Skip to main content
フレンチ・クラシック・カフェ

フレンチ・クラシック・カフェ

By 笹川日仏財団
笹川日仏財団がお届けするプログラム「フレンチ・クラシック・カフェ」。フランス音楽の素敵なところをちょっと変わった切り口でご紹介します。ご案内役は軽妙なトークで定評のある指揮者の中田昌樹さんです。

《中田昌樹プロフィール》
1951年札幌生まれ。道立札幌西高校卒業。国立音楽大学器楽学科卒業後、フランスに留学。パリ・エコール・ノルマル音楽院指揮科を一等賞首席にて卒業。アメリカ・タングルウッドで小澤征爾、バーンスタインの教えを受ける。
パリ・コンセール・パドゥルー管弦楽団を指揮してヨーロッパデュー、その後、フランス国立リヨン管弦楽団で音楽監督セルジュ・ボドのアシスタントを務める。ベルリン放送交響楽団、ブルガリア国立ソフィア室内管弦楽団などヨーロッパ各地で指揮。
帰国後、新国立劇場開場当初からオペラ制作に携わり、オペラ研修所特任講師も務める。
吹奏楽の分野では、吹奏楽コンクール全国大会/支部大会/県大会の審査、各地の指揮講習会の講師を長年に渡って担当。
札幌大学文化学部 客員教授、新国立劇場オペラ制作部 専門員、新国立劇場オペラ研修所特任講師 、Institut Francais du Kyushu (九州日仏会館) 『フランス音楽の陰影』レクチャー講師 等を歴任。
Listen on
Where to listen
Apple Podcasts Logo

Apple Podcasts

Breaker Logo

Breaker

Castbox Logo

Castbox

Google Podcasts Logo

Google Podcasts

Overcast Logo

Overcast

Pocket Casts Logo

Pocket Casts

RadioPublic Logo

RadioPublic

Spotify Logo

Spotify

#12 ヴァンサン・ダンディをご存知?
大分交響楽団 第44回定期演奏会で演奏されるサン=サーンス『死の舞踏』、ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 、サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』を全16回にわたってご紹介。 指揮者・教育者としても活動していたヴァンサン・ダンディの作品は演奏される機会はあまり多くありませんが、『セヴェンヌ交響曲 』とも呼ばれる『フランスの山人の歌による交響曲』は代表作のひとつで、フランス中部セヴェンヌ地方の風景を、めまぐるしいほど次々に描き出す手法は見事です。 【出演】中田昌樹(指揮者) 【演奏】アイルランド国立交響楽団 アントニオ・デ・アルメイダ指揮 ピアノ:フランソワ・ジョエル・ティオリエ    『フランスの山人の歌による交響曲』(セヴェンヌ交響曲) Op. 25(配信期間:2021年10月23日〜11月22日)     イントロ&エンディング ドビュッシー『小さな黒人』 江澤隆行 【提供】笹川日仏財団 *大分交響楽団 第44回定期演奏会(2021年11月21日[日] iichikoグランシアター) 指揮 中田昌樹 演奏 大分交響楽団 プログラム サン=サーンス『死の舞踏』/ ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 ピアノ 渡邊智道/サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』
15:04
October 22, 2021
#11 指揮者のお仕事その3
大分交響楽団 第44回定期演奏会で演奏されるサン=サーンス『死の舞踏』、ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 、サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』を全16回にわたってご紹介。 指揮者がどうやって音を組み立てていくのか?その第三弾です。実際のリハーサルをお聞きいただきながら、弦分奏でオーケストラの土台を作っていく様子をお楽しみください。国際的に活躍しているオランダ人指揮者のローレンス・レネスのインタビューは今回が最終回です。フランス・バロックへの愛を告白しています! 【出演】中田昌樹(指揮者) 【演奏】イントロ&エンディング ドビュッシー『小さな黒人』 江澤隆行 【提供】笹川日仏財団 *大分交響楽団 第44回定期演奏会(2021年11月21日[日] iichikoグランシアター) 指揮 中田昌樹 演奏 大分交響楽団 プログラム サン=サーンス『死の舞踏』/ ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 ピアノ 渡邊智道/サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』
18:08
October 15, 2021
#10 指揮者のお仕事その2
大分交響楽団 第44回定期演奏会で演奏されるサン=サーンス『死の舞踏』、ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 、サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』を全16回にわたってご紹介。 指揮者はどうやって音を組み立てていくのでしょうか? 前回に引き続き、実際のリハーサルでオーケストラにどのような指示を出しているのかをお届けします。また、国際的に活躍しているオランダ人指揮者のローレンス・レネスのインタビューの続編もお贈りします。今回は彼のドラマチックなデビューについて語ってもらいました。 【出演】中田昌樹(指揮者) 【演奏】イントロ&エンディング ドビュッシー『小さな黒人』 江澤隆行 【提供】笹川日仏財団 *大分交響楽団 第44回定期演奏会(2021年11月21日[日] iichikoグランシアター) 指揮 中田昌樹 演奏 大分交響楽団 プログラム サン=サーンス『死の舞踏』/ ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 ピアノ 渡邊智道/サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』
19:41
October 8, 2021
#9 指揮者のお仕事その1
大分交響楽団 第44回定期演奏会で演奏されるサン=サーンス『死の舞踏』、ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 、サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』を全16回にわたってご紹介。 指揮者はどうやって音を組み立てていくのでしょうか? 今回から3回に分けて、実際のリハーサルでオーケストラにどのような指示を出しているのかをお届けします。また、国際的に活躍しているオランダ人指揮者のローレンス・レネスのインタビューもお贈りします。当番組ナビゲーターの中田昌樹氏との出会いなど、貴重なエピソードをお楽しみください。 【出演】中田昌樹(指揮者) 【演奏】イントロ&エンディング ドビュッシー『小さな黒人』 江澤隆行 【提供】笹川日仏財団 *大分交響楽団 第44回定期演奏会(2021年11月21日[日] iichikoグランシアター) 指揮 中田昌樹 演奏 大分交響楽団 プログラム サン=サーンス『死の舞踏』/ ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 ピアノ 渡邊智道/サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』
21:30
October 1, 2021
#8 減五度の魅せる不可思議
大分交響楽団 第44回定期演奏会で演奏されるサン=サーンス『死の舞踏』、ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 、サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』を全16回にわたってご紹介。 サン=サーンス『死の舞踏』で用いられている減五度。中世には悪夢の音程と忌みきらわれていた不協和音の響きは、のちに音楽の色彩感や輪郭線の描き方に革命的な変化をもたらし、音の推進力も多様に感じられるようになりました。 【出演】中田昌樹(指揮者) 【演奏】イントロ&エンディング ドビュッシー『小さな黒人』 江澤隆行 【提供】笹川日仏財団 *大分交響楽団 第44回定期演奏会(2021年11月21日[日] iichikoグランシアター) 指揮 中田昌樹 演奏 大分交響楽団 プログラム サン=サーンス『死の舞踏』/ ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 ピアノ 渡邊智道/サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』
16:22
September 24, 2021
#7 真夜中の宴、ワルツを踊るのは誰?
大分交響楽団 第44回定期演奏会で演奏されるサン=サーンス『死の舞踏』、ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 、サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』を全16回にわたってご紹介。 今回はサン=サーンス『死の舞踏』を取り上げます。西欧では『ヴァルプルギスの夜』をはじめ『サバト(土曜の夜の魔女の夜宴)』など、夜中に大騒ぎする行事はいろいろあるようですが、集まって来るのは魔物や精霊。この『死の舞踏』のように骸骨がカタカタ踊るというのは、むしろ珍しいのかもしれません。 【出演】中田昌樹(指揮者) 【演奏】マルメ交響楽団 マルク・スーストロ指揮 『死の舞踏』(配信期間:2021年9月18日〜10月17日)     イントロ&エンディング ドビュッシー『小さな黒人』 江澤隆行 【提供】笹川日仏財団 *大分交響楽団 第44回定期演奏会(2021年11月21日[日] iichikoグランシアター) 指揮 中田昌樹 演奏 大分交響楽団 プログラム サン=サーンス『死の舞踏』/ ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 ピアノ 渡邊智道/サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』
13:17
September 17, 2021
#6 その源泉はグレゴリオ聖歌だった!
大分交響楽団 第44回定期演奏会で演奏されるサン=サーンス『死の舞踏』、ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 、サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』を全16回にわたってご紹介。 サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』はグレゴリオ聖歌の「怒りの日」が、さまざまに形を変えながら循環形式のこの楽曲の随所に現れます。次回から取り上げる『死の舞踏』はこのシンフォニーより10年以上も前に作曲されましたが、やはりこの「怒りの日」が異なる形で使われています。 【出演】中田昌樹(指揮者) 【演奏】イントロ&エンディング ドビュッシー『小さな黒人』 江澤隆行 【提供】笹川日仏財団 *大分交響楽団 第44回定期演奏会(2021年11月21日[日] iichikoグランシアター) 指揮 中田昌樹 演奏 大分交響楽団 プログラム サン=サーンス『死の舞踏』/ ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 ピアノ 渡邊智道/サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』
15:21
September 10, 2021
#5 音の螺旋階段のその先に
大分交響楽団 第44回定期演奏会で演奏されるサン=サーンス『死の舞踏』、ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 、サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』を全16回にわたってご紹介。 サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』冒頭の「怒りの日」(ディエス・イレ Dies irae)から敬虔な祈りへ、その後自然界の変幻を眺めつつ、この第5エピソードでご紹介する第二部後半(第4楽章)で循環形式の螺旋階段を翔けていきます。 【出演】中田昌樹(指揮者) 【演奏】フランス国立リヨン管弦楽団 レナード・スラットキン指揮 『交響曲第三番オルガン付』第2部前半(配信期間:2021年9月4日〜10月3日) イントロ&エンディング ドビュッシー『小さな黒人』 江澤隆行 【提供】笹川日仏財団 *大分交響楽団 第44回定期演奏会(2021年11月21日[日] iichikoグランシアター) 指揮 中田昌樹 演奏 大分交響楽団 プログラム サン=サーンス『死の舞踏』/ ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 ピアノ 渡邊智道/サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』
13:11
September 3, 2021
#4 教会を出て野原に出よう!
大分交響楽団 第44回定期演奏会で演奏されるサン=サーンス『死の舞踏』、ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 、サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』を全16回にわたってご紹介。  第4エピソードでは、第一部後半で紡がれた敬虔な祈りの音楽とは対照的な第二部前半をお届けします。 中間部で、シンフォニーで使われることが珍しいサスペンデッド・シンバルや、ピアノの特徴的で躍動感溢れる音形が響き、あたかも教会から飛び出して野原を駆け回っているかのようです。  【出演】中田昌樹(指揮者)  【演奏】フランス国立リヨン管弦楽団 レナード・スラットキン指揮 『交響曲第三番オルガン付』第二部前半(配信期間:2021年8月28日〜9月27日)      イントロ&エンディング ドビュッシー『小さな黒人』 江澤隆行  【提供】笹川日仏財団  *大分交響楽団 第44回定期演奏会(2021年11月21日[日] iichikoグランシアター)  指揮 中田昌樹  演奏 大分交響楽団  プログラム サン=サーンス『死の舞踏』/ ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 ピアノ 渡邊智道/サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』
12:53
August 27, 2021
#3 Clarinet + Horn + Trombone = ?!
大分交響楽団 第44回定期演奏会で演奏されるサン=サーンス『死の舞踏』、ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 、サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』を全16回にわたってご紹介。 第3エピソードでは、オルガンを知り尽くしたサン=サーンスが絶妙な筆致で管楽器のハーモニーを紡ぎつつ、循環形式の中で前楽章のテーマ、グレゴリオ聖歌「ディエス・イレ」(怒りの日)をさりげなく、巧みに演出していることも解き明かします。 【出演】中田昌樹(指揮者) 【演奏】フランス国立リヨン管弦楽団 レナード・スラットキン指揮 『交響曲第三番オルガン付』第一部後半(配信期間:2021年8月21日〜9月20日) イントロ&エンディング ドビュッシー『小さな黒人』 江澤隆行 【提供】笹川日仏財団 *大分交響楽団 第44回定期演奏会(2021年11月21日[日] iichikoグランシアター) 指揮 中田昌樹 演奏 大分交響楽団 プログラム サン=サーンス『死の舞踏』/ ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 ピアノ 渡邊智道/サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』
10:51
August 20, 2021
#2 パイプオルガンがシンフォニーに?
大分交響楽団 第44回定期演奏会で演奏されるサン=サーンス『死の舞踏』、ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 、サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』を全16回にわたってご紹介。 第2エピソードでは、卓越したオルガニストでありピアニストであったサン=サーンスが何故パイプオルガンをシンフォニーに取り入れたのか、またグレゴリオ聖歌「ディエス・イレ」との関係性を紐解きます。 【出演】中田昌樹(指揮者) 【演奏】フランス国立リヨン管弦楽団 レナード・スラットキン指揮 『交響曲第三番オルガン付』第一部前半/『幻想交響曲』「ディエス・イレ」(配信期間:2021年8月14日〜9月13日) イントロ&エンディング ドビュッシー『小さな黒人』 江澤隆行 【提供】笹川日仏財団 *大分交響楽団 第44回定期演奏会(2021年11月21日[日] iichikoグランシアター) 指揮 中田昌樹 演奏 大分交響楽団 プログラム サン=サーンス『死の舞踏』/ ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 ピアノ 渡邊智道/サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』
16:39
August 13, 2021
#1 早熟の天才サン=サーンス
大分交響楽団 第44回定期演奏会で演奏されるサン=サーンス『死の舞踏』、ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 、サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』を全16回にわたってご紹介。 まずは今年没後100年を迎えるカミーユ・サン=サーンス(1835-1921)の『交響曲第三番オルガン付』を取り上げます。 初回は、サン=サーンスがいかに早熟の天才だったか、いくつかの驚きのエピソードを交えつつ、オーケストラとオルガンとの融合が最高潮に達するこの曲最後の部分をお届けします。  【出演】中田昌樹(指揮者)  【演奏】フランス国立リヨン管弦楽団 レナード・スラットキン指揮 『交響曲第三番オルガン付』第二部後半 (配信期間:2021年8月7日〜9月6日)     イントロ&エンディング ドビュッシー『小さな黒人』 江澤隆行  【提供】笹川日仏財団  *大分交響楽団 第44回定期演奏会(2021年11月21日[日] iichikoグランシアター)  指揮 中田昌樹  演奏 大分交響楽団  プログラム サン=サーンス『死の舞踏』/ ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 ピアノ 渡邊智道/サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』
12:20
August 6, 2021
「フレンチ・クラシック・カフェ」始まります!
軽妙なトークで定評のある指揮者の中田昌樹さんが、フランス音楽の素敵なところをちょっと変わった切り口でご紹介するプログラム「フレンチ・クラシック・カフェ」が始まります! 大分交響楽団 第44回定期演奏会で演奏されるサン=サーンス『死の舞踏』、ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 、サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』を全16回にわたってご紹介。 8月7日から毎週土曜日に配信。視聴可能期間は各エピソード1ヶ月となっていますので、どうぞお聴き逃しなく! 【出演】中田昌樹(指揮者) 【演奏】江澤隆行(ピアノ)/トレーラー及び各エピソードのイントロとエンディング 【提供】笹川日仏財団 大分交響楽団 第44回定期演奏会(2021年11月21日[日] iichikoグランシアター) 指揮 中田昌樹 演奏 大分交響楽団 プログラム サン=サーンス『死の舞踏』/ダンディ『フランスの山人の歌による交響曲』 ピアノ 渡邊智道/サン=サーンス『交響曲第三番オルガン付』
00:60
July 20, 2021