、最終的に「結桶」(ゆいおけ)という杉桶、杉樽の形態になったそうです。 杉桶は、日本酒や味噌、醤油、酢の醸造に使われたり、さらには公衆衛生面において杉は肥桶に使われるなど、日本文化は杉のお世話になってきたというお話です。
08:44
April 6, 2020
山本先生のお話 CO2と植物
植物にとって、CO2が増えて温暖化しているという状態は実はうれしい状態、というお話。
08:23
April 3, 2020
山本先生のお話 林業の話その二
植樹するという林業は日本独自の形態という事実(海外は自然に生えて来るため植樹の必要がない)。 そのため日本の林業は非常に手間がかかりますが、人が関わることによって多様な生態系が育まれてきた豊かな自然環境ともいえます。 杉のように放置されていて光が入らない森になってしまっていることは早急に改善したいところです。 まずは木材を使って、森に光を入れ、若木の山へ更新してCO2固定能力も高めていきましょう、というお話。
18:24
April 3, 2020
山本先生のお話 林業の話その一
もともと林業は山に生えている木をどんどん伐採して使う、という略奪林業だった、というところから林業の歴史を紐解きます。 「おじいさんは山へしば刈りへ」、という桃太郎の話が、室町後期の山は草地(草山)だったという事を示しているという話は興味深いです。
12:51
March 6, 2020
山本先生のお話 活動内容のご紹介
山菜を食べる、間伐体験など様々な体験プログラムを実施されている山本先生の活動内容のご紹介
09:16
March 6, 2020
木のストロープロジェクトトークイベント三回
2019/10/17に久我山にあるSupermama mit tobuhiさんにて、水と森問題、持続可能(サステナブル)、地球温暖化(気候変動)などのキーワードにご興味がある方々に向けて簡単なトークイベントを開催した際の内容です。 3回に分けています(3/3回)。
15:52
January 29, 2020
木のストロープロジェクトトークイベント二回
2019/10/17に久我山にあるSupermama mit tobuhiさんにて、水と森問題、持続可能(サステナブル)、地球温暖化(気候変動)などのキーワードにご興味がある方々に向けて簡単なトークイベントを開催した際の内容です。 3回に分けています(2/3回)。
16:51
January 27, 2020
木のストロープロジェクトトークイベント一回
2019/10/17に久我山にあるSupermama mit tobuhiさんにて、水と森問題、持続可能(サステナブル)、地球温暖化(気候変動)などのキーワードにご興味がある方々に向けて簡単なトークイベントを開催した際の内容です。 3回に分けています(1/3回)
22:58
January 27, 2020