カトリック鹿児島

カトリック鹿児島

By Xavier-Podcast
カトリック鹿児島司教区内の出来事を音声で発信します
Where to listen
Breaker Logo
Google Podcasts Logo
Pocket Casts Logo
RadioPublic Logo
Spotify Logo
Currently playing episode

教区報2020年3月号第1面

カトリック鹿児島

Go to next audioGo to next audio
Go to prev audioGo to prev audio
1x
司祭の約束の更新【2020年聖香油ミサ】
4月7日(火)鹿児島カテドラル・ザビエル教会で
02:12
April 7, 2020
聖香油ミサにおける中野司教の説教
2020年4月7日(火)鹿児島カテドラル・ザビエル教会主聖堂で
14:46
April 7, 2020
成相明人神父の追悼ミサにおける中野司教の説教
ヨハネ・バプティスタ・ド・ラサール成相明人神父の追悼ミサは、中野裕明司教の主司式で3月22日午後、鹿児島カテドラル・ザビエル教会において行われました。福音朗読の後、中野司教は約16分間、成相神父をしのびながら説教しました。
15:51
March 23, 2020
成相明人神父の追悼ミサで朗読されたみことば
中野司教が自ら選んだというみことばは、第一朗読「使徒パウロのコリントの教会への手紙Ⅰ(13・1-10,12-13)とマタイによる福音(マタイ10・40-42)。
07:33
March 23, 2020
教区報2020年3月号第1面
森司教を招き恒例の教区司祭大会、他
17:26
March 19, 2020
教区報2020年3月号第2面
2018年度会計報告、他
37:26
March 19, 2020
教区報2020年3月号第3面
立て、行こう!高校生と韓国巡礼③、他
15:20
March 19, 2020
教区報2020年3月号第4面
ともに50周年を記念---国分教会と国分幼稚園、他
12:10
March 19, 2020
司教区昇格記念ミサの説教
2月25日(火)19:00からカテドラル・ザビエル教会で「カトリック鹿児島司教区司教区昇格記念ミサ」が行われました。この音声は主司式をされた中野裕明司教の説教です。
10:33
February 25, 2020
中野司教の手紙(2020年2月号)
信仰部会のモットーは「悔い改めて、福音を信じよ」 今回から年頭の辞で発表した「信仰部会」「典礼部会」「宣教部会」にモットーを掲げてそれについて説明していきたいと思います。「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて、福音を信じなさい」(マルコ1・15)。これはイエス様ご自身の宣教活動開始時のご発声です。
04:34
February 20, 2020
教区報2020年2月号第1面
教区の日の2月25日への変更発表 司教の手紙・信仰部会のモットー「悔い改めて福音を信じよ」 毎月第4月曜日にやさしい聖書の黙想会 教区人事---永山幸弘神父 訃報---木陰実神父 復活祭の準備に日々の生活の霊操を 2月11日は世界病者の日
15:51
February 20, 2020
教区報2020年2月号第2面
差別主義と平等主義(1) わたしの信仰体験(2) カバイヤンセクション
14:53
February 20, 2020
教区報2020年2月号第3面
立て、行こう!高校生と韓国巡礼② 康由神父の聖書講座㉒ 会と催し--2月
13:49
February 20, 2020
教区報2020年2月号第4面
ウガンダの旅2018訪問地の最後⑫ 鹿児島正義と平和協議会通信2月号
14:37
February 20, 2020
鹿児島教区シノドス提言書
教区シノドスのテーマ「教会の3つの柱(集まり、交わり、派遣される)を生きる」 中野司教は2019年1月24日開催された定例司祭集会(コンベンツス)で「教会を支える三つの柱(鹿児島教区の宣教・司牧の俯瞰)」と題する司牧指針を示し、その意図を次のように話した。「現行の教区の組織の議論に入る前に教会の基本的生命を確認しておきたい。神の呼びかけ、交わり、派遣は教会共同体の本質である。主任司祭は、司牧指針『教会を支えている三つの柱』について信者と分かち合ってほしい。上(の組織)から下へでなく、下から上へと活動を行っていきたい」。
28:34
February 19, 2020
50周年記念ミサでの福音朗読と説教
カトリック国分教会&カトリック国分幼稚園の周年記念ミサにおける福音朗読と中野司教の説教
06:30
February 12, 2020
1月22日の福音朗読と中野司教の説教
マルコによる福音(マルコ3・1-6) そのとき、イエスはまた会堂にお入りになった。そこに片手の萎えた人がいた。人々はイエスを訴えようと思って、安息日にこの人の病気をいやされるかどうか、注目していた。イエスは手の萎えた人に、「真ん中に立ちなさい」と言われた。そして人々にこう言われた。「安息日に律法で許されているのは、善を行うことか、悪を行うことか。命を救うことか、殺すことか。」彼らは黙っていた。そこで、イエスは怒って人々を見回し、彼らのかたくなな心を悲しみながら、その人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。伸ばすと、手は元どおりになった。ファリサイ派の人々は出て行き、早速、ヘロデ派の人々と一緒に、どのようにしてイエスを殺そうかと相談し始めた。
10:03
January 30, 2020
鹿児島カトリック教区報2020年1月号
【1面トップ】年頭の辞「教皇訪日とシノドスを経て今後の展望」 【2面トップ】立て、行こう!高校生と韓国巡礼①---青少年司牧担当司祭・李秉德神父 【3、4面】鹿児島教区シノドス提言書 【5面トップ】「対等」が生かされる教会に(2)---紫原教会主任司祭・山口好信神父 【6面トップ】ウガンダの旅2018⑪食品工場の見学--谷山教会信徒・岩崎正幸
1:28:10
January 23, 2020
鹿児島カトリック教区報2019年12月号
【1面トップ】中野司教「レオの生き方は信者の手本」今年の福者レオ七右衛門殉教祭で 【2面トップ】教区シノドスとこれからの鹿児島教区--シノドス準備委員会 紫原教会信徒・山下和実 【3面トップ】「王であるキリスト」と教会--紫原教会主任司祭・山口好信神父 【4面トップ】ウガンダの旅2018⑩水汲み作業を体験--谷山教会信徒・岩崎正幸
57:46
December 28, 2019
鹿児島カトリック教区報2019年11月号
【1面トップ】教会の現状と問題点を分かち合う---鹿児島教区シノドス終わる 【2面】弔辞---神のみもとに旅立たれた竹山神父様へ 永山幸弘神父、郡山康子修道女、柳正子さん 【3面トップ】「対等」が生かされる教会になるために---紫原教会・山口好信神父 【4面トップ】奄美宣教再開記念ミサと関連行事に参加して---嘉渡教会・恵輝久さん
1:01:15
December 27, 2019