Skip to main content
音楽のミカタ(music talks)

音楽のミカタ(music talks)

By Ongakuno Mikata
DJ/インタビュアー藤田琢己とピアノ3ピースバンド
Ryu MatsuyamaのピアノボーカルRyuが
面白く、そして深く音楽を語ります。
ラジオとテレビで20年のキャリアを持ち、
ライブハウスから海外フェスまで音の鳴る現場に
年間100本以上通い詰める藤田のリアルな目線から
様々なトピックを語ります。
不定期でアーティストや音楽関係者も登場予定。
Listen on
Where to listen
Apple Podcasts Logo

Apple Podcasts

Breaker Logo

Breaker

Google Podcasts Logo

Google Podcasts

Pocket Casts Logo

Pocket Casts

RadioPublic Logo

RadioPublic

Spotify Logo

Spotify

Currently playing episode

mabanuaさんのプロデュース術、その極意とは?(後編)

音楽のミカタ(music talks)

1x
odolに迫るpart3(音楽性の振れ幅と唯一無二の声のボーカルになるまで)
名作アルバムをリリースしたばかりのodolへの深い話で盛り上がる最終回 振れ幅の広い音のアレンジが楽しめるアルバム収録曲「かたちのないもの」 の裏側、そしてボーカルミゾベリョウの「声」の試行錯誤についてのここだけの話。 コロナ禍で藤田琢己の発声滑舌レッスンをチェックしていた? ボーカリスト2人の声についての紆余曲折、知られざるストーリーが聴けます!
19:50
June 14, 2021
odolに迫るpart2(作曲や作詞についての深い話)
話題のバンドodolにせまる第二話。 作詞を担うミゾベ、作曲を担う森山の odolの曲を作るときに大切にしていることとは? 歌詞と音楽、編曲を深掘りする音楽好き、 バンド好き、音楽制作を志す人必聴です!! バンドが音世界を進化させるためにどんなことを 心掛けているのか、バンドの芯に迫る話です。
23:42
June 13, 2021
odolに深く迫るpart1(アルバムと歌詞の世界 )
藤田琢己、そしてRyu Matsuyama、 二人とも大好きなバンド、odolの ミゾベリョウ、森山公稀に迫りました。 2年8ヶ月を経たアルバムリリースについて、 たくさんの企業タイアップを経験して、 自分たちの自由な創作とのバランスなど、 深い話を展開していきます。 歌詞の世界における光と影の描き方、 Ryu Matsuyamaとodolの本質に迫ります。
29:18
June 12, 2021
SWALLOWの新曲「青く短い春」を紐解く!(後半27分)
大注目アーティスト、SWALLOW に迫る第二弾! リリースになったばかりの新曲「青く短い春」を紐解きます。 新しい一面を見せてくれる音楽性、 多感な受験期に思った事を綴った歌詞、 サウンドのアレンジなどこだわりを紐解きます。 さらにメンバーの音楽性、今まで影響を受けたアーティストなどを語ります。 そしてアーティストの悩み、アウトプット、インプットについて先輩アーティストのRyu Matsuyamaからのメッセージとは?
27:38
May 31, 2021
注目のSWALLOW全員にインタビューしてみた!(前半31分)
藤田おすすめの三人組、SWALLOW に迫ってみました。 工藤 帆乃佳(Gt.Vo)安部 遥音(Gt)種市 悠人(Key)からなる3ピースバンド。 なかば強制的に?結成1年でグランプリ?受験がターニングポイント? ボーカル工藤さんは19歳、という話に衝撃を受ける藤田&Ryu、、、 バンド結成の経緯やデビューに至るというストーリーと、進学や方向性などで悩みつつ、次へのステップを考えて答えを出したバンド名の変更、学業との両立など19、20歳にして活動するバンドのリアルな話が満載です!
31:50
May 31, 2021
Ryu Matsuyamaの新曲をメンバ全員が語る!「Under the Sea feat.Max Jenmana」について
Ryu Matsuyamaの配信リリースになった新曲に迫る緊急インタビュー! ギタリスト、アレンジャーに関口シンゴを起用し、 去年リリースの傑作アルバムから更なる境地にたどり着いたバンド、 タイのスター、Max Jenmanaをフィーチャーした経緯や新たな発見を 大いに語ってもらいました!(全33分)
33:39
May 10, 2021
ベルマインツが語るバンドの可能性と個人の思いを共有する喜び
注目のバンド、ベルマインツに迫る後編 バンドの可能性、そして傑作アルバム「MOUNTAIN」の 曲たちを紐解きながら、コロナ禍に紡いだ「祈り」が 共有されうる音楽表現に依る可能性を掘り下げています。 これを聞くと、アルバムMOUNTAINがより好きになること間違いなし! 大注目アーティストのここだけトーク完結編!
18:43
April 29, 2021
注目バンドに迫る!ナイアガラ、ボノボ、cero、キリンジ、ベルマインツの中心と変化を見せ続ける意気込み(前半23分)
藤田が大注目しているバンド「ベルマインツ」に迫りました。 前半はバンドの成り立ち、音楽的な構成要素などを掘り下げています。 ナイアガラ以降の日本に根付いている「シティポップ」の新たな風のように 感じる彼らのサウンド、実はそこだけに止まらない色鮮やかなアルバムの曲、 バラエティ豊富なセンスを持つ彼らの音楽的なスタンスとは? 具体的な曲作り、作詞の方法まで迫りました!!
23:07
April 29, 2021
作詞は変態?作詞のこだわりをカミングアウト(後半19分)
新作を紐解くDEEPトークパート2は作詞のこだわりに迫っています。 2人の作詞家を擁するShe Her Her Hers 作詞のこだわりの究極の部分を打ち明けてくれました。
19:19
February 10, 2021
She Her Her Hersの素晴らしい作品とデジタルと人力のリズム感の話(前半28分)
これを聴くと音楽を深いところまで解釈できるヒントになるかも?! 素晴らしい新作を配信リリースしたShe Her Her Hersに インタビューを敢行。 前作との繋がりから今のデジタルな時代にどんな工夫をしたら良いか、 同期、クリック、プラグイン、クオンタイズ、沼・・・さまざまな音楽の制作の 裏側には、飽くなき音とリズムへの探求があった!
28:48
February 10, 2021
Ryu Matsuyamaバンド全員集合!バンドの本音を語った!
Ryu Matsuyamaバンドメンバー全員集合で大いに語らいました。 去年の活動を経てどんなことを思っているのか、 今年はどんなことを思い描いているのか、 バンドメンバーそれぞれが語ってくれました。 この1年、音楽活動をやる人間に大切なのは どんなメンタリティなのか、赤裸々に語っています。
33:43
January 13, 2021
サブスクの使い方、AIの「育て方」を伝授!(後編22分)
"ロックスター”フルカワユタカに迫る後編。 ミュージシャンならではのサブスクの使い方を伝授。 「AIは育つ」とはどういうこと?音楽リスナーとしての 至極の領域、それは「プレイリストに頼らず自分で育てる」 なんとなくたくさん楽曲があるけど広がりがないという人、 受け身の音楽の聞き方から「せめて育てる」マイプレイリストの作り方が あるんです。 これであなたも「音楽メイニア!」
22:13
December 27, 2020
"ロックスター"フルカワユタカが業界の裏側を語る!(前編26分)
元Doping Pandaのギターボーカル、フルカワユタカとガチトーク! コロナ禍にクリエイティブを精力的に届けるミュージシャンとして、 配信「ファニコン」アプリの使い方、創作スタンス、 サブスクのマニアックな使い方など、 音楽好きだけでなく、同業者、業界関係者も参考になる 深い話がどんどん出てきます。 テレビオーディション番組「MUSIC GOLD RUSH」の 切れ味鋭い審査員としても評判のフルカワさん。 番組で優勝した「尾崎リノ」、悔し涙をのんだ「Kroi」について、 ここだけで明かされる審査員としての矜持!
26:49
December 27, 2020
The Cheseraseraの進化とライブバンドの矜持とTENDREヘの思いを吐露!
類稀なソングライティングが印象的に響く 3ピースバンド The Cheseraseraのボーカルギター宍戸翼と 下北沢のカフェにて対談が実現  コロナ禍でのライブバンドとしての発見、 新作の音楽的進化、今後の展望など 大いに語り合いました。  生配信ライブ、有観客ライブ、見逃しがちなポイントに 気づかせてくれる 示唆に富んだ話に引き込まれます。
31:47
December 22, 2020
黒木渚さんに迫った!新曲や今の状況などココだけ深イイ話!
シンガーソングライターにして小説家、 黒木渚さんに、新曲をはじめとして 今の状況や、今後の「爆走(本人談)予定」 について迫りました。 コロナ禍にあって、どのような変化と創作意欲が 生まれてきたのか、最近の音楽をはじめとした 創作について考えていること、実践している ことなどをじっくりと語っていただきました。
30:15
December 9, 2020
ハイスタ、平井堅、安全地帯!ルーツに迫る(後編25分)
シンガーソングライター近藤晃央に迫る後編。 ハイ・スタンダードからの影響や平井堅の世界観、 安全地帯からの影響が今の彼にどう影響しているのか、 音楽ルーツに迫ります。
24:58
November 29, 2020
近藤晃央にライブ配信の裏側を聞く!(前半21分)
【備考:この収録10月中旬に行われました。コロナウイルスに感する集客活動についての考察はあくまで録音当時の状況を踏まえた個人的見解です】 シンガーソングライター近藤晃央インタビュー!コロナ禍での音楽活動について赤裸々に語ります。 フリーランスとしての責任や決意、キャパシティを減らしての有観客ライブと 「音」にこだわった配信ライブのあり方を伝授してくれます。 熱いトークが繰り広げられた前編をお届け!
20:56
November 29, 2020
芸人から海外のクリエイターまでを虜にするバンド、バロンドールに迫る後編(21分)
熱量の高いクリエイティブなバンドBALLOND’ORのボーカルMJMとギターNIKEを迎えての後編。独自の美学とサウンドに海外のクリエイターなども惹かれ、コラボレーションや取材のオファーが続きます。本人たちの思う海外や国内の環境、表現の本質と外と繋がる理想とは?
21:18
November 22, 2020
バイきんぐ小峠さん、スピードワゴン小沢さんから愛されるBALLOND’ORに迫ってみた!(前編24分)
お笑い芸人やクリエイターから熱い視線を受けるバンド、BALLOND’OR(バロンドール)にインタビューを敢行。2020年4月にアルバムをリリースした後の話を中心に、彼らの作品や活動の原点を紐解きながらその人気の理由を紐解きます。
24:02
November 22, 2020
sumikaや向井太一、iriのサポートやフジロックでも活躍のGeorgeと大放談(前編30分)
4人組の人力ダンスミュージックバンドMop of Headの首謀者にして 様々なアーティストのサポートで引っ張りだこのGeorge氏と 今のコロナ禍におけるアーティストのありようを独自の視点で語り合います。 デビュー作をリリースした直後にフジロックフェスティバルに抜擢された バンドの様子やサブスク時代の楽曲の構成の変化など、鋭い視点で語っています。 0ーご挨拶 3分ー藤田との出会い 7分ーコロナ禍での活動&サブスク時代の曲の作り方 18分ーMop of Headの曲の作り方 23分ーいきなりのフジロック 抜擢 25分ーDigitalismがMop of Headを絶賛!海外のアーティストの音楽の聴き方 28分ー超フラットな音楽の聴き方とは
30:40
November 8, 2020
SUPER BEAVERボーカルのソロから小西真奈美のライブサポートでも活躍George氏に迫る第2段(中編26分)
ライブサポートから音を操作するマニュピレーターとしても様々なアーティストをサポート、 相談を受けているGeorge氏。iri、向井太一、chef cooks me、BACK DROP BOMB、sumika、 SUPER BEAVERのボーカル渋谷龍太ソロプロジェクトへの楽曲提供、 いやーモニターの中でいったいサポートミュージシャンは何を聴いているのか? 超絶企業秘密を惜しげもなく暴露します。 さらにユニークな音楽環境と進路を背景に持つ彼の生い立ちを語ります。 0分ーたくさんのアーティストサポートについて 3分ー今話題のアーティストのサポートが決定しているとか・・・ なぜ音楽業界はこぞってGeorge氏にオファーを出すのか? 6分ー月に100曲演奏しなければいけない時の企業秘密を暴露! 9分ーステージとサポートミュージックが何を考えているのか、意外な注意点を明かす! 12分ー変わった家庭での音楽影響が今を作った?注目の音楽環境! 15分ー音楽と進路、運動から将来を見据えて音楽系大学へ、まさかのジャズ科?! 18分ーUnderworld、同期、バンド演奏の不思議を解明?! 22分ー無茶なことは言った方がいい?テクノロジーとアイデアについて
26:05
November 8, 2020
米津玄師は◯◯?!サポートでも引っ張りだこのGeorge氏が日本と世界の音楽を語る(後編21分)
幼い頃から洋楽、ダンスミュージックを聴き、 大学でJAZZを学ぶも人力ダンスミュージックバンドをやるMop of HeadのGeorge氏。 常に洋楽、邦楽を完全フラットに聴き続ける彼が今面白いと思う音楽トレンドは? 洋楽にローカライズさせるのではなく、日本ぽさを自然と出す方が個性的でリスペクトされる? ここ1年ほどで新たなフェーズを迎えたジャパニーズカルチャーの可能性に言及しています。 0ー日本の音楽と世界の評価、どんなふうに考えてる? 11分ーイチナナの配信、実は10年前にやってた?意外な発見とこれからの配信のあり方 15分ーYoutubeの次は?tik tokにアジャストするには音楽はどうしたら良い? 17分ー日本のヒップホップがかっこいい、流行ると起きるある効果とは? そしてやはり米津玄師は天才?!
21:08
November 8, 2020
King Gnuがもたらした「ミクスチャー」変化。ブレーク必至バンドの新曲を大解剖!(後半22分)
ブレーク必至のバンドKroiのVo.内田怜央、Key.千葉大樹に迫る後半、 バンドのあり方を巡って大激論を交わす! King Gnuが風穴を開けた新しい世代の「ミクスチャー」 バンドのあり方はあえて計算してラフさを取り入れる? メンバーとの関係性で大激論! 新曲「HORN」をメンバーが解説しつつ、意外な制作スタイルに驚く藤田とRyu! 大注目バンドを掘り下げる完結編。
22:22
October 30, 2020
レッチリとDOES、ヤマハのピアノレッスンがブギウギに?大注目のバンドKroiに迫る!(前半21分)
個性的な才能が集まった大注目バンドKroiからVo.内田玲央、Key.千葉大樹が登場。 バンドの結成秘話、まさかのVo.おいてけぼり? レッチリとDOESが同時進行という音楽的バックグラウンド。 右目を開けて先生の話を聞き、左目を閉じて寝る? クラシックの先生にまさかのJazzを教えてもらう? 全国のお母さん、落ち着きない子はドラムをさせよ! バンドKroi(クロイ)から目が離せなくなること必至。 ブレーク間近のバンドにいち早く迫った必聴インタビューです。 今のうちに聞いておかないといけない内容になっています。 Kroiオフィシャルサイト
21:34
October 30, 2020
Kanye Westのコーラス?afoc佐々木亮介が語る最新モードのアルバム(後編22分)
ニューアルバムを発売した直後のa flood of circleがアルバムを語ります。 バンドマンは基本ヒマ? HIP HOPのトラップに出てくる三連符をロックンロールバンドが? Kanye Westのコーラスを取り入れる? 制限があるからこそ色々試せること、ソロとバンドはどう違う? 9ヶ月ぶりの有観客ライブについて佐々木が放った言葉とは? 大注目の激トーク後半戦!!
22:34
October 22, 2020
afoc佐々木亮介とRyuがボーカルを語り、ユニゾン斎藤宏介との共通点を明かす(前編31分)
a flood of circle の佐々木亮介が初対面のはずのRyu Matsuyamaと爆笑トーク?!  波形でボーカルを語るRyuと美声時代を振り返る佐々木。  実は意外な共通点があるという二人が爆笑を巻き起こす。  脱線しすぎの前編にはUNISON SQUARE GARDENの斎藤宏介の名前も。  斎藤と佐々木は◯◯の歌が歌えるらしい? 抱腹絶倒の激レア鼎談は必聴です!!  「オメー、どこ中だよ!」  「◯◯中だよ!」  Ryuのイタリアのバックグラウンドに興味津々の佐々木、  ぐいぐい質問した挙句に差し込まれた「指示」とは?
31:51
October 22, 2020
サーフ&ミュージック&ラジオ&ナレーター、競技サーフィンや音楽を語る!
ラジオDJでサーファー、ナレーターのNICO氏にインタビュー!実況を務めている競技サーフィンの世界とサーフミュージックについて、自身のルーツとラジオの世界へのきっかけなどをたっぷり語ります!
39:20
October 10, 2020
Mr. Childrenやレミオロメンを育てた小林武史さんから言われたこと、初期のLEGO BIG MORLの苦労から今のメンバーへの思いや絆について(後編29分)
LEGO BIG MORLの知られざる過去やメンバー脱退、コロナ禍で芽生えた絆など、「バンド」とは自身にとってはどのようなものなのか、その実態に迫ります。上京してからのメンバーとのやりとり、そしてMr. Childrenやレミオロメンをそだてたプロデューサー小林武史氏率いるOORON-SHA(ウーロン舎)との長きにわたる関係、小林氏がLEGO BIG MORLに語っていたことを振り返ります。さらにコロナ禍にあって苦境に喘ぐバンドたちとは一線を画す彼らの今の活動モチベーションはどこからくるのか? そしてソングライターとしてRyu MatsuyamaのRyuが考えさせられたこととは? 音楽好き必聴!なぜ我々が「バンド」が好きなのか、ここで明らかになります! 後編 0分:上京から暗黒期を経たバンド 5分;Mr.Childrenやレミオロメンを育てたプロデューサーの小林武史さんがLEGO BIG MORLに伝えていたこと 10分:バンドと自立、メンバーのキャラクターと役割について 15分:コロナ禍にあってLEGO BIG MORLが勢いを失わなかった理由 20分:この情勢でバンドの綻びはあるのか?バンドの絆について 23分:藤田が「バンド」に謝罪。バンドがなぜ夢があるのか「バンド」の本質に触れる 25分:Ryu Matsuyamaが学んだ「歌詞」とは
29:46
September 30, 2020
supercellからZEDDまで!LEGO BIG MORLリーダーが語るの新作「気配」変化と進化と時代を射抜く激白トーク(前半31分)
LEGO BIG MORLのベースYamamoto Shintaroが登場。リリースになったばかりの作品「気配」について語り、 メンバーの脱退やバンドが紡ぎ出すサウンドアレンジメントが変化してきた理由を語ります。 バンドが求める音、その根源とアウトプットはどのような思考プロセスとつながりによってもたらされるのか バンドに馴染みがなかった人でも聴いてみたくなるその新作について掘り下げます。 前編 0: ゲストの紹介、バンドとの関係性やバンドのキャラクターについて 10分:supercellのryoさんとのやりとりから感じたインスピレーションがバンドからDJ音楽の文化へのきっかけ、Zeddの「STAY」からの気づき 15分:打ち込みとバンドでのライブの実現性についてRyu MatsuyamaとLEGO BIG MORLの共通の悩み 17分:歌詞の深堀りトーク、メンバーの脱退がバンドにもたらしたこと 20分:音アレンジのトレンドやアルバムへの参加アレンジャーの話
31:47
September 30, 2020
J-POP(あいみょんとOfficial髭男dismのヒットから世界まで)や90年代とグッドミュージックの可能性(後編30分)
誰もが感じるグッドミュージックが世界に通用する? 多様な音楽が点在して盛り上がっている今の世界の音楽にあって、日本の音楽が世界的に楽しまれる様になるにはどうしたら良いか?ZARDや90年代のJ-POPコミュニティの広がりの可能性を熱く掘り下げます。 0分:今って90’sリバイバルなの? 4分:懐メロ、どうやって出会ってるか、その魅力 10分:90’sのJ-POPの可能性とは 13分:C-C-Bの魅力とは 20分:「海外向け」の答えの一つJ-POP
30:40
September 24, 2020
ZARDリスペクトな90年代楽曲プロジェクトとは?(前編26分)
プロデューサーARAKI氏が出会った懐メロを歌ってみた動画を上げていた柴山サリーという才能。そこから生まれた90年代ビーイングサウンドを目指したクラウドファンディングプロジェクトとは?織田哲郎さんにご挨拶したときの驚きの事実とは? 熱量高いトークにのめり込みます! 0分:二人の出会い、ZARDに出会うきっかけ 5分:「この声だったらできる!」 クラウドファンディングが変える音楽制作の「順番」 10分:「好き」が導くもの 16分:プロジェクトが「ニセモノ」である理由 20分:織田哲郎さんに会った! 25分:生配信ライブが10月23日に!
26:03
September 24, 2020
【後編】クレイユーキーズってどうなのよ?キマグレンはどうなのよ?クレイ勇輝に迫る(33分)
【クレイ勇輝とざっくばらんな音楽対談・後編】キマグレンがメジャーデビューする前から親交のある藤田たくみと音楽について砲弾な放談を展開。今活動しているバンド=クレイユーキーズのメンバーとの関係性とは?やっぱり瑛人とドレイクなの?(あくまで個人的な見解であり客観的なデータに基づいているわけではないのことをご了承下さい)
32:60
September 12, 2020
【前編】元キマグレン/クレイユーキーズのクレイ勇輝に迫る!勝手気ままに音楽シーンの旬を分析する!(25分)
【クレイユーキーズのクレイ勇輝とざっくばらんな音楽対談・前編】キマグレンがメジャーデビューする前から親交のある藤田たくみと音楽について砲弾な放談を展開。(あくまで個人的な見解であり客観的なデータに基づいているわけではないのことをご了承下さい)
24:03
September 12, 2020
配信ライブはぶっちゃけどうなってるのかガチトーク!
配信ライブが盛り上がりを見せています。                 実際のところ、どんな事が起きていて、    アーティスト本人はどう思っているのか  様々なスタンスや考え方をRyuとたくみが激論?!を交わします。               冒頭から喉の不調についてぶっちゃけトークを繰り広げる2人、プロ目線の声の捉え方に注目です!
45:55
August 28, 2020
元DATS、伊原卓哉に迫った!ATEMELのスタートと現状、今後の展望まで語り合う!
元DATSの伊原卓哉がスタートさせたATEMEL、 今の活動や今後の展望などに迫りました。 ソロプロジェクトとは何なのか、アーティストにとってのセルフプロデュースとは具体的にどんなものなのか、今回も音楽好き必聴の内容です!                       ↓目安時間とトーク内容になります。 5分: ATEMELはなぜこの形のプロジェクト       になったのか、バンドの必然性とは 9分: ソロプロジェクト」の可能性 18分: ソロプロジェクトはいつから構想したか、ソロの難しさ 28分: 楽曲のストックや歌詞について 37分:ボーカリストとしての苦悩、声ってなんだ? 44分: 新しいライブボーカルスタイルの潮流とは? 46分: ライブの見せ方を考えてみよう 58分:1人でやる大変さは?今後は世界へ?!
59:53
July 5, 2020
FM802のDJ落合健太郎さんとガチンコで語り合ってみた!
2000年に藤田がラジオDJデビューした年の同期DJ、そして現在は大阪のFM802の人気DJとして活躍中の落合健太郎さんとロングトークを繰り広げました。原点となる思い出話からお互いのDJ論やスタイルなど、深い話も展開します。「ラジオって何だろう」という問いにも答えの光がさす瞬間が、、ラジオが好きな人にはかなり貴重な話が飛び出します!!ちなみに写真は20年前に撮ったものです(笑)
01:01:31
June 25, 2020
カメラマン三吉ツカサさんにお仕事の極意を聞く(後編)
ブラフマンから嵐、ケツメイシまで様々な現場で唯一無二の写真を撮る三吉ツカサさんにカメラマンとしての原点などを教えてもらいました。嵐の国立競技場を担当した人数がまさかの◯人!高校生でプロ?留学先のメキシコでビビリながら向かった先で言われたのは、、、必聴の後編です!
26:21
June 12, 2020
カメラマン三吉ツカサさんのお仕事とは?(前編)
ブラフマンから嵐、J-WAVE LIVEまで、ライブカメラマンとして長年のキャリアを持つ三吉ツカサさんに藤田たくみがインタビューしました。コロナ禍でのカメラマンの現状、先日発売された写真集を紐解き、カメラマンが写真集を出す理由や視点を伺ってます。さらにJ-WAVEライブなど複数のアーティストが出演するイベントにおけるライブ写真を撮るポイントも明かしてくれます!(前編)
19:40
June 12, 2020
mabanuaさんのプロデュース術、その極意とは?(後編)
人気プロデューサーmabanuaさんのプロデュース術、そしてバンドOvallのメンバーとして活動する上での「バンドと人」にフォーカスして語っていただくなど、彼のプロデュースワークに必要なエッセンス、ミュージシャンとしての矜持など、より深く本質的な話が飛び出します。アジカンの後藤正文さんのソロプロジェクトにおけるスタンス、仕事における必要なコミュニケーションなど、音楽好き必聴な内容です!
19:12
June 5, 2020
mabanuaさんが語るプロデュースとRyu Matsuyamaの作品(前編)
Ryu Matsuyama最新作「Borderland」のプロデューサーmabanuaさんにロングインタビューを敢行。彼がバンドにもたらしたものはどんなものだったのか、プロデュース視点で語るRyu Matsuyamaの作品、プロデュースのポイントを語ります。より深く音楽制作について聞くことが出来ます!
21:33
June 5, 2020
androp内澤崇仁さんに深く迫る!(前編)
5月30日に弾き語り配信ライブをするandropのVo. Gt. 内澤崇仁さんにインタビューをしました。23時という特別な時間設定や地元のライブハウスに還元する思い、そして10年来の付き合いである番組MC藤田との思い出話など、深くいろいろ語ってもらいました。今の時代だからこそ音楽の本質、アーティストとしての本質を射抜くトークです!5月30日23時に行われる弾き語りライブについてはこちらをチェック→https://www.androp.jp/news/detail/3665/
25:34
May 28, 2020
androp内澤崇仁、熱く語る!(後編)
andropのVo.Gt.内澤崇仁さんに深く迫るインタビュー後編です。バンドメンバーとの熱いやりとり; andropメンバーに語った「一緒に○○○○!」という決意。音楽家としての成長、楽曲提供から映画の音楽プロデュースなど様々な方面での活動、そこで不可欠なポイントとは?音楽好き、バンドマン必聴のDEEPトークです!
29:31
May 28, 2020
GOOD BYE APRLの倉品翔さんにインタビュー後編
Ryuと長い付き合いのある倉品さん、懐かしい話で盛り上がりつつ、配信がアーティストにもたらすもの、今後のアーティストのあり方など、本質的な話が飛び出します。
26:08
May 25, 2020
GOOD BYE APRIL倉品翔さんにインタビュー前編
Ryuと長年の付き合いの倉品翔さんを招いてざっくばらんにはなしを、、と思いきや、音楽家として深い話になっていきます。10周年、6ヶ月連続配信リリースについての話からアーティストの原点に迫るインタビューです!
26:33
May 25, 2020
Ryu Matsuyamaのアルバムと今について聞いてみた!(前編)
Ryu Matsuyamaの待望のニューアルバム「Borderland」リリース後のタイミングでここぞとばかりに深く切り込んでみました。mabanuaプロデュースの新作はなぜ生まれたか、そして何を委ねて、何を守ったのか。アルバムを紐解くことで見えてくる今のバンドのビジョン。ドラマチックに、そしてここだけで語る秘話など必聴です。
24:00
May 14, 2020
Ryu Matsuyamaのアルバムと今について聞いてみた!(後編)
Ryu Matsuyamaの待望のニューアルバム「Borderland」リリース後のタイミングでここぞとばかりに深く切り込んでみました。盛り上がったトークは後半戦へ!ポッドキャストならではの可能性、そしてコロナ禍で鍛えられる感性とはなにか?ここだけで語る音楽誕生の秘話など、必聴の後半戦!!
42:15
May 14, 2020
女子バンドRagTagのメンバーの音楽背景が色々すぎてすごい。
様々な音楽経験のあるメンバーで構成されているRagTag、小学生の時から営業?神童が水風呂浴びてピアノ猛特訓?メンバーそれぞれの英才教育っぷりと意外な過去が明らかに!音楽レッスンを受けたことがある人は必見です!挫折とプレッシャーを跳ねのけ、音楽に自由な翼を!!
29:08
March 25, 2020
才能あふれる女性バンドRagTag に迫る!(前編)
ジャズからファンクからごちゃ混ぜな女子バンド「RagTag」のメンバーに迫る前編。メンバーの意外な過去を暴き、新幹線でビールを飲んでいる実態が暴かれます!脱サラってなんだ?音楽業界の実態とは?
16:15
March 25, 2020
DJやライターとして活躍中のTAISHI IWAMI氏を招いて「DJ」を掘り下げる!
とかく勘違いされがちな存在、それがDJ!長年のキャリアと文化の発祥としての歴史や可能性など、DJという存在が音楽シーンでどのような役割を果たしているのか、今まで抱いていた偏見や先入観を打ち砕く熱い激論!「そう言うことだったのか!」という気づきをもらえる主にロックやバンドに近い現場からの重要な証言だと思います。DJイベント「SUPERFUZZ」をオーガナイズし音楽ライターとしても活動しているTAISHI IWAMI氏を迎えて語り合います。ジャンルの違い、プロデュースやトラックメイキングの有無を含めてとにかく様々な活動形態やプレイスタイルがあるのだとわかっていただけると思います。
37:43
March 15, 2020
ライブアルバムってなに?
THE KEBABSのライブアルバムに声で参加した藤田琢己がライブアルバムの醍醐味をRyuと大いに語ります。実はライブを作品にするのは奥が深かった!趣の違うライブ作品、ジャンルによっての違いなど、これから聴き方が変わるはずです。
31:17
March 5, 2020
Ghost like girlfriendが大いに語る(後編)
少し謎めいているアーティストの、意外なルーツとは?洗練されたサウンドの原点は実は堂本剛?生粋のJ-POP育ちだった彼のルーツを紐解きます。
23:42
February 25, 2020
Ghost like girlfriendが大いに語る(前編)
少し謎めいていて洗練された音楽を奏でるGhost like girlfriendにインタビューしました。意外な過去やアーティストとの繋がりトークが炸裂します!SUPER BEAVERやandrop、ねごとの蒼山さんとLILI LIMITの牧野くんとのご飯会のエピソードも飛び出します。
16:42
February 25, 2020
グッドモーニングアメリカ金廣真悟を迎えての後半は意外な展開へ
意外な食のこだわり?突き抜けた趣味で初対面のRyu Matsuyamaと意気投合した金廣さん、、この二人はどこへ向かってゆくのか?!そして新バンドのライブについても情報があります。
16:25
February 16, 2020
グドモ金廣さんが語り尽くす!
グッドモーニングアメリカ休止後、新バンドが動き出した金廣真悟が全てを語り尽くす!新バンドAsuralbert Ⅱ(アシュラルバートニセイ)の話からバンドの生き様まで語り尽くします!
26:09
February 16, 2020
スーパーボウルのハーフタイムショーってなぁに?
今年のアメリカンフットボールの祭典、第54回スーパーボウルでのハーフタイムショー、シャキーラとジェニファー・ロペスのパフォーマンス、歴史的な背景を紹介します!アメリカ最大のイベントと言われるのはなぜ?最近の傾向は?
24:51
February 6, 2020
グラミー賞のミカタ
アーティストRyu MatsuyamaとラジオDJ藤田琢己がそれぞれの視点でグラミー賞を語ります。日本のアーティストがこれから世界に音楽を鳴らすなら、、そんなところにまで話が及びます。アーティストとしてどんな事を今、そしてこれから考えていくのか、イタリアに生まれ育ったRyuさんならではのリアルな言葉が飛び出します。
24:43
January 30, 2020
グラミー賞を受賞したアーティスト紹介
1/27にグラミー賞が発表になりました。少しだけですが印象的なアーティストたちを紹介します!
13:47
January 27, 2020
Ryu MatsuyamaのRyuさんを迎えての後半
本来あるべきの番組になって⁈Ryu Matsuyamaについて根掘り葉掘り聞いています。バンドがどのようにして生まれたか、意外なルーツが聴けます。音楽的なバックボーンも色々聴いています。名曲だらけのプレイリストは後日公開!
14:07
January 25, 2020
アーティストが登場!いきなり謝罪?
Ryu MatsuyamaのRyuさんが登場!しかしただのゲストでは無かった?! 藤田、いきなりの謝罪から始まる理由とは?そしていきなり生い立ちから深く切り込むRyu Matsuyamaの原点。イタリアに生まれ育つことはどんな感覚なんでしょうか?挫折続きの人生、という衝撃発言の真相は?POPSやROCKという音楽はイタリアという環境でどんなものなのか、アーティストのあるあるも沢山出てきます。明るく楽しく深く語るRyuトーク!  前半編になります。
24:43
January 25, 2020
第一回目は番組ホスト役、藤田琢己の音楽遍歴を紹介
チェッカーズからイカ天、アメリカで受けたヒップホップの洗礼、ビートルズのアルバムからマライア・キャリーからもらった大切な一言まで、藤田琢己の人生のプレイリストをひたすら語っております。
19:27
January 22, 2020
番組&自己紹介します!
音楽のミカタとは何なのか?まずは自己紹介から!
00:59
January 21, 2020