Skip to main content
哲学の劇場

哲学の劇場

By 山本貴光+吉川浩満
山本貴光(文筆家、ゲーム作家)と吉川浩満(文筆家)による人文系情報チャンネル。新刊レビュー、イベント情報、ゲストトークなど。

YouTubeチャンネル「哲学の劇場」と同一内容ですが、今後ポッドキャスト専用のコンテンツも追加予定です。
Listen on
Where to listen
Apple Podcasts Logo

Apple Podcasts

Google Podcasts Logo

Google Podcasts

Overcast Logo

Overcast

Pocket Casts Logo

Pocket Casts

RadioPublic Logo

RadioPublic

Spotify Logo

Spotify

人文的、あまりに人文的#108 活動報告/『マルジナリアでつかまえて2』刊行、連載「文芸的事象クロニクル」「文学のエコロジー」、『月刊経団連』寄稿、連載「絶版本」、『哲学の門前』刊行準備中ほか
★人文的、あまりに人文的#095 活動報告/「知識の沼」完結、「異界をつなぐエピグラフ」連載開始、『教育』&『滅私』書評、「私の読書日記」連載、シブヤ大学、朝カル非哲学講義、みんなのつぶやき文学賞ほか(2022/02/04) https://youtu.be/Ekgk2vAcMUM ★山本貴光『マルジナリアでつかまえて2 世界でひとつの本になる』本の雑誌社、2022 https://amzn.to/3lfOnFd ★山本貴光『マルジナリアでつかまえて 書かずば読めぬの巻』本の雑誌社、2020 https://amzn.to/3wixJLx ★ルクレティウス『物の本質について』樋口勝彦訳、岩波文庫、1961 https://amzn.to/3ll5oha ★山本貴光「文芸的事象クロニクル 2021.12-2022.02」『文藝』2022年夏季号、河出書房新社、2022 https://amzn.to/3ll56a4 ★山本貴光「文学のエコロジー 第4回 社会全体に網を掛ける方法」『群像』2022年6月号、講談社、2022 https://amzn.to/3Lm3ho2 ★山本貴光「異界をつなぐエピグラフ 第5回 人文界のスターたちをお迎えした強力な弁護陣、あるいは護符型エピグラフについて」創元社note部 https://note.com/sogensha/n/n84bcdf03e99d ★ロレンス・スターン『トリストラム・シャンディ』上中下、朱牟田夏雄訳、岩波文庫、1969 https://amzn.to/3wmbW5D ★吉川浩満「失敗から学ぶ」『月刊経団連』2022年4月号、日本経済団体連合会 https://www.keidanren.or.jp/journal/monthly/2022/04/ ★山本貴光、吉川浩満「「絶版」がモンダイなのだ|山本貴光さんと吉川浩満さんが選ぶ「絶版本」」かしわもち、2022/4/1 https://note.com/kashiwashobho/n/na7438815145d ★大澤真幸、川添愛、三宅陽一郎、山本貴光、吉川浩満「私たちはAIを信頼できるか」『文學界』2022年6月号、文藝春秋 https://amzn.to/39w7dVO ★吉川浩満「私の読書日記|科学法則、人生相談、菌とビーバー」『週刊文春』2022年4月21日号、文藝春秋 https://amzn.to/37R7h22 ★吉川浩満『哲学の門前』紀伊國屋書店、2022年8月刊行予定(非公式情報) https://clnmn.net/archives/tag/%e5%93%b2%e5%ad%a6%e3%81%ae%e9%96%80%e5%89%8d
13:18
May 20, 2022
人文的、あまりに人文的#107 人生相談「好きな本を否定されて悲しむ子に、なんてアドバイスする?」
★「人生相談」バックナンバー https://youtube.com/playlist?list=PLcD53PjImiF_vXicK-kSISNMLGKvIrBVW
30:17
May 13, 2022
人文的、あまりに人文的#106 注目の新刊/『重要なことについて』『学問論』『進化と人間行動 第2版』『知の生態学の冒険 J・J・ギブソンの継承1 ロボット』『日経サイエンス』『よくわかる現代科学技術史・STS』ほか
★デレク・パーフィット『重要なことについて』第1-2巻、森村進、奥野久美恵訳、勁草書房、2022 https://amzn.to/37UpSKU ★デイヴィッド・ヒューム https://amzn.to/3MK5omH ★児玉聡「オックスフォード哲学者奇行 - 哲学の修道僧、パーフィット」Webあかし https://webmedia.akashi.co.jp/posts/5227 ★デレク・パーフィット『理由と人格――非人格性の倫理へ』森村進訳、勁草書房、1998 https://amzn.to/3vE7aQB ★シェリング『学問論』西川富雄、藤田正勝監訳、岩波文庫、2022 https://amzn.to/3sat6Rb ★長谷川寿一、長谷川眞理子、大槻久『進化と人間行動 第2版』東京大学出版会、2022 https://amzn.to/3s5vY1S ★岡田美智男『知の生態学の冒険 J・J・ギブソンの継承1 ロボット――共生に向けたインタラクション』東京大学出版会、2022 https://amzn.to/3w1JaWp ★佐々木正人 https://amzn.to/3N4EQgj ★『日経サイエンス』2022年6月号、日経サイエンス社 https://amzn.to/3KxVWkU ★塚原東吾、綾部広則、藤垣裕子、柿原泰、多久和理実編『よくわかる現代科学技術史・STS』ミネルヴァ書房、2022 https://amzn.to/3kBNnLq ★哲学の劇場@PASSAGE(パサージュ) https://passage.allreviews.jp/store/ZHGDGFYNVSR3FR3HFJV5BQGH
21:52
May 06, 2022
人文的、あまりに人文的#105 哲劇のあいうえお 「検索」の回
★ケンドリック・ラマー https://amzn.to/3kbUCta ★サーファー https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2017/06/29a/ ★『日本国語大辞典』 https://amzn.to/3rRudVY ★『日本詩史』(1771) https://amzn.to/3Kgb4mD ★東浩紀『弱いつながり――検索ワードを探す旅』幻冬舎文庫、2016 https://amzn.to/3vhMfCG
27:03
April 29, 2022
人文的、あまりに人文的#104 リクエスト企画「本棚マネジメントについて聞きたい」
★倉下忠憲さんからのリクエスト https://twitter.com/rashita2/status/1514894632391700481 ★倉下忠憲『すべてはノートからはじまる――あなたの人生をひらく記録術』星海社新書、2021 https://amzn.to/3vDrEYm ★橋本麻里、〈森の図書館〉と呼ぶ住居で5万冊の本と暮らす https://brutus.jp/writer_home_hashimoto/ ★野口悠紀雄『「超」整理法――情報検索と発想の新システム』中公新書、1993 https://amzn.to/3rJOSLf ★倉下忠憲『Scrapbox情報整理術』シーアンドアール研究所、2018 https://amzn.to/38cSfU1 ★PASSAGE by ALL REVIEWS https://passage.allreviews.jp/ https://twitter.com/PASSAGEbyAR https://www.instagram.com/passagebyallreviews/ https://www.facebook.com/PASSAGEbyALLREVIEWS ※ #哲学の劇場 の棚は #デカルト通り3番地
35:04
April 22, 2022
人文的、あまりに人文的#103 注目の新刊/『娼婦の本棚』『ブックセラーの歴史』『世界史の考え方』『トランプゲームの源流』『人類の起源』『おしゃべりな脳の研究』ほか
★鈴木涼美『娼婦の本棚』中公新書ラクレ、2022 https://amzn.to/3uzOKA0 ★【ポッドキャスト】恋する女のロマンス食堂「鈴木涼美のBISTRO LOVIN'」 https://www.elle.com/jp/culture/lovesex/a28299357/suzumi-bistro-190710/ ★ミシェル・ウエルベック https://amzn.to/3jFenJb ★ジャン=イヴ・モリエ『ブックセラーの歴史――知識と発見を伝える出版・書店・流通の2000年』松永りえ訳、原書房、2022 https://amzn.to/3jA1xMw ★小川幸司、成田龍一編『シリーズ歴史総合を学ぶ1 世界史の考え方』岩波新書、2022 https://amzn.to/3JHiUpc ★読書猿さんのツイート https://twitter.com/kurubushi_rm/status/1512727101274656778?s=20&t=5wR-C7zsFf2J7g3lgIY8HQ ★黒宮公彦『トランプゲームの源流 第1巻 トリックテイキングゲーム発達史』ニューゲームズオーダー、2022 https://amzn.to/3EnHNp7 ★篠田謙一『人類の起源――古代DNAが語るホモ・サピエンスの「大いなる旅」』中公新書、2022 https://amzn.to/3vet77n ★チャールズ・ファニーハフ『おしゃべりな脳の研究――内言・聴声・対話的思考』柳沢圭子訳、みすず書房、2022 https://amzn.to/3uBtABt ★ヴィム・ヴェンダース監督『ベルリン・天使の詩』 https://amzn.to/3LYNXym ★筒井康隆『家族八景』新潮文庫 https://amzn.to/3JDIfAz
23:13
April 15, 2022
人文的、あまりに人文的#102 哲劇のあいうえお 「黒歴史」の回
★黒歴史 - デジタル大辞泉 https://kotobank.jp/word/%E9%BB%92%E6%AD%B4%E5%8F%B2-685905 ★エリック・クラプトン「ティアーズ・イン・ヘヴン」 https://youtu.be/JxPj3GAYYZ0 ★ZO-3 (Fernandes) https://www.fernandes.co.jp/products/zo/ ★キース・リチャーズ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BA
20:21
April 08, 2022
【番外篇】人文的、あまりに人文的 配信100回記念プレゼント当選者発表
【協賛】よはく舎/マルジナリア書店 https://yorunoyohaku.com/ ★プレゼント対象書目 人文的、あまりに人文的#100 配信100回記念ライブ&プレゼント企画、2022/3/25 https://youtu.be/S3_2Nr4kU_g 【著者サイン本】山本貴光、吉川浩満『人文的、あまりに人文的――古代ローマからマルチバースまでブックガイド20講+α』本の雑誌社 https://amzn.to/38w1dMz ボエル・ヴェスティン 『トーベ・ヤンソン――人生、芸術、言葉』畑中麻紀、森下圭子訳、フィルムアート社 https://amzn.to/38uDjky 大西巨人『神聖喜劇』1-5、光文社文庫 https://amzn.to/3LJAQkA 朴沙羅『ヘルシンキ 生活の練習』筑摩書房 https://amzn.to/3uY0CuE メイソン・カリー『天才たちの日課』『天才たちの日課 女性編』金原瑞人、石田文子訳、フィルムアート社 https://amzn.to/3uXxGCN パース、ジェイムズ、デューイ『プラグマティズム古典集成』植木豊監訳、作品社 https://amzn.to/3r5rMyn マーティン・ガードナー、 ルイス・キャロル『詳注アリス 完全決定版』高山宏訳、亜紀書房 https://amzn.to/3LFuliH ルスタム・カーツ『ソヴィエト・ファンタスチカの歴史』梅村博昭訳、共和国 https://amzn.to/35HRfGJ アダム・フェルナー、クリス・メインズ『世界を変えた150の哲学の本』夏井幸子訳、創元社 https://amzn.to/3r3HutS 遠野遥『教育』河出書房新社 https://amzn.to/3uV5X5Y 伊藤昌亮『 ネット右派の歴史社会学――アンダーグラウンド平成史1990-2000年代』青弓社 https://amzn.to/3r4IRsq
13:02
April 05, 2022
人文的、あまりに人文的#101 リクエスト企画「数学の学び方」
★ステドール『数学の歴史』三浦伸夫訳、丸善出版、2020 https://amzn.to/3iP8HMC ★三浦伸夫『文明のなかの数学――数学史記述法・古代・アラビア』現代数学社、2001 https://amzn.to/3tS9z9A ★遠山啓『文化としての数学』中公文庫、2021 https://amzn.to/3Dn9cH2 ★片野善一郎『数学用語と記号ものがたり』裳華房、第2刷、2010 https://amzn.to/3tRcUpp ★王健、久保光徳「社寺彫刻を構成する幾何学的特徴の抽出と再構成――千葉県安房地方の「伊八の波」と「義光の龍」の作風に関する研究」『デザイン学研究』67-4、2020 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssdj/67/4/67_4_1/_article/-char/ja/ ★横地清 『絵画・彫刻の発展史を数学で嗜もう』1-3、東海大学出版会、2006-7 https://amzn.to/36y1gqB ★郡山彬、峯崎俊哉、原正雄『3Dグラフィックスのための数学入門――クォータニオン・スプライン曲線の基礎』森北出版、2015 https://amzn.to/3tReuHR ★竹山美宏『数学書の読みかた』森北出版、2022 https://amzn.to/3IQfmAC
28:35
April 01, 2022
人文的、あまりに人文的#100 配信100回記念ライブ&プレゼント企画
2022年3月25日(金)20時〜21時(ライブ)   2020年にチャンネルを開設して約2年、ついに100回目の動画配信となりました。配信を続けてこられたのは、ひとえに視聴者の皆様からのご声援のおかげです。  このたび配信100回を記念してYouTubeライブにてオンラインイベントを開催いたします。また、ささやかながらプレゼント企画もご用意しました。   ★YouTubeチャンネル「哲学の劇場」動画配信100回記念プレゼント(協賛:マルジナリア書店)☟ https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeAt5TDEjNfuOG80n4ovcfXM7v8HUG11dQ58A3NVd0k5ujN3A/viewform  ふるってご参加ください。  配信の模様はライブ終了後も当チャンネルでいつでもご覧いただけます。当日ご都合のつかない方もご安心ください。   中継会場とプレゼント企画にご協力くださる東京・府中のマルジナリア書店さんに感謝いたします。   ★よはく舎/マルジナリア書店 https://yorunoyohaku.com/
56:59
March 30, 2022
人文的、あまりに人文的#099 注目の新刊/『ビーバー』『デカルトの生涯』『ウィトゲンシュタイン 『哲学探究』という戦い』『科学法則大全』『地に足をつけて生きろ!』『グラフィックデザイン・ブックガイド』ほか
★ベン・ゴールドファーブ『ビーバー――世界を救う可愛いすぎる生物』木高恵子訳、草思社、2022 https://amzn.to/3tNh8ge ★アドリアン・バイエ『デカルトの生涯 校訂完訳版』山田弘明ほか訳、工作舎、2022 https://amzn.to/3J5ywDt ★野矢茂樹『ウィトゲンシュタイン 『哲学探究』という戦い』講談社、2022 https://amzn.to/36630GI ★野矢茂樹『ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』を読む』哲学書房/ちくま学芸文庫 https://amzn.to/3waVyp5 ★ウィトゲンシュタイン『哲学探究』鬼界彰夫訳、講談社 https://amzn.to/3vUWqhm ★ブライアン・クレッグ(文)、アダム・ダント(イラスト)『科学法則大全』左巻健男監修、大西光代訳、化学同人、2022 https://amzn.to/3788uBk ★スヴェン・ブリンクマン『地に足をつけて生きろ!――加速文化の重圧に対抗する7つの方法』田村洋一訳、Evolving、2002 https://amzn.to/3I683EI ★山本貴光、吉川浩満『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。――古代ローマの大賢人の教え』筑摩書房、2020 https://amzn.to/365HNwS ★Evolving https://evolving.asia/ ★グラフィックデザイン・ブックガイド編集委員会編『グラフィックデザイン・ブックガイド――文字・イメージ・思考の探求のために』グラフィック社、2022 https://amzn.to/3I0G09A
20:43
March 11, 2022
人文的、あまりに人文的#098 哲劇のあいうえお 「教養」の回
★村上陽一郎『あらためて教養とは』新潮文庫、2009 https://amzn.to/3szAc2d ★山本貴光『「百学連環」を読む』三省堂、2016 https://amzn.to/3IEeTlG ★キケロ(紀元前106-43) https://amzn.to/3Hy8bfT
15:13
March 04, 2022
人文的、あまりに人文的#097 リクエスト企画「初学者におすすめの歴史本はありますか?」
★石田月美『ウツ婚!!――死にたい私が生き延びるための婚活』晶文社 https://amzn.to/3BvYJIn ★本の雑誌編集部編『10代のための読書地図』本の雑誌社 https://amzn.to/3GRRqvJ ★『詳説世界史B』『詳説日本史B』山川出版社 https://amzn.to/3BlFQrD https://amzn.to/3BlI1LO ★コトバンク(『ブリタニカ国際大百科事典』『日本大百科全書』) https://kotobank.jp/ ★角川まんが学習シリーズ『世界の歴史』『日本の歴史』KADOKAWA https://amzn.to/3rRZMPN ★【トークイベント】斎藤哲也、山本貴光、吉川浩満「「人文的、あまりに人文的」な、2021年人文書めった斬り!──五反田に集まれ! 帰ってきた人文忘年会!」ゲンロンカフェ、2021/12/28 https://genron-cafe.jp/event/20211228/ ★【トークイベント】「『情報の歴史21』を読む 第一弾 山本貴光篇」本楼、2022/2/23 https://es.isis.ne.jp/news/event/4782 ★松岡正剛監修、編集工学研究所&イシス編集学校構成『情報の歴史21──象形文字から仮想現実まで』編集工学研究所 https://amzn.to/3GRliZe
19:53
February 18, 2022
人文的、あまりに人文的#096 注目の新刊/『シーズン・オブ・ザ・ウィッチ』『イスラーム医学』『すばらしきアカデミック・ワールド』『空と宇宙の食事の歴史物語』『生活の豊かさをどう捉えるか』『みすず』読書アンケート特集ほか
★ピーター・ビーバガル『シーズン・オブ・ザ・ウィッチ――いかにしてオカルトはロックンロールを救ったのか』伊泉龍一訳、駒草出版、2022 https://amzn.to/3uDmj4B ★Ozzy Osbourne, "Mr. Crowley," 1981 https://youtu.be/G3LvhdFEOqs ★アレイスター・クロウリー『法の書』 島弘之、植松靖夫訳、国書刊行会、1984 https://amzn.to/3uHzDoH ★マンフレット・ウルマン『イスラーム医学』橋爪烈、中島愛里奈訳、青土社、2022 https://amzn.to/3GIFmg0 ★チャールズ・ホーマー・ハスキンズ『十二世紀のルネサンス――ヨーロッパの目覚め』別宮貞徳、朝倉文市訳、講談社学術文庫、2017 https://amzn.to/3uG1nKd ★越智啓太『すばらしきアカデミックワールド――オモシロ論文ではじめる心理学研究』北大路書房、2021 https://amzn.to/3sATxPc ★リチャード・フォス『空と宇宙の食事の歴史物語』浜本隆三、藤原崇訳、原書房、2022 https://amzn.to/3uHMfMw ★アマルティア・センほか『生活の豊かさをどう捉えるか――生活水準をめぐる経済学と哲学の対話』玉手慎太郎、児島博紀訳、晃洋書房、2021 https://amzn.to/3HMXs1W ★『みすず』第711号、2022年1・2月号、みすず書房、2022 https://www.msz.co.jp/book/magazine/202202/
22:19
February 11, 2022
人文的、あまりに人文的#095 活動報告/「知識の沼」完結、「異界をつなぐエピグラフ」連載開始、『教育』&『滅私』書評、「私の読書日記」連載、シブヤ大学イベント、朝カル(非)哲学の講義、みんなのつぶやき文学賞ほか
★今野真二、山本貴光「知識の沼――ことばで巨人の肩にのる」Web河出 https://web.kawade.co.jp/bungei/30782/ ★山本貴光「選書の世界の歩き方」『本の雑誌』2022年2月号、本の雑誌社 https://www.webdoku.jp/honshi/2022/2-211228115542.html ★山本貴光、藤本なほ子「異界をつなぐエピグラフ」創元社note https://note.com/sogensha/n/nddacc520c901 ★プリーモ・レーヴィ『溺れるものと救われるもの』竹山博英訳、朝日文庫、2019 https://amzn.to/3Gp0YxO ★アレクサンドル・ソルジェニーツィン『収容所群島 1918-1956文学的考察』木村浩訳、新潮文庫ほか https://amzn.to/3sfVdNY ★吉川浩満「三流で行こう」、『潮』2022年2月号、潮出版社 https://amzn.to/3GmfJBx ★安田登『三流のすすめ』ミシマ社、2021 https://amzn.to/3IWPmUH ★荒木博行、吉川浩満「『理不尽な進化』著者・吉川浩満氏と考える(前後編)「ビジネスパーソンのための「失敗学」」日経ビジネス、2022/1/13-14 https://clnmn.net/archives/4330 ★荒木博行『世界「失敗」製品図鑑――「攻めた失敗」20例でわかる成功への近道』日経BP、2021 https://amzn.to/3GnmHGK ★吉川浩満「闇のカーネマン!? 吉川浩満氏が語る、『NOISE』(ダニエル・カーネマン他)活用の可能性」Hayakawa Books & Magazines(β)、2022/1/13 ★酒井泰斗、吉川浩満「非哲学者による非哲学者のための(非)哲学の講義」朝日カルチャーセンター新宿教室、2022/1/19、2/16、3/16 https://clnmn.net/archives/4300 ★吉川浩満「書評|遠野遥『教育』河出書房新社」、『週刊現代』2022年1/29・2/5号、講談社 https://clnmn.net/archives/4363 ★吉川浩満「私の読書日記|冷戦、ネットと社会、生活の練習」、『週刊文春』2022年2月3日号、文藝春秋 https://clnmn.net/archives/4370 ★羽田圭介『滅私』新潮社、2021 https://amzn.to/3J0Ga1C ★特集「AIと文学の未来」『文學界』2022年2月号、文藝春秋 https://clnmn.net/archives/4316 ★「歩くようなはやさで生きる人のためのリベラルアーツ」シブヤ大学 https://clnmn.net/archives/4322 ★第2回「みんなのつぶやき文学賞」 https://tbaward.jp/ ★第1回「編集さんいらっしゃい!」猫町倶楽部、2022/2/1 https://clnmn.net/archives/4376 ★読書会「みんなのつぶやき文学賞コラボ企画 小林秀雄「様々なる意匠」」、猫町倶楽部、2022/2/12 https://nekomachi-club.com/events/8a450a6a6fc5
20:30
February 04, 2022
人文的、あまりに人文的#094 リクエスト企画「図版、画集、写真集は?」
★西野嘉章編『東京大学コレクション 写真家上田義彦のマニエリスム博物誌』東京大学総合研究博物館、2006 http://umdb.um.u-tokyo.ac.jp/DKankoub/Catalog/list/recordlist.php ★インターメディアテク http://www.intermediatheque.jp/ ★ジャン=クロード・コルベイユ、アリアン・アーシャンボウ『絵でひく英和大図鑑 ワーズ・ワード コンパクト版』長崎玄弥監修、同朋舎出版、1997 https://amzn.to/3rXAEFZ ★S. K. Heninger, Jr., The Cosmographical Glass: Renaissance Diagrams of the Universe, Huntington Library, 1977 https://amzn.to/3KU7r7M ★ファン・ゴッホ美術館編『ファン・ゴッホの手紙I・II』圀府寺司訳、新潮社、2020 https://amzn.to/3G2fLhW ★本の雑誌編集部編『絶景本棚2』本の雑誌社、2020 https://amzn.to/3rXkT1P ★『本の雑誌』2022年3月号、本の雑誌社 https://www.webdoku.jp/honshi/
20:40
January 28, 2022
人文的、あまりに人文的#093 注目の新刊/『精神と自然』『ソヴィエト宮殿』『世界を一枚の紙の上に』『恥のきずな』『理科年表2002』『連帯のための実験社会科学』
★グレゴリー・ベイトソン『精神と自然──生きた世界の認識論』佐藤良明訳、岩波文庫、2022 https://amzn.to/3KkQYZQ ★鈴木佑也『ソヴィエト宮殿──建設計画の誕生から頓挫まで』水声社、2021 https://amzn.to/3nA6bMH ★大田暁雄『世界を一枚の紙の上に──歴史を変えたダイアグラムと主題地図の誕生』オーム社、2021 https://amzn.to/3qFU1Ux ★カルロ・ギンズブルグ『恥のきずな──新しい文献学のために』上村忠男編訳、みすず書房、2022 https://amzn.to/3fBDOJJ ★国立天文台編『理科年表2022』丸善出版、2021 https://amzn.to/358kF0h ★亀田達也『連帯のための実験社会科学──共感・分配・秩序』岩波書店、2002 https://amzn.to/3IcD4XG
26:22
January 21, 2022
人文的、あまりに人文的#092 哲劇のあいうえお 「カント」の回
★イマヌエル・カント(1724-1804) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88 ★イマニュエル・ウォーラーステイン(1930-2019) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%B3 ★スラヴォイ・ジジェク(1949- ) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF ★カント『カント全集11 人倫の形而上学』岩波書店、2002 https://amzn.to/3fcWHCQ ★エッカート・フェルスター『哲学の25年──体系的な再構成』三重野清顕ほか訳、法政大学出版局、2021 https://amzn.to/3faRwTB ★ゴットロープ・フレーゲ(1848-1925) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B2 ★ソクラテス(前470年頃-前399) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%B9 ★【DVD】『ジル・ドゥルーズの「アベセデール」』KADOKAWA、2015 https://amzn.to/3oxHa45 ★カント『純粋理性批判』熊野純彦訳、作品社、2012 https://amzn.to/3JYoOnf ★カント『純粋理性批判』上下、宇都宮芳明ほか訳、以文社、2004 https://amzn.to/3FgH33G ★カント『純粋理性批判』1-7、中山元訳、光文社古典新訳文庫、2010-2012 https://amzn.to/3fdfMod ★梶原一騎原作、原田久仁信漫画『プロレススーパースター列伝』小学館ほか https://amzn.to/3HP3kHq
23:24
January 14, 2022
人文的、あまりに人文的#091 哲劇忘年会ライブ2021
2021年12月30日(木)20時〜21時10分(ライブ)   ★2021年の回顧(山本貴光) https://yakumoizuru.hatenadiary.jp/entry/2021/12/23/232457  ★2021年の仕事を振り返る(吉川浩満) https://clnmn.net/archives/4269  ★山本貴光+吉川浩満『人文的、あまりに人文的 古代ローマからマルチバースまでブックガイド20講+α』本の雑誌社 https://amzn.to/3hW5WYu  ★山本貴光編『世界を読み解く科学本──科学者25人の100冊』河出文庫 https://amzn.to/3mIFFAG  ★『私たちは学術会議の任命拒否問題に抗議する(論創ノンフィクション008)』論創社 https://amzn.to/3JuibJ5  ★吉川浩満『理不尽な進化 増補新版──遺伝子と運のあいだ』ちくま文庫 https://amzn.to/3mrS0rA
01:09:19
January 12, 2022
人文的、あまりに人文的#090 注目の新刊/『家は生態系』『だれでもデザイン』『私が本からもらったもの』『人類の歴史をつくった17の大発見』『新版 ぎりぎり合格への論文マニュアル』『秘密の戦争』ほか
★ロブ・ダン『家は生態系──あなたは20万種の生き物と暮らしている』今西康子訳、白揚社、2021 https://amzn.to/3pA1DX7 ★山中俊治『だれでもデザイン──未来をつくる教室』朝日出版社、2021 https://amzn.to/30bJNkA ★木庭顕『誰のために法は生まれた』朝日出版社 https://amzn.to/3lLOKYC ★加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』『戦争まで──歴史を決めた交渉と日本の失敗』朝日出版社 https://amzn.to/3rUFx46 https://amzn.to/3rLhDrS ★池谷裕二『進化しすぎた脳──中高生と語る「大脳生理学」の最前線』朝日出版社 https://amzn.to/3pCYcih ★駒井稔編『私が本からもらったもの──翻訳者の読書論』書肆侃侃房、2021 https://amzn.to/3GtZ9Ar ★管啓次郎『本は読めないものだから心配するな』ちくま文庫、2021 https://amzn.to/3Go5QUv ★コーディー・キャシディー『人類の歴史をつくった17の大発見――先史時代の名もなき天才たち』梶山あゆみ訳、河出書房新社、2021 https://amzn.to/3EkAJIQ ★山内志朗『新版 ぎりぎり合格への論文マニュアル』平凡社新書、2021 https://amzn.to/3DAq3EO ★ティモシー・スナイダー『秘密の戦争――共産主義と東欧の20世紀』松井貴子訳、梶さやか解説、慶應義塾大学出版会、2021 https://amzn.to/3Dd5b6b ★ティモシー・スナイダー『ブラックアース』慶應義塾大学出版会、『ブラッドランド』筑摩書房 https://amzn.to/3duuQgz
24:48
December 10, 2021
人文的、あまりに人文的#089 リクエスト企画 人生相談「人との距離感や境界線について悩んでいます」
★高田純次『適当教典』河出文庫 https://amzn.to/3IhmS8r ★人生相談|リクエスト企画|YouTubeチャンネル「哲学の劇場」 https://youtube.com/playlist?list=PLcD53PjImiF_vXicK-kSISNMLGKvIrBVW
19:49
December 03, 2021
人文的、あまりに人文的#088 活動報告/『インヴィンシブル』書評、「マルジナリアでつかまえて」最終回、みんなのつぶやき文学賞、『世界を読み解く科学本』、『デカルトはそんなこと言ってない』『私のいない部屋』トークイベント、『台湾対抗文化紀行』、『しししし4』ほか
★山本貴光「書評|スタニスワフ・レム『インヴィンシブル』関口時正訳、国書刊行会」、『図書新聞』3520号(2021年11月20日) http://www.toshoshimbun.com/books_newspaper/shinbun_list.php?shinbunno=3520 ★山本貴光「マルジナリアでつかまえて」最終回、『本の雑誌』2021年12月号、本の雑誌社 https://www.webdoku.jp/honshi/2021/12-211029120816.html ★山本貴光『マルジナリアでつかまえて 書かずば読めぬの巻』本の雑誌社、2020 https://amzn.to/3ovSYV2 ★みんなのつぶやき文学賞 https://tbaward.jp/ ★山本貴光編『世界を読み解く科学本』河出文庫、2021 https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309418520/ ★晶文社 https://www.shobunsha.co.jp/ ★ドゥニ・カンブシュネル『デカルトはそんなこと言ってない』津崎良典訳、晶文社、2021 https://amzn.to/3Hw91L1 ★神田桂一『台湾対抗文化紀行』晶文社、2021 https://amzn.to/30A7O4k ★神田桂一、菊池良『もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら』宝島社、2017 https://amzn.to/3wSZ0Ti ★【トークイベント】ハーン小路恭子、東辻賢治郎、吉川浩満「「書くことは常に遅れてやってくる」――レベッカ・ソルニット『私のいない部屋』(左右社)刊行記念」2021/11/23、B&B http://bookandbeer.com/event/bb211123a/ ★【トークイベント】津崎良典、斎藤哲也、吉川浩満「誤解から学ぶデカルト入門──『デカルトはそんなこと言ってない』(晶文社)刊行記念」ゲンロンカフェ、2021/11/30 https://genron-cafe.jp/event/20211130/ ★『しししし4』双子のライオン堂、2021 https://liondo.thebase.in/items/54577134
11:10
November 19, 2021
人文的、あまりに人文的#087 注目の新刊/『知能低下の人類史』『グッド・アンセスター』『イノベーション概念の現代史』『感覚のエデン』『不確実性を飼いならす』『データ視覚化の人類史』『私のいない部屋』ほか
★エドワード・ダットン、マイケル・A・ウドリー・オブ・メニー『知能低下の人類史──忍び寄る現代文明クライシス』蔵研也、春秋社、2021 https://amzn.to/3qmV6kC ★ジェームズ・R・フリン『なぜ人類のIQは上がり続けているのか?──人種、性別、老化と知能指数』水田賢政訳、太田出版、2015 https://amzn.to/3C0xlRw ★映画『26世紀青年』(2006) https://amzn.to/3kghzfh ★ローマン・クルツナリック『グッド・アンセスター──わたしたちは「よき祖先」になれるか』松本紹圭訳、あすなろ書房、2021 https://amzn.to/3bTfocT ★ブノワ・ゴダン『イノベーション概念の現代史』松浦俊輔、隠岐さや香解説、名古屋大学出版会、2021 https://amzn.to/3D1crmA ★吉川浩満「イノヴェイションについて語るとき、わたしたちが語ること」、WIRED INNOVATION INSIGHTS、2015/11 https://web.archive.org/web/20160730143146/http://wired.jp/innovationinsights/post/wired/w/the_ghost_of_innovation/ ★岡﨑乾二郎『感覚のエデン 岡﨑乾二郎批評選集 vol. 1』亜紀書房、2021 https://amzn.to/3F3CVEH ★岡﨑乾二郎『ルネサンス 経験の条件』筑摩書房、2001→文春學藝ライブラリー、2014 https://amzn.to/3bSVL4G ★イアン・スチュアート『不確実性を飼いならす──予測不能な世界を読み解く科学』徳田功訳、白揚社、2021 https://amzn.to/3wtyTCr ★マイケル・フレンドリー、ハワード・ヴェイナー『データ視覚化の人類史――グラフの発明から時間と空間の可視化まで』飯嶋貴子訳、青土社、2021 https://amzn.to/3H5yBGJ ★ジェリー・Z・ミュラー『測りすぎ──なぜパフォーマンス評価は失敗するのか?』松本裕訳、みすず書房、2019 https://amzn.to/3kig8Nu ★レベッカ・ソルニット『私のいない部屋』東辻賢治郎訳、左右社、2021 https://amzn.to/3C0C4Tl ★【トークイベント】ハーン小路恭子、東辻賢治郎、吉川浩満「「書くことは常に遅れてやってくる」レベッカ・ソルニット『私のいない部屋』(左右社)刊行記念」2021/11/23、B&B http://bookandbeer.com/event/bb211123a/ ★『岩波講座 世界歴史01 世界史とは何か』岩波書店、2021(全24巻予定) https://amzn.to/3CZTil3
32:41
November 12, 2021
人文的、あまりに人文的#086 #哲劇のあいうえお 「奥崎謙三」の回
★奥崎謙三(おくざき・けんぞう/1920-2005) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E5%B4%8E%E8%AC%99%E4%B8%89 ★『ゆきゆきて、神軍』(1987) https://amzn.to/3nPwf67 ★人文的、あまりに人文的#080 哲劇のあいうえお「エピクテトス」の回 #哲劇 https://youtu.be/VJu_8hb2AYs ★奥崎謙三『宇宙人の聖書!?──天皇ヒロヒトにパチンコを撃った犯人の思想・行動・予言』サン書店、1976 https://amzn.to/3wfOIfN ★『ゆきゆきて、神軍』|Amazon Prime https://amzn.to/3mETTCZ ★【メーカー特典あり】『ゆきゆきて、神軍』デジタルリマスター版 Blu-ray特別限定版『大神軍BOX』(奥崎謙三・著「グアムの密林に生存する? 日本兵に告ぐ! 」付) https://amzn.to/3k14h69 ★ユアサ(YUASA) ※現ジーエス・ユアサコーポレーション https://gyb.gs-yuasa.com/ ★山本七平『「空気」の研究』文春文庫 https://amzn.to/3jXc1WK ★奥崎謙三の本 https://amzn.to/3CEI1X4
23:22
November 05, 2021
人文的、あまりに人文的#085 リクエスト企画 そのTシャツはどこで?
★遠藤進平さん - SUZURI https://suzuri.jp/iepmihs ★哲劇ストア(β版) - SUZURI https://suzuri.jp/clnmn ★Redbubble https://www.redbubble.com/ ★The Unemployed Philosophers Guild https://philosophersguild.com/ ★Melville House Books https://www.mhpbooks.com/ ★“I Would Prefer Not To.” https://www.mhpbooks.com/merchandise/bartleby-shirt/ ★スタニスワフ・レム生誕100周年記念Tシャツ(国書刊行会) https://www.kokusho.co.jp/sp/isbn/9784336072849/ ★スタニスワフ・レム生誕100周年記念グッズ(HAYAKAWA FACTORY) https://www.hayakawabooks.com/m/m9b03a2b6e054
20:43
October 29, 2021
人文的、あまりに人文的#084 注目の新刊/『世界「失敗」製品図鑑』『生き抜くためのメディア読解』『仲直りの理』『RE-END 死から問うテクノロジーと社会』『問題の女 本荘幽蘭伝』『戦略ゲームAI解体新書』ほか
★荒木博行『世界「失敗」製品図鑑──「攻めた失敗」20例でわかる成功への近道』日経BP社、2021 https://amzn.to/2Z9xc04 ★吉川浩満『理不尽な進化 増補新版──遺伝子と運のあいだ』ちくま文庫、2021 https://amzn.to/2OfDINJ ★荒木博行『世界「倒産」図鑑──波乱万丈25社でわかる失敗の理由』日経BP社、2019 https://amzn.to/30LgdST ★肥前国第9代平戸藩主・松浦清 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%B5%A6%E6%B8%85 ★トルストイ『アンナ・カレーニナ』岩波文庫ほか https://amzn.to/3narzYa ★小林真大『生き抜くためのメディア読解』笠間書院、2021 https://amzn.to/3G3Yi9Y ★山本貴光『文体の科学』新潮社、2014 https://amzn.to/3jioYKq ★マーシャル・マクルーハン https://amzn.to/3B09zUY ★大坪庸介『仲直りの理──進化心理学から見た機能とメカニズム』ちとせプレス、2021 https://amzn.to/3lWEAF3 ★サルスティウス『ユグルタ戦争 カティリーナの陰謀』栗田伸子訳、岩波文庫、2019 https://amzn.to/3jkLpi1 ★夏目漱石『坊っちゃん』新潮文庫ほか https://amzn.to/3jhe1sM ★シェイクスピア『ロミオとジュリエット』ちくま文庫ほか https://amzn.to/3C1Bsxl ★塚田有那、高橋ミレイ/HITE-Media編『RE-END 死から問うテクノロジーと社会』ビー・エヌ・エヌ、2021 https://amzn.to/3B0JJR1 ★石井夏生利『EUデータ保護法』勁草書房、2020 https://amzn.to/3lXWs2m ★平山亜佐子『問題の女 本荘幽蘭伝』平凡社、2021 https://amzn.to/3AXlZxa ★宮武外骨 https://amzn.to/3AYOaf5 ★三宅陽一郎『戦略ゲームAI解体新書──ストラテジー&シミュレーションゲームから学ぶ最先端アルゴリズム』翔泳社、2021 https://amzn.to/30EjjI9
31:10
October 22, 2021
人文的、あまりに人文的#083 特別企画【スケザネ図書館】登録者数10000人記念コラボ後編
#スケザネ図書館 #哲学の劇場 #哲劇 #山本貴光 #吉川浩満 文学系チャンネル「スケザネ図書館」登録者数10000人突破記念イベントにお邪魔して、書評家・シナリオライターの渡辺祐真(スケザネ)さんといろいろお話ししました。人気チャンネルとご一緒できて光栄です。我々のチャンネルの登録者数が10000人を突破するのは2049年ごろでしょうか……。 コラボ動画前編は下記「スケザネ図書館」でご覧ください。 https://youtu.be/EFMXNGbaP98 【目次】 0:00 内容紹介 2:15 執筆のコツ 18:42 トークイベントのコツ 30:00 本業が活きた時 38:20 お互いの印象について ★スケザネさんのTwitter https://twitter.com/yumawata33 ★スケザネさんのnote https://note.com/sukezane33 ★スケザネさんの文章 ・「「推し」て、知るべし-三溪・原富太郎に学ぶ「推し」の美学」『月刊経団連』 2021年10月号 ※下記ページ下部にPDFあり https://www.keidanren.or.jp/journal/monthly/2021/10/?fbclid=IwAR2sWgaSK0LJbbCkoRxEN9KTlwOHaDcMBOuD3-D8q9W29DuTOYXKfYorKo8 ・『短歌研究』2021年6月号、短歌研究社 https://amzn.to/34oKiGd ・ポータルサイト「ケムール」にて選書連載中 https://kemur.jp/pure-coffee210524
44:08
October 16, 2021
人文的、あまりに人文的#082 リクエスト企画 タスク管理や計画の立て方
★Gmail https://www.google.co.jp/mail/help/intl/ja/about.html?vm=r ★Googleカレンダー https://support.google.com/calendar/#topic=10509740 ★Google ToDoリスト https://support.google.com/tasks/answer/7675772?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja ★デカルト『方法序説』岩波文庫ほか https://amzn.to/309Q4gl ★付箋 https://support.microsoft.com/ja-jp/office/%E4%BB%98%E7%AE%8B%E3%82%92%E9%96%8B%E5%A7%8B%E3%81%99%E3%82%8B-86b36182-fdf5-4f9b-af7a-2846f83263f5 ★Time Tree https://timetreeapp.com/signin?locale=ja ★トルストイ『アンナ・カレーニナ』岩波文庫ほか https://amzn.to/3agBtkR
32:40
October 08, 2021
人文的、あまりに人文的#081 注目の新刊/『書物と貨幣の五千年史』『ホロコースト最年少生存者たち』『ジェンダーと脳』『家族不適応殺』『インヴィンシブル』『AHIRU LIFE.』ほか #哲劇
★永田希『書物と貨幣の五千年史』集英社新書 https://amzn.to/3kTljns ★永田希『積読こそが完全な読書術である』イースト・プレス https://amzn.to/3kR0Y2a ★レベッカ・クリフォード『ホロコースト最年少生存者たち――100人の物語からたどるその後の生活』山田美明訳、芝健介監修、柏書房 https://amzn.to/39NicY0 ★ルート・クリューガー『生きつづける――ホロコーストの記憶を問う』鈴木仁子訳、みすず書房 https://amzn.to/3unrfbH ★エリ・ヴィーゼル『夜 [新版] 』村上光彦訳、みすず書房 https://amzn.to/3kVnzLi ★ダフナ・ジョエル、ルバ・ヴィハンスキ『ジェンダーと脳――性別を超える脳の多様性』鍜原多惠子訳、紀伊國屋書店 https://amzn.to/3FeRTIS ★インベカヲリ★『家族不適応殺――新幹線無差別殺傷犯、小島一朗の実像』KADOKAWA https://amzn.to/3unCgcQ ★インベカヲリ★『理想の猫じゃない』赤々舎 https://amzn.to/39SugqQ ★ドストエフスキー『罪と罰』岩波文庫ほか https://amzn.to/39QPcP8 ★スタニスワフ・レム『インヴィンシブル』関口時正訳、国書刊行会 https://amzn.to/3B23Or2 ★SANAE FUJITA『AHIRU LIFE.』よはく舎 https://yorunoyohaku.com/items/6122e113f604a9449d806887 https://amzn.to/3kVqAeA ★よはく舎/マルジナリア書店 https://yorunoyohaku.com/
30:37
October 01, 2021
人文的、あまりに人文的#080 哲劇のあいうえお「エピクテトス」の回
★エピクテトス『人生談義』上下、國方栄二訳、岩波文庫 https://amzn.to/3kEs90h ★山本貴光、吉川浩満『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。──古代ローマの大賢人の教え』筑摩書房、2020 https://amzn.to/314ctK0 ★レシェク・コワコフスキ『哲学は何を問うてきたか』藤田祐訳、みすず書房、2014 https://amzn.to/3lXhqgy ★『旧約聖書 ヨブ記』関根正雄訳、岩波文庫、1971 https://amzn.to/3o7hixQ ★James Bond Stockdale, Courage Under Fire: Testing Epictetus's Doctrines in a Laboratory of Human Behavior, Hoover Institution, Stanford, 1993 https://amzn.to/39yDdpq
30:43
September 24, 2021
人文的、あまりに人文的#079 リクエスト企画「どのように文筆を仕事に?」
★哲学の劇場 http://logico-philosophicus.net/ ★湯川カナ『カナ式ラテン生活 ほぼ日ブックス#009』朝日出版社、2001 https://amzn.to/3zhlixM ★山本貴光、吉川浩満『心脳問題──「脳の世紀」を生き抜く』朝日出版社、2004 https://amzn.to/3tNhzGX ★山本貴光、吉川浩満『脳がわかれば心がわかるか』太田出版、2016 https://amzn.to/2XmfRjN ★東京工業大学リベラルアーツ研究教育院 https://educ.titech.ac.jp/ila/ ★晶文社 https://www.shobunsha.co.jp/ ★荒木優太編『在野研究ビギナーズ――勝手にはじめる研究生活』明石書店、2019 https://amzn.to/3tP0Tih ★山本貴光「奇妙な営み、ゲームから考える 「知のサバイバルキット」としてのリベラルアーツ」、東京工業大学 https://educ.titech.ac.jp/ila/news/2021_09/061107.html
35:40
September 17, 2021
人文的、あまりに人文的#078 活動報告 #哲学の劇場 #哲劇
★山本貴光「草枕旅となりなば紙の辺に」『A critical journal on contemporary art』第6号、+journal https://cj-ca.org/2021/08/08/ta-issue-006-travel-and-artistic-production/ ★山本貴光「解説」、スティーブン・スローマン、フィリップ・ファーンバック『知ってるつもり──無知の科学』土方奈美訳、ハヤカワ文庫NF、2021 https://amzn.to/3DXKeOc ★山本貴光、吉川浩満『人文的、あまりに人文的』本の雑誌社、2021 https://amzn.to/3ha2TMW ★山本貴光「そんな生き方があるのかという素直な驚きを正味一五〇回味わえる」、『ちくま』2021年9月号、筑摩書房 https://www.chikumashobo.co.jp/blog/pr_chikuma/entry/1557/ ★岸政彦編『東京の生活史』筑摩書房、2021 https://www.chikumashobo.co.jp/special/tokyo_project/ https://amzn.to/3h9uoXb ★大澤真幸、山本貴光、吉川浩満「〈われわれの時代〉を読み解く──『〈世界史〉の哲学 近代篇1』&『近代篇2』刊行記念」ゲンロンカフェ、2021/9/1 https://genron-cafe.jp/event/20210901/ ★大澤真幸『〈世界史〉の哲学』シリーズ、講談社 https://amzn.to/38Okgi4 ★吉川浩満「後ろ向きの予言書──『〈世界史〉の哲学 近代篇』を読む」、『群像』2021年10月号、講談社 https://amzn.to/38LmlLx ★吉川浩満「人間拡張――進化の相の下に」、『kotoba 特集=人間拡張はネオ・ヒューマンを生むか?』2021年秋号、集英社 https://amzn.to/2YuiTTD ★吉川浩満「この本と出会った バーリン『ハリネズミと狐──『戦争と平和』の歴史哲学』」、『産経新聞』2021年9月5日号 https://www.sankei.com/article/20210905-DCMTEOE2XJLRLACHXZEGQ65ABA/ ★アイザイア・バーリン『ハリネズミと狐――『戦争と平和』の歴史哲学』河合秀和訳、岩波文庫、1997 https://amzn.to/3BLttnC ★ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』光文社古典新訳文庫ほか https://amzn.to/3naU5uk ★リチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子 40周年記念版』日髙敏隆、岸由二、羽田節子、垂水雄二訳、紀伊國屋書店、2018 https://amzn.to/3zVnvQK ★トルストイ『戦争と平和』光文社古典新訳文庫ほか https://amzn.to/3E4YpRU ★文化系トークラジオLife「ケアってなんだろう?~令和時代のつながりと責任の話」TBSラジオ、2021/8/29 https://anchor.fm/tbsradio-life/ ★小川公代『ケアの倫理とエンパワメント』講談社、2021 https://amzn.to/3DWA1lm
16:49
September 10, 2021
人文的、あまりに人文的 #077 リクエスト企画 人生相談「死別の悲しみを乗り越えるには?」#哲学の劇場 #哲劇
★池澤夏樹『砂浜に坐り込んだ船』新潮文庫、2018 https://amzn.to/3tcIDzq ★若松英輔『魂にふれる──大震災と、生きている死者 増補新版』亜紀書房、 2021 https://amzn.to/3gXya5K
24:38
September 03, 2021
人文的、あまりに人文的#076 注目の新刊/『Do Not Erase』『ヌシ』『中世写本ができるまで』『世界一やさしい依存症入門』『文体の舵をとれ』『残酷物語』ほか
★人文的、あまりに人文的#075 哲劇のあいうえお「ウイルス」の回 https://youtu.be/uLujvpK-wuA ★Jessica Wynne, Do Not Erase: Mathematicians and Their Chalkboards, Princeton University Press, 2021 https://amzn.to/3zzWF0p ★伊藤龍平『ヌシ──神か妖怪か』笠間書院 https://amzn.to/3sSjWIo ★クリストファー・デ・ハメル『中世の写本ができるまで』加藤磨珠枝監修、立石光子訳、白水社、2021 https://amzn.to/3sOc5LI ★松本俊彦『世界一やさしい依存症入門――やめられないのは誰かのせい?』河出書房新社、2021 https://amzn.to/3mCHCz6 ★松本俊彦『誰がために医師はいる――クスリとヒトの現代論』みすず書房、2021 https://amzn.to/38e1yjD ★アーシュラ・K・ル=グウィン『文体の舵をとれ――ル=グウィンの小説教室』、大久保ゆう、フィルムアート社、2021 https://amzn.to/3yfFqQo ★ヴィリエ・ド・リラダン『残酷物語』田上竜也訳、水声社、2021 https://amzn.to/3jj9NkA ★ホルヘ・ルイス・ボルヘス編「バベルの図書館」国書刊行会 https://amzn.to/3DlodZo ★ホルヘ・ルイス・ボルヘス編『バベルの図書館29 ヴィリエ・ド・リラダン』国書刊行会、1992 https://amzn.to/3Dm8U2N ★押井守監督『イノセンス』2004 https://amzn.to/3Bj79lg ★ヴィリエ・ド・リラダン『未来のイヴ』高野優訳、光文社古典新訳文庫、2018 https://amzn.to/3sSn4nC ★クエンティン・タランティーノ監督『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』2019 https://amzn.to/3Blkv0h
30:42
August 27, 2021
人文的、あまりに人文的#075 哲劇のあいうえお 「ウイルス」の回
★人文的、あまりに人文的#068 哲劇のあいうえお 「愛」の回 https://youtu.be/JXaTK0IpgQ4 ★人文的、あまりに人文的#071 哲劇のあいうえお 「犬」の回 https://youtu.be/gwleBgQi0Es ★virus - ONLINE LATIN DICTIONARY https://www.online-latin-dictionary.com/latin-english-dictionary.php?parola=virus ★川喜田愛郎 https://amzn.to/3AXJrLb ★リチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子 40周年記念版』日髙敏隆、岸由二、羽田節子、垂水雄二訳、紀伊國屋書店、2018 https://amzn.to/3AMLLEo ★「言語は宇宙から来たウイルスである」 ★ウィリアム・S・バロウズ『爆発した切符』飯田隆昭訳、サンリオSF文庫、1979 https://amzn.to/3mca4Ym ★山本貴光「岩波文庫で読む「感染症」」(連載)、なみのおと(岩波書店note) https://note.com/iwanaminote/m/m0afd8762e28d/hashtag/2572352 ★ウィリアム・H・マクニール『疫病と世界史』上下、佐々木昭夫訳、中公文庫、2007 https://amzn.to/3geh5Em
20:20
August 20, 2021
人文的、あまりに人文的#074 注目の新刊/『著作物の類似性判断』『ライティングの哲学』『すべてはノートからはじまる』『言語学バーリ・トゥード』『「非モテ」からはじめる男性学』『対話型学術誌 といとうとい』『恐竜研究の最前線』『鳥類のデザイン』ほか
★上野達弘、前田哲男『 〈ケース研究〉著作物の類似性判断 ビジュアルアート編』勁草書房、2021 https://amzn.to/3zL62Kj ★ひこにゃん https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%81%93%E3%81%AB%E3%82%83%E3%82%93 ★千葉雅也、山内朋樹、読書猿、瀬下翔太『ライティングの哲学──書けない悩みのための執筆論』星海社新書、2021 https://amzn.to/2TDfaRD ★倉下忠憲『すべてはノートからはじまる──あなたの人生をひらく記録術』星海社新書、2021 https://amzn.to/3x5CftN ★三中信宏『読む・打つ・書く──読書・書評・執筆をめぐる理系研究者の日々』東京大学出版会、2021 https://amzn.to/3gUvAxG ★川添愛『言語学バーリ・トゥード――Round 1 AIは「絶対に押すなよ」を理解できるか』東京大学出版会、2021 https://amzn.to/3xaI4Gx ★西井開『「非モテ」からはじめる男性学』集英社新書、2021 https://amzn.to/3l1pTAP ★小谷野敦『もてない男──恋愛論を超えて』ちくま新書、1999 https://amzn.to/375JFCN ★杉田俊介『非モテの品格──男にとって「弱さ」とは何か』集英社新書、2016 https://amzn.to/3ybeRwp ★ぼくらの非モテ研究会『モテないけど生きてます──苦悩する男たちの当事者研究』青弓社、2020 https://amzn.to/3ya8GZF ★『対話型学術誌 といとうとい』第0号、京都大学学祭融合教育研究推進センター、2021 https://amzn.to/371pmXl ★宮野公樹『問いの立て方』ちくま新書、2021 https://amzn.to/3zLfRrF ★マイケル・J・ベントン『恐竜研究の最前線──謎はいかにして解き明かされたのか』久保田克博、千葉謙太郎、田中康平監訳、喜多直子訳、創元社、2021 https://amzn.to/3rDPzVt ★カトリーナ・ファン・グラウ『鳥類のデザイン――骨格・筋肉が語る生態と進化』川上和人監訳、鍛原多惠子訳、みすず書房、2021 https://amzn.to/3zUJB5x
30:38
July 30, 2021
人文的、あまりに人文的#073 活動報告/『図書新聞』読書アンケート、「岩波文庫で読む「感染症」」「『パンデミックの日記』の日記」、朝カル非哲学講義、『理不尽な進化 増補新版』読書会ほか
★「2021年上半期読書アンケート」『図書新聞』2021年7月24日号 http://toshoshimbun.jp/books_newspaper/shinbun_list.php?shinbunno=3505 ★『10代のための読書地図(別冊本の雑誌20)』本の雑誌社、2021 https://amzn.to/3eBIr6K ★山本貴光「世界の文芸誌から」、WEB本の雑誌、本の雑誌社 https://www.webdoku.jp/column/yamamoto/list.html ★山本貴光「岩波文庫で読む「感染症」」、コロナの時代の想像力、岩波書店 https://note.com/iwanaminote/m/m0afd8762e28d ★今野真二+山本貴光「往復書簡 知識の沼――ことばで巨人の肩にのる」Web河出、河出書房新社 https://web.kawade.co.jp/bungei/13968/ ★山本貴光「マルジナリアでつかまえて」第47回、『本の雑誌』2021年8月号、本の雑誌社 https://amzn.to/3y1dTTx ★山本貴光「季評 文態百版」「文芸的事象クロニクル」、『文藝』2021年秋季号、河出書房新社 https://amzn.to/3BpaiAC ★山本貴光「『パンデミック日記』の日記」、『新潮』2021年8月号、新潮社 https://amzn.to/3xYQZvZ ★山本貴光『マルジナリアでつかまえて 書かずば読めぬの巻』本の雑誌社、2020 https://amzn.to/2V0CNnH ★吉川浩満「哲学の門前20 最終回 門前の哲学」、『scripta』2021年夏号、紀伊國屋書店 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-1017180 ★【トークイベント】吉澤剛、吉川浩満「サイエンス・イン・ザ・ダーク――いま、なぜ学問するのか 『不定性からみた科学』(名古屋大学出版会)刊行記念」B&B、2021/7/23 http://bookandbeer.com/event/20210723/ ★【読書会ゲスト】吉川浩満『理不尽な進化 増補新版――遺伝子と運のあいだ』関西クラスタ、2021/7/24 https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/023dxnfnstq11.html ★【トークイベント】戸谷洋志、吉川浩満「未来への思想──『ハンス・ヨナス 未来への責任 やがて来たる子どもたちのための倫理学』『理不尽な進化 増補新版』W刊行記念トークイベント」マルジナリア書店、2021/8/13 https://yohakushapub.hatenablog.com/entry/2021/07/01/203453?_ga=2.153593656.1266300706.1625139296-691690217.1625139296 ★【講義】酒井泰斗、吉川浩満「非哲学者による非哲学者のための(非)哲学の講義」朝日カルチャーセンター新宿教室、2021/7/28, 8/25, 9/22 https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/95967cdd-4de0-23ce-7005-607ff0f9b04a https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/3ab57f43-239b-f385-881d-60a376c97964 ★【トークイベント】上田一生、夏目大、吉川浩満「『南極探検とペンギン』刊行記念」ゲンロンカフェ、2021/7/19 https://genron-cafe.jp/event/20210719/ ★【トークイベント】三中信宏、山本貴光、吉川浩満「『読む・打つ・書く』刊行記念」ゲンロンカフェ、2021/7/2 https://genron-cafe.jp/event/20210702/
21:10
July 23, 2021
人文的、あまりに人文的#072 注目の新刊/『イヌは愛である』『サメ映画大全』『アスリープ』『南極探検とペンギン』『不定性からみた科学』『ハンス・ヨナス 未来への責任』ほか
★人文的、あまりに人文的#071 哲劇のあいうえお 「犬」の回 https://youtu.be/gwleBgQi0Es ★クライブ・ウィン『イヌは愛である――「最良の友」の科学』梅田智世訳、早川書房、2021 https://amzn.to/2VEyHSl ★シモーナ・ギンズバーグ、エヴァ・ヤブロンカ『動物意識の誕生――生体システム理論と学習理論から解き明かす心の進化』上下、鈴木大地訳、勁草書房、2021 https://amzn.to/2ULlqXU ★知的風ハット『サメ映画大全』左右社、2021 https://amzn.to/3ib5WnV ★『ジョーズ』(1975) https://amzn.to/2VOqtaB ★『シャークネード』シリーズ https://amzn.to/3xLYCFW ★『ディープ・ブルー』シリーズ https://amzn.to/36BCPEZ ★『パニック・マーケット』(2012) https://amzn.to/3emAKkx ★『鮫の惑星』(2016) https://amzn.to/3wAAHIc ★森泉岳土『アスリープ』青土社、2021 https://amzn.to/2U6AEqu ★森泉岳土『村上春樹の「螢」・オーウェルの「一九八四年」』河出書房新社、2019 https://amzn.to/3efTToj ★小沼純一著、森泉岳土絵『しっぽがない』青土社、2020 https://amzn.to/3iczSQD ★ロイド・スペンサー・デイヴィス『南極探検とペンギン――忘れられた英雄とペンギンたちの知られざる生態』夏目大訳、青土社、2021 https://amzn.to/36zHRlk ★【トークイベント】上田一生、夏目大、吉川浩満「『南極探検とペンギン』刊行記念」ゲンロンカフェ、2021/7/19 https://genron-cafe.jp/event/20210719/ ★吉澤剛『不定性からみた科学――開かれた研究・組織・社会のために』名古屋大学出版会、2021 https://amzn.to/2UP1OCc ★【トークイベント】吉澤剛、吉川浩満「サイエンス・イン・ザ・ダーク――いま、なぜ学問するのか 『不定性からみた科学』(名古屋大学出版会)刊行記念」B&B、2021/7/23 http://bookandbeer.com/event/20210723/ ★戸谷洋志『ハンス・ヨナス 未来への責任――やがて来たる子どもたちのための倫理学』慶應義塾大学出版会、2021 https://amzn.to/3hFyQ0z ★【トークイベント】戸谷洋志、吉川浩満「未来への思想──『ハンス・ヨナス 未来への責任 やがて来たる子どもたちのための倫理学』『理不尽な進化 増補新版』W刊行記念トークイベント」マルジナリア書店、2021/8/13 https://yohakushapub.hatenablog.com/entry/2021/07/01/203453?_ga=2.153593656.1266300706.1625139296-691690217.1625139296 ★戸谷洋志『ハンス・ヨナスを読む』堀之内出版、2018 https://amzn.to/3B7ezZx ★映画『ハンナ・アーレント』(2012) https://amzn.to/3rnywa5
23:48
July 16, 2021
人文的、あまりに人文的#071 哲劇のあいうえお 「犬」の回
★【DVD】『ジル・ドゥルーズの「アベセデール」』KADOKAWA、2015 https://amzn.to/3oxHa45 ★ウェス・アンダーソン監督『犬ヶ島』2018 https://amzn.to/3qR303R ★吉川浩満「犬は防衛されなければならない」、『ユリイカ 2018年6月臨時増刊号 総特集=〈決定版〉ウェス・アンダーソンの世界 『犬ヶ島』へようこそ!』青土社、2018 https://amzn.to/3hGUPD6 ★ティム・バーナーズ=リー https://bit.ly/3yke8J4 ★犬儒派(キュニコス派) https://bit.ly/3hkoaEd ★樽のディオゲネス https://bit.ly/3jMRmFC ★The Stooges "I Wanna Be Your Dog" https://youtu.be/3gsWt7ey6bo ★アレクサンドル・コジェーヴ『ヘーゲル読解入門──『精神現象学』を読む』上妻精、今野雅方訳、国文社、1987 https://amzn.to/3hk0ksf ★ホメロス『オデュッセイア』上中下、松平千秋訳、1994 https://amzn.to/3jNmNzv ★ジル・ドゥルーズ『マゾッホとサド』蓮實重彦訳、晶文社、1998 https://amzn.to/3jNNwMv ★シェットランドシープドッグ https://bit.ly/2TFTg07 ★マルティナ https://clnmn.net/entry/2018/12/20/173021 ★クライブ・ウィン『イヌは愛である──「最良の友」の科学』梅田智世訳、早川書房、2021 https://amzn.to/3dNlmxq
22:47
July 09, 2021
人文的、あまりに人文的 #070 読み書きレスキュー本
★三中信宏『読む・打つ・書く──読書・書評・執筆をめぐる理系研究者の日々』東京大学出版会、2021 https://amzn.to/3gUvAxG ★【トークイベント】三中信宏、山本貴光、吉川浩満「『読む・打つ・書く』刊行記念」ゲンロンカフェ、2021/7/2 https://genron-cafe.jp/event/20210702/ ★ポール・J・シルヴィア『できる研究者の論文生産術──どうすれば「たくさん」書けるのか』高橋さきの訳、講談社、2015 https://amzn.to/3gPjA0G ★スティーヴン・キング『死の舞踏──恐怖についての10章』安野玲訳、ちくま文庫、2017 https://amzn.to/3zUZoSw ★カント『啓蒙とは何か 他四篇』篠田英雄訳、岩波文庫、1974 https://amzn.to/3zWHDlG ★ルクレーティウス『物の本質について』樋口勝彦訳、岩波文庫、1961 https://amzn.to/35ZhGEx ★リディア・デイヴィス『ほとんど記憶のない女』岸本佐知子訳、白水Uブックス、2011 https://amzn.to/3A6fxVc ★中井久夫『私の日本語雑記』岩波書店、2010 https://amzn.to/3jtc5Ow ★多和田葉子『言葉と歩く日記』岩波新書、2013 https://amzn.to/3AdkqMs ★多和田葉子『エクソフォニー――母語の外へ出る旅』岩波現代文庫、2012 https://amzn.to/3joS23T ★エラ・バーサド、スーザン・エルダキン『文学効能事典――あなたの悩みに効く小説』金原瑞人、石田文子訳、フィルムアート社、2017 https://amzn.to/2UHhmYr ★本多勝一『新版 日本語の作文技術』朝日文庫、2015 https://amzn.to/3hjAa7U ★蓮實重彦『反=日本語論』ちくま学芸文庫、2009 https://amzn.to/2U6WXMd
18:48
July 02, 2021
人文的、あまりに人文的 #069 注目の新刊/『ハイデガー事典』『哲学者・木田元』『楽しみの技法』『革命の印刷術』『ジョージ・オーウェル『一九八四年』を読む』『読む・打つ・書く』ほか
★ハイデガー・フォーラム編『ハイデガー事典』昭和堂、2021 https://amzn.to/3daljv6 ★オンデマンド復刊『ハイデッガー全集』(既刊50冊)東京大学出版会 http://www.utp.or.jp/news/n39419.html ★大塚信一『哲学者・木田元──編集者が見た稀有な軌跡』作品社、2021 https://amzn.to/3j7094P ★宮入恭平、杉山昂平編『「趣味に生きる」の文化論──シリアスレジャーから考える』ナカニシヤ出版、2021 https://amzn.to/3dcB30R ★秋谷直矩、團康晃、松井広志編『楽しみの技法──趣味実践の社会学』ナカニシヤ出版、2021 https://amzn.to/3j8muiq ★河村彩編訳『革命の印刷術──ロシア構成主義、生産主義のグラフィック論』水声社、2021 https://amzn.to/2Snn3dh ★松原明、大石雅彦編『ロシア・アヴァンギャルド7 レフ 芸術左翼戦線』国書刊行会、1990 https://amzn.to/3qlTGVr ★河村彩『ロシア構成主義──生活と造形の組織学』共和国、2019 https://amzn.to/3A5bGIa ★秦邦生編『ジョージ・オーウェル『一九八四年』を読む──ディストピアからポスト・トゥルースまで』水声社、2021 https://amzn.to/3xRti8y ★大愛崇晴『16・17世紀の数学的音楽理論──音楽の数量化と感性的判断をめぐって』晃洋書房、2021 https://amzn.to/3xRuYPo ★三中信宏『読む・打つ・書く──読書・書評・執筆をめぐる理系研究者の日々』東京大学出版会、2021 https://amzn.to/3gUvAxG ★ポール・J・シルヴィア『できる研究者の論文生産術──どうすれば「たくさん」書けるのか』高橋さきの訳、講談社、2015 https://amzn.to/3gPjA0G ★スティーヴン・キング『死の舞踏──恐怖についての10章』安野玲訳、ちくま文庫、2017 https://amzn.to/3zUZoSw ★カント『啓蒙とは何か 他四篇』篠田英雄訳、岩波文庫、1974 https://amzn.to/3zWHDlG ★三中信宏、山本貴光、吉川浩満「『読む・打つ・書く』刊行記念」ゲンロンカフェ、2021/7/2 https://genron-cafe.jp/event/20210702/ ★謝辞 ネオ高等遊民さん(吉川のTシャツご提供) https://www.youtube.com/channel/UCs-IgJ65uvVGOBX07CWz_Mg https://twitter.com/MNeeton
29:46
June 25, 2021
人文的、あまりに人文的 #068 哲劇のあいうえお 「愛」の回
★ローザ・ルクセンブルク https://amzn.to/3pVPX0m ★エレファントカシマシ「ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ」 https://youtu.be/TYcC9OpeL1A ★『新明解国語辞典 第八版』三省堂、2020 https://amzn.to/2RVkU8s ★『三省堂国語辞典 第七版』三省堂、2013 https://amzn.to/3zDQuJ4 ★河合奈保子「愛をください」 https://youtu.be/G6CEzrQfDQE ★小椋佳「少しは私に愛をください」 https://youtu.be/p5vsCdyaIII ★蓮井朱夏「ZOO〜愛をください〜」 https://youtu.be/WPUTw4h461E ★純烈「愛をください〜Don't you cry〜」 https://youtu.be/6WOzFwCNTP4
18:42
June 24, 2021
人文的、あまりに人文的 #067 夏のイベント情報/ゲンロンカフェ、『理不尽な進化 増補新版』読書会、渋谷のラジオ、本屋B&Bほか
★【トークイベント】全卓樹、山本貴光、吉川浩満「この世界の小さな驚異について――人文的、あまりに人文的な科学夜話」ゲンロンカフェ、2021/6/4 https://genron-cafe.jp/event/20210604/ ★全卓樹『銀河の片隅で科学夜話――物理学者が語る、すばらしく不思議で美しい この世界の小さな驚異』朝日出版社、2020 https://amzn.to/3pHDLR4 ★吉川浩満『理不尽な進化 増補新版――遺伝子と運のあいだ』ちくま文庫、2021 https://amzn.to/3giyV8q ★【トークイベント】三中信宏、山本貴光、吉川浩満「『読む・打つ・書く』刊行記念」ゲンロンカフェ、2021/7/2 https://genron-cafe.jp/event/20210702/ ★三中信宏『読む・打つ・書く――読書・書評・執筆をめぐる理系研究者の日々』東京大学出版会、2021 https://amzn.to/3pIIdPh ★【読書会】吉川浩満『理不尽な進化 増補新版』猫町倶楽部、2021/6/16 https://nekomachi-club.com/events/39d2a9a4b040 ★【読書会】吉川浩満『理不尽な進化 増補新版』双子のライオン堂、2021/6/22 https://peatix.com/event/1948511 ★【ラジオ】「渋谷で読書会」渋谷のラジオ、2021/6/11 https://note.com/shiburadi/m/m7829d879ba1f ★【講義】酒井泰斗、吉川浩満「非哲学者による非哲学者のための(非)哲学の講義」朝日カルチャーセンター新宿教室、6/23 https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/4a8f1d9d-3500-5d34-4fed-5ffd0acc9d3c https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/6024ed3d-9a40-ddf2-82d9-602ba61b6b14 ★【トークイベント】鈴木大地、吉川浩満「「人の心、動物の心――意識の進化論を語り尽くす」『動物意識の誕生』刊行記念」B&B、2021/7/7 http://bookandbeer.com/event/20210707/
19:49
June 11, 2021
人文的、あまりに人文的 #066 注目の新刊/『「倫理の問題」とは何か』『動物意識の誕生』『哲学の女王たち』『古典の挑戦』『SFプロトタイピング』『完本 仏像のひみつ』『レイシズムを考える』ほか
★佐藤岳詩『「倫理の問題」とは何か――メタ倫理学から考える』光文社新書、2021 https://amzn.to/34IQIAe ★シモーナ・ギンズバーグ、エヴァ・ヤブロンカ『動物意識の誕生――生体システム理論と学習理論から解き明かす心の進化』上下、鈴木大地訳、勁草書房、2021 https://amzn.to/3uPfj0Q ★ピーター・ゴドフリー=スミス『タコの心身問題――頭足類から考える意識の起源』夏目大訳、みすず書房、2018 https://amzn.to/3yYVQhz ★トッド・E・ファインバーグ・ジョン・M・マラット『意識の進化的起源――カンブリア爆発で心は生まれた』鈴木大地訳、勁草書房、2017 https://amzn.to/3vWp6Us ★トッド・E・ファインバーグ・ジョン・M・マラット『意識の神秘を暴く――脳と心の生命史 単行本』鈴木大地訳、勁草書房、2020 https://amzn.to/3uPCyYK ★鈴木大地、吉川浩満「人の心、動物の心――意識の進化論を語り尽くす」B&B、2021/7/7 http://bookandbeer.com/event/20210707/ ★レベッカ・バクストン、リサ・ホワイティング編『哲学の女王たち――もうひとつの思想史入門』向井和美訳、晶文社、2021 https://amzn.to/3fMhuOz ★ジュリアン・バジーニ『100の思考実験――あなたはどこまで考えられるか』向井和美訳、紀伊國屋書店、2012 https://amzn.to/3vPPizV ★アン・ウォームズリー『プリズン・ブック・クラブ――コリンズ・ベイ刑務所読書会の一年』向井和美訳、紀伊國屋書店、2016 https://amzn.to/3fM6Ebc ★葛西康徳、ヴァネッサ・カッツァート編『古典の挑戦――古代ギリシア・ローマ研究ナビ』知泉書館、2021 https://amzn.to/3uPETTw ★宮本道人監修・編著、難波優輝 、大澤博隆編著『SFプロトタイピング――SFからイノベーションを生み出す新戦略』早川書房、2021 https://amzn.to/3ikaOsy ★ブライアン・デイビッド・ジョンソン『インテルの製品開発を支えるSFプロトタイピング』細谷功選・監修、亜紀書房、2013 https://amzn.to/3za7TZJ ★山本勉、川口澄子(イラスト)『完本 仏像のひみつ』朝日出版社、2021 https://amzn.to/3pndYNU ★古賀弘幸、佐々木一澄(イラスト)『書のひみつ』朝日出版社、2017 https://amzn.to/3vPSlIn ★藤原えりみ、いとう瞳(イラスト)『西洋絵画のひみつ』朝日出版社、2010 https://amzn.to/3piRayF ★山本貴光『コンピュータのひみつ』朝日出版社、2010 https://amzn.to/3fOVUJd ★清原悠編『レイシズムを考える』共和国、2021 https://amzn.to/34NeKu6
35:44
June 04, 2021
人文的、あまりに人文的 #065 リクエスト企画 旅の友、旅の本
★『フィレンツェ――旅する21世紀ブック 望遠郷』同朋舎出版、1994 https://amzn.to/3yHaJ85 ★人文的、あまりに人文的 #011 リクエスト企画「鞄の中」(2) https://youtu.be/80lhEF0g270 ★乗代雄介『旅する練習』講談社、2021 https://amzn.to/3vvrcub ★加藤秀一『性現象論――差異とセクシュアリティの社会学』勁草書房、1998 https://amzn.to/3p0t8IK ★村上春樹『羊をめぐる冒険』上下、講談社文庫 https://amzn.to/3vtexbd ★リチャード・パワーズ『幸福の遺伝子』木原善彦訳、新潮社、2013 https://amzn.to/3i2tBZg ★加藤典洋『戦後入門』ちくま新書、2015 https://amzn.to/3fuIodM ★クロード・レヴィ=ストロース『野生の思考』大橋保夫訳、みすず書房、1976 https://amzn.to/3ut8mCy ★ヘンリー・ミラー『愛と笑いの夜』吉行淳之介訳、福武文庫、1987 https://amzn.to/2SD2Uj5 ★フランツ・カフカ『カフカ短編集』池内紀編訳、岩波文庫、1987 https://amzn.to/2SAXtkY ★フィリップ・マティザック『古代アテネ旅行ガイド』安原和見訳、ちくま学芸文庫、2019 https://amzn.to/3foTIrI ★フィリップ・マティザック『古代ローマ旅行ガイド』安原和見訳、ちくま学芸文庫、2018 https://amzn.to/3vtJSdv ★ホメロス https://amzn.to/3vtdGHf ★コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』シリーズ https://amzn.to/2SDkjrS ★ダニエル・デフォー『ペストの記憶』武田将明訳、研究社、2017 https://amzn.to/2QXH89l ★ボッカッチョ『デカメロン』河出文庫ほか https://amzn.to/3oZhGNy ★松尾芭蕉 https://amzn.to/2RQZfyf ★マルコ・ポーロ『東方見聞録』角川ソフィア文庫ほか https://amzn.to/34mPzyf ★アンドレ・ジッド『ソヴィエト紀行』光文社古典新訳文庫ほか https://amzn.to/34my6G4 ★沢木耕太郎『深夜特急』シリーズ、新潮文庫 https://amzn.to/3fqypWM ★東浩紀『テーマパーク化する地球』ゲンロン、2019 https://amzn.to/3oVxLU8 ★クロード・レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』中公クラシックスほか https://amzn.to/34p4UOF ★チャールズ・ダーウィン『ビーグル号航海記』岩波文庫ほか https://amzn.to/2Tj5KtX
30:38
May 28, 2021
人文的、あまりに人文的 #064 企画会議「哲劇のあいうえお」
★【DVD】『ジル・ドゥルーズの「アベセデール」』KADOKAWA、2015 https://amzn.to/3oxHa45 ★トルストイ『アンナ・カレーニナ』光文社古典新訳文庫ほか https://amzn.to/3u4upiw ★テリー・イーグルトン『イデオロギーとは何か』平凡社ライブラリー、1999 https://amzn.to/3wesZUe
16:39
May 21, 2021
人文的、あまりに人文的 #063 活動報告/『理不尽な進化 増補新版』三刷、猫町倶楽部、朝カル非哲学講義、「マルジナリアでつかまえて」、『オルフェウス変幻』書評、往復書簡「知識の沼」ほか
★吉川浩満『理不尽な進化 増補新版』ちくま文庫、2021 https://amzn.to/3eIe1Qp ★【読書会】課題図書『理不尽な進化 増補新版』猫町倶楽部、2021/6/16 https://nekomachi-club.com/events/39d2a9a4b040 ★酒井泰斗、吉川浩満「非哲学者による非哲学者のための(非)哲学の講義」朝日カルチャーセンター新宿教室、2021/4/28, 5/26, 6/23 https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/4a8f1d9d-3500-5d34-4fed-5ffd0acc9d3c ★吉川浩満「私の読書日記」『週刊文春』2021年6月3日号(予定) https://amzn.to/2RQqIjm ★リーヴ・ストロームクヴィスト『21世紀の恋愛――いちばん赤い薔薇が咲く』よこのなな訳、花伝社、2021 https://amzn.to/3uEZkTQ ★山本貴光「マルジナリアでつかまえて/黒い点と十字の謎」『本の雑誌』2021年6月号 https://amzn.to/3uNnNGO ★ニコラス・スロニムスキー編『クラシック名曲「酷評」事典』上下、藤村奈緒美訳、ヤマハミュージックメディア、2021/3 https://amzn.to/3fbYKZ1 ★山本貴光「書評|沓掛良彦『オルフェウス変幻――ヨーロッパ文学にみる変容と変遷』京都大学学術出版会」『図書新聞』2021年05月01日号 http://www.toshoshimbun.com/books_newspaper/shinbun_list.php?shinbunno=3494 ★山本貴光→今野真二 往復書簡「知識の沼――ことばで巨人の肩にのる」第1回 https://web.kawade.co.jp/bungei/13968/ ★今野真二→山本貴光 往復書簡「知識の沼――ことばで巨人の肩にのる」第2回  https://web.kawade.co.jp/bungei/15107/ ★今野真二『日本語の教養100』河出新書 https://amzn.to/3y7J1Bb
23:23
May 14, 2021
人文的、あまりに人文的 #062 注目の新刊/『サイエンス5000年史』『西暦一〇〇〇年』『中世ヨーロッパ』『日本近現代建築の歴史』『新しい手洗いのために』『「三代目」スタディーズ』ほか
★メアリー・クルーズ『サイエンス5000年史』有賀暢迪監訳、ネルソン・サトコ訳、ニュートンプレス、2021 https://amzn.to/3txdEg0 ★ヴァレリー・ハンセン『西暦一〇〇〇年 グローバリゼーションの誕生』赤根洋子訳、文藝春秋、2021 https://amzn.to/2R1vtX1 ★ウィンストン・ブラック『中世ヨーロッパ――ファクトとフィクション』大貫俊夫監訳、平凡社、2021 https://amzn.to/33koICr ★日埜直彦『日本近現代建築の歴史――明治維新から現代まで』講談社選書メチエ、2021 https://amzn.to/3b8yFXH ★TOLTA『新しい手洗いのために』素粒社、2021 https://amzn.to/3erO8EE ★鈴木洋仁『「三代目」スタディーズ――世代と系図から読む近代日本』青土社、2021 https://amzn.to/3nWuqUv ★「売り家と唐様で書く三代目」 https://kotobank.jp/word/%E5%A3%B2%E3%82%8A%E5%AE%B6%E3%81%A8%E5%94%90%E6%A7%98%E3%81%A7%E6%9B%B8%E3%81%8F%E4%B8%89%E4%BB%A3%E7%9B%AE-442024 ★三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE https://amzn.to/3vFpoOS
26:56
May 07, 2021
人文的、あまりに人文的 #061 リクエスト企画 人生相談「挫折経験はありますか?」
★松本大洋『ピンポン』小学館 https://amzn.to/2RcJSj7 ★松本大洋『ZERO』小学館 https://amzn.to/338dQXX ★松本大洋『花男』小学館 https://amzn.to/3u5AfB7 ★ニールス・ボーア https://amzn.to/3xz1O8f ★「千の風になって」 https://youtu.be/yqzCwcL9xDc
37:47
April 30, 2021
人文的、あまりに人文的 #060 注目の新刊/『情報の歴史21』『実力も運のうち』『フランス・バカロレア式 書く!哲学入門』『コンピューティング史』『三体問題』『「趣味に生きる」の文化論』ほか
★松岡正剛監修、編集工学研究所&イシス編集学校構成『情報の歴史21――象形文字から仮想現実まで』編集工学研究所、2021 https://amzn.to/3sMfERa ★山本貴光『マルジナリアでつかまえて――書かずば読めぬの巻』本の雑誌社、2020 https://amzn.to/3sEUR1L ★マイケル・サンデル『実力も運のうち――能力主義は正義か?』鬼澤忍訳、本田由紀解説、早川書房、2021 https://amzn.to/3nhHJi4 ★吉川浩満『理不尽な進化――遺伝子と運のあいだ 増補新版』ちくま文庫、2021 https://amzn.to/3baCzA3 ★曽我千亜紀、松井貴英、三浦隆宏、吉田寛『フランス・バカロレア式 書く! 哲学入門』ナカニシヤ出版、2021 https://amzn.to/2PcqqlV ★Martin Campbell-Kellyほか4名『コンピューティング史――人間は情報をいかに取り扱ってきたか』杉本舞監訳、共立出版、2021 https://amzn.to/3sDDXRa ★共立出版 - Twitter https://twitter.com/kyoritsu_pub ★共立出版 アリがと蟻 - Twitter https://twitter.com/1738310 ★杉本舞『「人工知能」前夜――コンピュータと脳は似ているか』青土社、2018 https://amzn.to/3xj8hUO ★浅田秀樹『三体問題――天才たちを悩ませた400年の未解決問題』ブルーバックス、2021 https://amzn.to/3tCazfg ★劉慈欣『三体』I-III、大森望ほか訳、早川書房、2019ー2021 https://amzn.to/3dHgrOE ★宮入恭平、杉山昂平編『「趣味に生きる」の文化論――シリアスレジャーから考える』ナカニシヤ出版、2021 https://amzn.to/2PhksQM ★golf widow(ゴルフ未亡人) https://amzn.to/3el8HkB ★ロバート・ステビンス(1938- ) https://en.wikipedia.org/wiki/Robert_Stebbins_(academic)
35:39
April 23, 2021
人文的、あまりに人文的 #059 活動報告 2021年4月/東京工業大学移籍、『理不尽な進化 増補新版』刊行
★東京工業大学 https://www.titech.ac.jp/ ★東京工業大学 リベラルアーツ研究教育院 https://educ.titech.ac.jp/ila/ ★江藤淳 https://amzn.to/2Rxeb4a ★橋爪大三郎 https://amzn.to/3dfNZ6i ★國分功一郎 https://amzn.to/2OKJ2ZR ★上田紀行 https://amzn.to/3acfvQe ★池上彰 https://amzn.to/2OQiOW2 ★隠岐さや香 https://amzn.to/3dW4XpA ★吉川浩満『理不尽な進化――遺伝子と運のあいだ 増補新版』ちくま文庫、2021/4/12 https://amzn.to/3baCzA3 ★アベンジャーズ https://amzn.to/3uFY7eG ★大西巨人『神聖喜劇』 https://amzn.to/2OKJlUv ★鈴木成一デザイン室 https://amzn.to/3uMR4AT ★養老孟司 https://amzn.to/3djX9Pu
23:27
April 16, 2021
人文的、あまりに人文的 番外篇【新刊開封】吉川浩満『理不尽な進化──遺伝子と運のあいだ 増補新版』【ちくま文庫】
2021年4月12日発売! 吉川浩満『理不尽な進化──遺伝子と運のあいだ 増補新版』ちくま文庫 https://amzn.to/2OfDINJ 著者が新刊見本を開封する(だけの)。プロデューサーは筑摩書房の永田士郎さん、撮影は文筆家の平山亜佐子さん。 
01:33
April 14, 2021
人文的、あまりに人文的 #058 リクエスト企画 哲学の話(1)出会い
★ヘロドトス『歴史』上中下、岩波文庫 https://amzn.to/3fKQaAJ ★プラトン https://amzn.to/3cWYA6k ★山本貴光、吉川浩満『人文的、あまりに人文的──古代ローマからマルチバースまでブックガイド20講+α』本の雑誌社 https://amzn.to/38pd6Bu ★スティーヴン・キング https://amzn.to/3dExK1K ★本多勝一 https://amzn.to/39Q4SCv ★本多勝一『殺す側の論理』朝日文庫 https://amzn.to/3uxBcSv ★プラトン『国家』上下、岩波文庫 https://amzn.to/3dIgFE6 ★慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)総合政策学部・環境情報学部 https://www.sfc.keio.ac.jp/ ★エドワード・サイード『オリエンタリズム』上下、平凡社ライブラリー https://amzn.to/2RffK6E ★ジル・ドゥルーズ、フェリックス・ガタリ『アンチ・オイディプス――資本主義と分裂症』上下、河出文庫 https://amzn.to/3rUchqQ ★ヴァルター・ベンヤミン https://amzn.to/3rUOAhZ ★養老孟司『唯脳論』ちくま学芸文庫 https://amzn.to/3wuv13L ★デカルト『方法序説』岩波文庫 https://amzn.to/3s5h0Gl ★ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン https://amzn.to/3cVVkYP ★赤木昭夫先生 https://amzn.to/3fL2JvO ★『ジル・ドゥルーズの「アベセデール」』 https://amzn.to/3dLawqZ ★マルティン・ハイデガー https://amzn.to/3dJ0lTt ★アリストテレス https://amzn.to/3wyGSgW ★レイ・モンク『ウィトゲンシュタイン――天才の責務』1・2、みすず書房 https://amzn.to/3rXZsvF
35:47
April 09, 2021
人文的、あまりに人文的 #057 注目の新刊/『液体』『大図鑑コードの秘密』『目的に合わない進化』『チャールズ・バーニー音楽見聞録』『社会倫理学講義』『はじめての動物倫理学』『ディケンズ全集』ほか
★マーク・ミーオドヴニク『Liquid 液体――この素晴らしく、不思議で、危ないもの』松井信彦訳、インターシフト、2021 https://amzn.to/2PPskJ0 ★マーク・ミーオドヴニク『人類を変えた素晴らしき10の材料――その内なる宇宙を探険する』松井信彦訳、インターシフト、2015 https://amzn.to/39AGWTs ★ポール・ルンダ編『大図鑑コードの秘密――世界に隠されたメッセージを読み解く』浜口稔訳、明石書店、2021 https://amzn.to/3sJlnYD ★アダム・ハート『目的に合わない進化――進化と心身のミスマッチはなぜ起きる』上下、柴田譲治訳、原書房、2021 https://amzn.to/31CLGnv ★『チャールズ・バーニー音楽見聞録〈ドイツ篇〉』小宮正安訳、春秋社、2020/『チャールズ・バーニー音楽見聞録〈イタリア・フランス篇〉』今井民子、森田義之訳、春秋社、2021 https://amzn.to/3fzz2xN ★稲葉振一郎『社会倫理学講義』有斐閣、2021 https://amzn.to/39zPeLz ★田上孝一『はじめての動物倫理学』集英社新書、2021 https://amzn.to/3sM18cC ★『ディケンズ全集 書簡集I 1820-1839』田辺洋子訳、萌書房、2021 https://amzn.to/3ughOcN
24:22
April 02, 2021
人文的、あまりに人文的 #056 活動報告/「マルジナリアでつかまえて」『クラシック名曲「酷評」事典』「仁義なきフランス現代思想」「非哲学者による非哲学者のための(非)哲学の講義」、クラブハウスほか
★山本貴光「マルジナリアでつかまえて/すべては官能のために」、『本の雑誌』2021年4月号、本の雑誌社 https://amzn.to/3tSYH8i ★山本貴光「音楽には愛を、罵倒にも芸を」(解説)、ニコラス・スロニムスキー編『クラシック名曲「酷評」事典』上下、藤村奈緒美訳、ヤマハミュージックメディア、2021/3 https://amzn.to/3fbYKZ1 ★石田英敬、高橋啓、吉川浩満(司会)「仁義なきフランス現代思想──『言語の七番目の機能』刊行記念」ゲンロンカフェ、2021/3/26 https://genron-cafe.jp/event/20210326/ ★吉川浩満「丸山真男『日本の思想』を読む」猫町倶楽部、2021/4/4 https://nekomachi-club.com/events/9ebd2f041f6c ★酒井泰斗、吉川浩満「非哲学者による非哲学者のための(非)哲学の講義」朝日カルチャーセンター新宿教室、2021/4/28, 5/26, 6/23 https://www.asahiculture.jp/course/shinjuku/4a8f1d9d-3500-5d34-4fed-5ffd0acc9d3c ★吉川浩満「丸山真男『日本の思想』を読む」猫町倶楽部、2021/4/4 https://nekomachi-club.com/events/9ebd2f041f6c ★平山亜佐子、吉川浩満「謎の体験を語る倶楽部 あれはなんだったんだろう」クラブハウス(火・金 23:00~) https://www.joinclubhouse.com/club/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%82%92%E8%AA%9E%E3%82%8B%E5%80%B6%E6%A5%BD%E9%83%A8%E3%81%82%E3%82%8C%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%93%E3%81%A0 ★吉川浩満「きょう届いた本」クラブハウス(ほぼ毎日 22:00~) https://www.joinclubhouse.com/club/%E3%81%8D%E3%82%87%E3%81%86%E5%B1%8A%E3%81%84%E3%81%9F%E6%9C%AC
23:51
March 26, 2021
人文的、あまりに人文的 #055 リクエスト企画 人生相談「子どもが古典の差別表現に疑問を抱いたとき大人はどう助言すればよいか?」
★デフォー『10歳までに読みたい世界名作18 ロビンソン・クルーソー』横山洋子監修、芝田勝茂編訳、学研プラス、2015 https://amzn.to/3eSfRyW ★デフォー『ロビンソン・クルーソー』岩波文庫ほか https://amzn.to/3rYby8X ★ラス・カサス『インディアスの破壊についての簡潔な報告』染田秀藤訳、岩波文庫、2013 https://amzn.to/3cIvR3I ★ミシェル・トゥルニエ『フライデーあるいは太平洋の冥界』河出書房新社ほか https://amzn.to/3cNYg8F ★よしながふみ『大奥』白泉社 https://amzn.to/2OAkV05 ★カレル・チャペック『ロボット(R.U.R.)』千野栄一訳、岩波文庫、2003 https://amzn.to/2OMmrw7 ★カント『啓蒙とは何か』岩波文庫ほか https://amzn.to/3qW4tUT
32:14
March 19, 2021
人文的、あまりに人文的 #054 注目の新刊/『人生談義』『自由に生きるための知性とはなにか?』『新・大学生物学の教科書』『脳はこうして学ぶ』『羊皮紙のすべて』『政治活動入門』ほか
★エピクテトス『人生談義』上下、國方栄二訳、岩波文庫、2020-2021 https://amzn.to/2Okrl3c ★山本貴光、吉川浩満『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。──古代ローマの大賢人の教え』筑摩書房、2020 https://amzn.to/314ctK0 (tetsugekiyt-22) ★瀧本和成、山本貴光、吉川浩満「SERIESリベラルアーツ:自由に生きるための知性とはなにか [Session 04] その相談、あの本なら、こう言うね。F/哲学の劇場」立命館大学教養教育センター、2021/3/8 http://www.ritsumei.ac.jp/liberalarts/news/article.html/?id=20 ★熊谷晋一郎、上田紀行、隠岐さや香、山下範久、松原洋子(モデレーター)ほか『立命館創始150年・学園創立120周年記念シンポジウム 自由に生きるための知性とはなにか?』立命館大学教養教育センター、2021 http://www.ritsumei.ac.jp/liberalarts/news/article.html/?id=22 ★D・サダヴァほか『カラー図解 アメリカ版 新・大学生物学の教科書 第1巻 細胞生物学』石崎泰樹、中村千春監訳、小松佳代子訳、ブルーバックス、2021 https://amzn.to/3eqkDmL ★『キャンベル生物学 原書11版』池内昌彦、伊藤元己、箸本春樹、道上達男監訳、丸善出版、2018 https://amzn.to/2OkFMnS ★Life: The Science of Biology, 12th Edition, WH Freeman, 2020 https://amzn.to/3rFJgQf ★スタニスラス・ドゥアンヌ『脳はこうして学ぶ――学習の神経科学と教育の未来』松浦俊輔訳、森北出版、2021 https://amzn.to/2OFFh7R ★アラン・チューリング「知能機械」『コンピュータ理論の起源 第1巻 チューリング』伊藤和行編、佐野勝彦、杉本舞訳、解説、近代科学社、2014 https://amzn.to/38tONlz ★八木健治『羊皮紙のすべて』青土社、2021 https://amzn.to/3rBjNHP ★外山恒一著、makomoイラスト『政治活動入門』百万年書房、2021 https://amzn.to/3bCAtsA ★ジョエル ・ベスト『社会問題とは何か――なぜ、どのように生じ、なくなるのか?』赤川学監訳、筑摩選書、2020 https://amzn.to/38LALMj ★外山恒一「東京都知事選挙 政見放送」2007 https://youtu.be/B0Qa9-KiRUo ★外山恒一『改訂版 全共闘以後』イースト・プレス、2018 https://amzn.to/30v18l1 ★絓秀実『増補 革命的な、あまりに革命的な』ちくま学芸文庫、2018 https://amzn.to/3bC4cC9
32:22
March 12, 2021
人文的、あまりに人文的 #053 リクエスト企画 人生相談「大学に行くべきでしょうか?」
★好き/嫌い、得意/苦手の四象限 http://logico-philosophicus.net/?attachment_id=80 ★返さなくていい奨学金って?|進路ナビ https://shinronavi.com/newcolumn/scholarship/01 ★返さなくていい給付型奨学金をくれる団体|奨学金.Net https://xn--kus49bd41h.net/archives/67540341.html ★レイモンド・チャンドラー https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BC ★澤宮優著、平野恵理子イラスト『イラストで見る昭和の消えた仕事図鑑』角川ソフィア文庫、2021 https://amzn.to/3e7rPUF
28:26
March 05, 2021
人文的、あまりに人文的 #052 活動報告(2021年2~3月)/『文藝別冊』ヴァン・ヘイレン号、『週刊文春』連載、『数学セミナー』連載完結、『本の雑誌』連載、『群像』第三の新人論、シブヤ大学「大人のリベラルアーツ」ほか
★吉川浩満「ヴァン・ヘイレンと私」、『文藝別冊 ヴァン・ヘイレン──革命を起こしたギター・ヒーローと時代に愛されたスーパー・バンド』河出書房新社、2021/2 https://amzn.to/3kx5xx2 ★吉川浩満「部室とメイデンと私」、『文藝別冊 アイアン・メイデン──悠久のヘヴィ・メタル叙事詩』河出書房新社、2016/4 https://amzn.to/3dKeWzS ★吉川浩満「部室に到来する神について」、『文藝別冊 マイケル・シェンカー 神、降臨――永遠のフライング・アロウ』河出書房新社、2018/8 https://amzn.to/2ZRAulY ★鷹野凌、吉川浩満「HON.jpブロードキャスティング #30」HON.jp、2021/3/8 https://honjp-broadcasting-30.peatix.com/ ★山本貴光「マルジナリアでつかまえて/抵抗のマルジナリア」、『本の雑誌』2021年3月号、本の雑誌社 https://amzn.to/2NFnHk6 ★宮武外骨 https://amzn.to/3bV5yHh ★山本貴光「これが示したいことだった/巨人の肩から見渡す」、『数学セミナー』2021年3月号、日本評論社 https://amzn.to/3q0gI25 ★山本貴光「日常の再発見に向けて――「第三の新人」を読むために」、『群像』2021年3月号、講談社 https://amzn.to/3dMSyG1 ★山本貴光「2.5次元的な造形美。」、『BRUTUS』2021年3月1日号、マガジンハウス https://amzn.to/3bH2A8R ★山本貴光、吉川浩満「大人のリベラルアーツ」全3回、シブヤ大学、2021/2/24、3/29、4/27 https://www.shibuya-univ.net/classes/detail/1550/ ★瀧本和成、山本貴光、吉川浩満「その相談、あの本なら、こう言うね。F/哲学の劇場」立命館大学教養教育センター、2021/3/7 http://www.ritsumei.ac.jp/liberalarts/news/article.html/?id=20
22:07
February 26, 2021
人文的、あまりに人文的 #051 注目の新刊/『しっかり学ぶ初級古典ギリシャ語』『学名の秘密』『1つの定理を証明する99の方法』『パラリンピックブレイン』『戦前尖端語辞典』『悪魔が憐れむ歌』ほか
★堀川宏『しっかり学ぶ初級古典ギリシャ語 文法と練習問題』ベレ出版、2021 https://amzn.to/2ZtzBQc ★山下太郎『しっかり学ぶ初級ラテン語 文法と練習問題』ベレ出版、2013 https://amzn.to/3pteF6r ★山下太郎(Twitter) https://twitter.com/taroyam ★スティーヴン・B・ハード『学名の秘密――生き物はどのように名付けられるか』上京恵訳、原書房、2021 https://amzn.to/3jZ8zK4 ★三中信宏、山本貴光、吉川浩満「知はいかに体系化されるか?――『系統体系学の世界』『統計思考の世界』刊行記念イベント」ゲンロンカフェ、2018/7/20 https://genron-cafe.jp/event/20180720/ ★フィリップ・オーディング『1つの定理を証明する99の方法』冨永星訳、森北出版、2021 https://amzn.to/3jZuYa1 ★レーモン・クノー『文体練習』朝比奈弘治訳、朝日出版社、1996 https://amzn.to/3biPAWL ★中澤公孝『パラリンピックブレイン』東京大学出版会、2021/2/15 https://amzn.to/3ds1uQX ★マルクス・ガブリエル『「私」は脳ではない――21世紀のための精神の哲学』姫田多佳子訳、講談社選書メチエ、2019/9/12 https://amzn.to/3u2vvg2 ★平山亜佐子編著、山田参助絵・漫画『戦前尖端語辞典』左右社、2021 https://amzn.to/3dnuIQR ★山田参助『あれよ星屑』1-7、KADOKAWA https://amzn.to/3u6FReR ★平山亜佐子『20世紀破天荒セレブ――ありえないほど楽しい女の人生カタログ』国書刊行会、2008 https://amzn.to/2Zrbrpx ★平山亜佐子『明治 大正 昭和 不良少女伝――莫連女と少女ギャング団』河出書房新社、2009 https://amzn.to/3axmSCF ★キャンセルカルチャー https://www.google.com/search?q=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC&rlz=1C1EJFC_enJP912JP912&oq=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC&aqs=chrome..69i57j0l7.1397j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8 ★高橋ヨシキ『悪魔が憐れむ歌――暗黒映画入門』ちくま文庫、2021 https://amzn.to/3bfxc1c ★『カリギュラ』 https://amzn.to/3bkmK8w ★『デス・レース2000年』 https://amzn.to/3u9dexK ★『ヘルレイザー』 https://amzn.to/37mM9xq ★『ファイト・クラブ』 https://amzn.to/3s54JSt ★『アポカリプト』 https://amzn.to/2N76jod ★『サウスパーク』 https://amzn.to/3azSrfb ★『ランボー 最後の戦場』 https://amzn.to/2NhUUSj
27:47
February 19, 2021
人文的、あまりに人文的 #050 リクエスト企画 本をたくさん読む方法(4)──付録:コメントへのお返事
★人文的、あまりに人文的 #047 リクエスト企画 本をたくさん読む方法(1)──「どうしてそんなにたくさん本を読めるのですか?」という問いそのものについて https://youtu.be/ticd3P6j1lg ★人文的、あまりに人文的 #048 リクエスト企画 本をたくさん読む方法(2)──読書環境の整備について https://youtu.be/D7c1Xv68-IA ★人文的、あまりに人文的 #049 リクエスト企画 本をたくさん読む方法(3)──実際にたくさん/はやく読む https://youtu.be/eQDtGZ4iQvI ★廣松渉(1933-1994) https://amzn.to/370QRAN ★フェルナンド・ペソア(1888-1935) https://amzn.to/3tMxTaA ★ジル・ドゥルーズ『記号と事件──1972‐1990年の対話』宮林寛訳、河出文庫、2007 https://amzn.to/2LHaZAq ★トマス・ネーゲル『コウモリであるとはどのようなことか』永井均訳、勁草書房、1989 https://amzn.to/3a5DnFv ★トマス・ネーゲル『哲学ってどんなこと?──とっても短い哲学入門』岡本裕一朗、若松良樹訳、昭和堂、1993 https://amzn.to/3p3B8XP ★池内紀編訳『カフカ短編集』岩波文庫 https://amzn.to/3p7CsJ2 ★池内紀編訳『カフカ寓話集』岩波文庫 https://amzn.to/3qa0Mv9 ★尾崎翠『第七官界彷徨』岩波文庫ほか https://amzn.to/2MK2rtb ★幸田文『みそっかす』岩波文庫 https://amzn.to/3tKQ6W3 ★夏目漱石『こころ』岩波文庫ほか https://amzn.to/3tIeQy9 ★太宰治(1909ー1948) https://amzn.to/3aRa5Ka ★カーソン・マッカラーズ『心は孤独な狩人』村上春樹訳、文藝春秋、2020 https://amzn.to/2MTtGBh ★ジェイン・オースティン(1775-1817) https://amzn.to/3cU1EAq ★アルチュール・ランボー(1854-1891) https://amzn.to/3a5JGZH ★「ヨハネの黙示録」(『聖書』) https://amzn.to/3a59dSS ★ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』光文社古典新訳文庫ほか https://amzn.to/3aY3Y70 ★リチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子』紀伊國屋書店 https://amzn.to/3jzYK5b ★『ソクラテス以前哲学者断片集』第1-5分冊+別冊、岩波書店 https://amzn.to/3jJa2nO ★Diels, Hermann and Walther Kranz eds., Die Fragmente der Vorsokratiker, Griechisch und deutsch, Weidmann, 1951-1952 https://amzn.to/3tMkek0 ★『ウォーキング・デッド』(2010- ) https://amzn.to/2Z3LA6V
40:22
February 12, 2021
人文的、あまりに人文的 #049 リクエスト企画 本をたくさん読む方法(3)──実際にたくさん/はやく読む
★『ゴッドファーザー PART III』(1990) https://amzn.to/36GRcrU ★ピエール・バイヤール『読んでいない本について堂々と語る方法』大浦康介訳、ちくま学芸文庫、2016 https://amzn.to/2MtTkwr ★メンタリストDaiGo『知識を操る超読書術』かんき出版、2019 https://amzn.to/36wq7rh ★マドレーヌ効果/プルースト効果 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6 ★J・モーティマー・アドラー 、V・チャールズ・ドーレン『本を読む本』外山滋比古、槇未知子訳、講談社学術文庫、1997 https://amzn.to/3jb3ePs ★山本貴光「『本を読む本』を原書で読んでみる/なぜ原書で読むのか」、『手のひら2』本の雑誌社、2020 https://amzn.to/2KpY05B ★Mortimer J. Adler and Charles Van Doren, How to Read a Book, Simon and Schuster, 1972 https://amzn.to/3pJPCNG ★『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』(1983) https://amzn.to/36zphu7
32:59
February 05, 2021
人文的、あまりに人文的 #048 リクエスト企画 本をたくさん読む方法(2)──読書環境の整備について
★トルストイ『アンナ・カレーニナ』光文社古典新訳文庫ほか https://amzn.to/2Yka0J8 ★高橋潤二郎(1936-2013) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E6%BD%A4%E4%BA%8C%E9%83%8E ★山本貴光『マルジナリアでつかまえて 書かずば読めぬの巻』本の雑誌社、2020 https://amzn.to/36iOKaQ ★ぺんてる タフ0.9 https://amzn.to/2xMK6UD ★ポストイット 44x6mm(3M) https://amzn.to/3r4i795 ★井筒俊彦(1914-1993) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E7%AD%92%E4%BF%8A%E5%BD%A6 ★二宮金治郎/尊徳(1787-1856) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%AE%AE%E5%B0%8A%E5%BE%B3 ★國分功一郎、熊谷晋一郎『〈責任〉の生成──中動態と当事者研究』新曜社、2020 https://amzn.to/3qXyZy6 ★山本貴光、吉川浩満『人文的、あまりに人文的──古代ローマからマルチバースまでブックガイド20講+α』本の雑誌社、2021 https://amzn.to/38pd6Bu ★人文的、あまりに人文的な、(1日)書店長 日時:2021年1月30日(土)15時〜18時 無料/予約不要 場所:マルジナリア書店byよはく舎(東京都府中市) https://twitter.com/marginaliaBS/status/1354731491029184512
56:00
January 29, 2021
人文的、あまりに人文的 #047 リクエスト企画 本をたくさん読む方法(1)
★トルストイ『戦争と平和』岩波文庫ほか https://amzn.to/3bSgK8V ★ドビュッシー(1862-1918) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%BC ★豊﨑由美×山本貴光「第69回 読んでいいとも! ガイブンの輪」B&B、2021/2/14 http://bookandbeer.com/event/20210214a/ ★山本貴光、吉川浩満『人文的、あまりに人文的──古代ローマからマルチバースまでブックガイド20講+α』本の雑誌社、2021 https://amzn.to/38pd6Bu (アマゾン) https://honnozasshi.stores.jp/items/5fefe58edf51595cbb3cae65 (サイン本)
27:25
January 22, 2021
人文的、あまりに人文的 #046 注目の新刊/『WAYFINDING 道を見つける力』『名著から学ぶ創作入門』『メンター・チェーン』『白い骨片』『計算できるもの、計算できないもの』『世界ことわざ比較辞典』『幕末明治翻訳書事典』『野の古典』ほか
★M・R・オコナー『WAYFINDING 道を見つける力――人類はナビゲーションで進化した』梅田智世訳、インターシフト、2021 https://amzn.to/38HhNXw ★キャシー・オニール『あなたを支配し、社会を破壊する、AI・ビッグデータの罠 』久保尚子訳、インターシフト、2018 https://amzn.to/3nHH8oa ★ リアム・ドリュー『わたしは哺乳類です――母乳から知能まで、進化の鍵はなにか』梅田智世訳、インターシフト、2019 https://amzn.to/2XyKnE5 ★吉行淳之介、日本ペンクラブ編『文章読本』中公文庫、2020 https://amzn.to/37NQzOw ★ロイ・ピーター・クラーク『名著から学ぶ創作入門――優れた文章を書きたいなら、まずは「愛しきものを殺せ! 」』越前敏弥、国弘喜美代訳、フィルムアート社、2020 https://amzn.to/3oC4UDs ★ロバート・カニーゲル『メンター・チェーン――ノーベル賞科学社の師弟の絆』熊倉鴻之助訳、工作舎、2020 https://amzn.to/3nBELn7 ★クリストフ・コニェ『白い骨片――ナチ収容所囚人の隠し撮り』宇京賴三訳、白水社、2021 https://amzn.to/39rhHlL ★カルロ・ギンズブルグ『ミクロストリアと世界史――歴史家の仕事について』上村忠男編訳、みすず書房、2016 https://amzn.to/38CTj1w ★John MacCormick『計算できるもの、計算できないもの――実践的なアプローチによる計算理論入門』松崎公紀監修、長尾高弘訳、オライリー・ジャパン、2020 https://amzn.to/3illV2F ★ジャック・デリダ『法の力 新装版』堅田研一訳、法政大学出版局、2011 https://amzn.to/3i9kiEY ★時田昌瑞、山口政信監修、日本ことわざ文化学会編『世界ことわざ比較辞典』岩波書店、2020 https://amzn.to/35AfTFY ★川戸道昭『幕末明治翻訳書事典 文学・伝記・外国語リーダー篇 第一巻 江戸期~明治19年』国書刊行会、2020 https://amzn.to/38HDmap ★安田登『野の古典』紀伊國屋書店、2021 https://amzn.to/38BXNFv ★安田登、山本貴光(聞き手)「普段使いのための古典講義――『野の古典』刊行記念」ゲンロンカフェ、2021/1/13 https://genron-cafe.jp/event/20210113/ ★吉川浩満「哲学の門前18 山本貴光くんのこと(2)」、『scripta』2021年冬号、紀伊國屋書店、2021/1 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0940846 ★ミシェル・ビュトール『レペルトワールI』 石橋正孝監訳、鈴木創士、三ツ堀広一郎、福田桃子訳、幻戯書房、2020 https://amzn.to/3qbPfLm ★ミシェル・ビュトール 『心変わり』清水徹訳、岩波文庫、2005 https://amzn.to/3ql7QEP ★石井洋二郎編『21世紀のリベラルアーツ』水声社、2020 https://amzn.to/39rkQSE ★藤垣裕子責任編集『科学技術社会論の挑戦』1-3、東京大学出版会、2020 https://amzn.to/2LQovkE ★セオドア・M・ポーター『数値と客観性――科学と社会における信頼の獲得』藤垣裕子訳、みすず書房、2013 https://amzn.to/3ibPxz2 ★隠岐さや香『科学アカデミーと「有用な科学」――フォントネルの夢からコンドルセのユートピアへ』名古屋大学出版会、2011 https://amzn.to/3shve8l ★隠岐さや香『文系と理系はなぜ分かれたのか』星海社新書、2018 https://amzn.to/39x2uzw
31:06
January 15, 2021
人文的、あまりに人文的 #045 近刊&イベント情報/書籍版『人文的、あまりに人文的』、ゲンロンカフェ「魅惑の書物変身術──『マルジナリアでつかまえて』刊行記念」ほか
★山本貴光、吉川浩満『人文的、あまりに人文的──古代ローマからマルチバースまでブックガイド20講+α』本の雑誌社、2021/1/21発売予定 https://amzn.to/3hQCh2N (アマゾン) 下記公式サイトで予約するとサイン本が届きます https://honnozasshi.stores.jp/items/5fefe58edf51595cbb3cae65 ★アリヤマデザインストア https://www.bird-graphics.com/?tag=%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2 ★ワタナベケンイチ http://www.ken-1.com/ ★アンナ・グリゴーリエヴナ・ドストエフスカヤ『回想のドストエフスキー』1・2、松下裕訳、みすず書房、1999 https://amzn.to/2LcRjE5 ★山本貴光、仲俣暁生「魅惑の書物変身術──『マルジナリアでつかまえて』刊行記念」ゲンロンカフェ、2021/1/6 https://genron-cafe.jp/event/20210106/ ★山本貴光『マルジナリアでつかまえて 書かずば読めぬの巻』本の雑誌社、2020 https://amzn.to/39chYJl ★石田英敬、高橋啓(司会=吉川浩満)「仁義なきフランス現代思想──『言語の七番目の機能』刊行記念」ゲンロンカフェ、2021/1/15 https://genron-cafe.jp/event/20210115/ ★ローラン・ビネ『言語の七番目の機能』高橋啓訳、東京創元社、2020 https://amzn.to/2Lvk6Dz ★斎藤哲也、山本貴光、吉川浩満「「人文的、あまりに人文的」な、2020年人文書めった斬り!」、ゲンロンカフェ、2020/12/23 https://genron-cafe.jp/event/20201223/
12:53
January 08, 2021
人文的、あまりに人文的 #044 活動報告/回顧と展望2020-2021/年末年始のオススメ本
★山本貴光「マルジナリアでつかまえて/匂いたつ武士の印刷」、『本の雑誌』2021年1月号、本の雑誌社 https://amzn.to/37JG0fc ★山本貴光「これが示したいことだった/異言語で数学を」、『数学セミナー』2021年1月号、日本評論社 https://amzn.to/2KztFBw ★山本貴光「学術系文庫の一年」、『おすすめ文庫王国2021』、本の雑誌社 https://amzn.to/38DcSFw ★山本貴光「『本を読む本』を原書で読んでみる/なぜ原書で読むのか」、『手のひら2』、本の雑誌社 https://amzn.to/2KpY05B ★アドラー、ドーレン『本を読む本』外山滋比古、槇未知子訳、講談社学術文庫、1997 https://amzn.to/3mOZZgT ★『週刊読書人』2020年12月11日号 https://dokushojin.stores.jp/items/5fd0464ab00aa31e2ce6cdfd ★『図書新聞』2020年12月19日号 http://toshoshimbun.blog96.fc2.com/blog-entry-587.html ★吉川浩満「私の読書日記|言語、東大、ゲーム理論」、『週刊文春』2020年12月17日号、文藝春秋 https://amzn.to/3hic3WT ★吉川浩満「生きるとは生きつづけること――ルート・クリューガー追悼」、『群像』2021年1月号、講談社 https://amzn.to/3hfLl0M ★ルート・クリューガー『生きつづける――ホロコーストの記憶を問う』鈴木仁子訳、みすず書房、1997 https://amzn.to/3nQx1hP ★吉川浩満「解説」、島田雅彦『カタストロフ・マニア』新潮文庫、020/12 https://amzn.to/3mS4R4B ★斎藤哲也、山本貴光、吉川浩満「「人文的、あまりに人文的」な、2020年人文書めった斬り!」、ゲンロンカフェ、2020/12/23 https://genron-cafe.jp/event/20201223/ ★立命館大学大学院 先端総合学術研究科 https://www.r-gscefs.jp/ ★山本貴光、吉川浩満『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。――古代ローマの大賢人の教え』筑摩書房、2020 https://amzn.to/34KTFAC ★山本貴光『マルジナリアでつかまえて 書かずば読めぬの巻』本の雑誌社、2020 https://amzn.to/2KRQ0tO ★山本貴光『記憶のデザイン』筑摩選書、2020 https://amzn.to/3hguzPf ★ジャン=フランソワ・ミレー「種まく人」 https://artsandculture.google.com/asset/the-sower/LgE5YAcQ5OqmZA?hl=ja ★読書猿『独学大全――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』ダイヤモンド社、2020 https://amzn.to/3mNsiMw ★戸田山和久『教養の書』筑摩書房、2020 https://amzn.to/3rlMYPc ★植原亮『思考力改善ドリル――批判的思考から科学的思考へ』勁草書房、2020 https://amzn.to/3rtGhdR ★東浩紀『ゲンロン戦記――「知の観客」をつくる』中公新書ラクレ、2020 https://amzn.to/3nJhOPD ★吉行淳之介、日本ペンクラブ編『文章読本』中公文庫、2020 https://amzn.to/37NQzOw ★南陀楼綾繁、書物蔵、鈴木潤、林哲夫、正木香子『本のリストの本』、創元社、2020 https://amzn.to/2WLm9WM ★寺尾隆吉『100人の作家で知るラテンアメリカ文学ガイドブック』勉誠出版、2020 https://amzn.to/3nQifrg ★波田野節子、斎藤真理子、きむふな編著『エリア・スタディーズ182 韓国文学を旅する60章』明石書店、2020 https://amzn.to/37MKZvs
35:55
December 25, 2020
人文的、あまりに人文的 #043 リクエスト企画 受験生へのアドバイス(?)
★ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』野矢茂樹訳、岩波文庫、2003 https://amzn.to/38gbbhi ★Q(007/ジェームズ・ボンド) https://en.wikipedia.org/wiki/Q_(James_Bond) ★読書猿『独学大全』ダイヤモンド社、2020 https://amzn.to/37uisuM
31:46
December 25, 2020
人文的、あまりに人文的 #042 注目の新刊 2020年12月号
★倉本さおり「書評系叩き売りラジオ Banana」|TBSラジオ「文化系トークラジオ Life」 https://www.tbsradio.jp/tag/kuramoto-banana/ ★ファン・ゴッホ美術館編『ファン・ゴッホの手紙I・II』圀府寺司訳、新潮社、2020 https://amzn.to/340k2lU ★二見史郎編訳『ファン・ゴッホの手紙 新装版』圀府寺司訳、みすず書房、2017 https://amzn.to/2WcJNLD ★アーネスト・カーツ『アルコホーリクス・アノニマスの歴史――酒を手ばなした人びとをむすぶ』 葛西賢太、岡崎直人、菅仁美訳、明石書店、2020 https://amzn.to/37S6ABA ★山本貴光、吉川浩満『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。──古代ローマの大賢人の教え』筑摩書房、2020 https://amzn.to/314ctK0 ★ニーバーの祈り https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%A5%88%E3%82%8A ★タラ・ウェストーバー『エデュケーション――大学は私の人生を変えた』村井理子訳、早川書房、2020 https://amzn.to/3qTjdVU ★ダニエル・オーフリ『患者の話は医師にどう聞こえているかーー診察室のすれちがいを科学する』原井宏明・勝田さよ訳、みすず書房、2020 https://amzn.to/2K5reGe ★木村映里『医療の外れで――看護師のわたしが考えたマイノリティと差別のこと』晶文社、2020 https://amzn.to/39UFWe4 ★石田月美『ウツ婚!!――死にたい私が生き延びるための婚活』晶文社、2020 https://amzn.to/3qLHVqU ★外川浩子『人は見た目!と言うけれど――私の顔で、自分らしく』岩波ジュニア新書、2020 https://amzn.to/39UGCQE ★NPO法人マイフェイス・マイスタイル(MFMS) http://mfms.jp/ ★ヴィルジニー・デパント『キングコング・セオリー』相川千尋訳、柏書房、2020 https://amzn.to/3gv5BLJ ★北原義典『イラストで学ぶ認知科学』講談社、2020 https://amzn.to/3n37RMI ★エマ・タウンゼンド『ダーウィンが愛した犬たち――進化論を支えた陰の主役』渡辺政隆訳、勁草書房、2020 https://amzn.to/341JtmW ★日本数学史学会編『数学史事典』丸善出版、2020 https://amzn.to/3oB8A84 ★藤本和子『ブルースだってただの唄』ちくま文庫、2020 https://amzn.to/37OMnga ★リチャード・ブローティガン『アメリカの鱒釣り』藤本和子訳、新潮文庫、2005 https://amzn.to/3gvr9b3 ★藤本和子『塩を食う女たち――聞書・北米の黒人女性』岩波現代文庫、2018 https://amzn.to/341ucCR ★ヤン・プランパー『感情史の始まり』森田直子監訳、みすず書房、2020 https://amzn.to/33UtqHJ ★東浩紀『ゲンロン戦記――「知の観客」をつくる』中公新書ラクレ、2020 https://amzn.to/3n97gcg ★入江幸男『問答の言語哲学』勁草書房、2020 ★ロビン・ジョージ・コリングウッド『思索への旅――自伝』玉井治訳、未来社、1981 https://amzn.to/2VZuPs1
38:49
December 11, 2020
人文的、あまりに人文的 #041 リクエスト企画 受験の思い出
★桐光学園大学訪問授業シリーズ https://amzn.to/3g5LoMj ★『高校生と考える日本の論点 2020-30 桐光学園大学訪問授業』左右社、2020 https://amzn.to/3lHSR5c ★山本貴光『記憶のデザイン』筑摩選書、2020 https://amzn.to/2Vz0ksX
33:08
December 04, 2020
人文的、あまりに人文的 #040 リクエスト企画 語学とのつきあい方(1)
河出書房新社編『わたしの外国語漂流記――未知なる言葉と格闘した25人の物語』河出書房新社、2020 https://amzn.to/33n5NY6 Deep Purple “Highway Star” https://youtu.be/UAKCR7kQMTQ “Smoke on the Water” https://youtu.be/ikGyZh0VbPQ Sex Pistols “God Save the Queen” https://youtu.be/yqrAPOZxgzU テーブルトーク・ロールプレイングゲーム(TRPG) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AFRPG アテネ・フランセ https://athenee.jp/ 安西徹雄『英文翻訳術』ちくま学芸文庫、1995 https://amzn.to/36acVbO 綿貫陽改訂・著『ロイヤル英文法――徹底例解 改訂新版』旺文社、2000 https://amzn.to/2Ky8q2v 安西徹雄『翻訳英文法――訳し方のルール 新装版』バベルプレス、2008 https://amzn.to/2V7fDJ8 ジェイムズ・エルロイ『ホワイト・ジャズ 新装版』佐々田雅子訳、文春文庫、2014 https://amzn.to/39hUBzv ジャパンナレッジ https://japanknowledge.com/ 『ランダムハウス英和大辞典 第2版』小学館、1993 https://amzn.to/2KA6Gps 『リーダーズ英和辞典 第3版』研究社、2012 『リーダーズ・プラス』研究社、2000 https://amzn.to/2Jk8xyk https://amzn.to/2JgMCrs 南方熊楠(1867-1941) https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%96%B9%E7%86%8A%E6%A5%A0 The I Tatti Renaissance Library, Harvard University Press https://www.hup.harvard.edu/collection.php?cpk=1145 シャーロック・ホームズ https://amzn.to/3lbIpTn 井上雄彦『SLAM DUNK』集英社 https://amzn.to/2V7cM2A Google翻訳 https://translate.google.co.jp/?hl=ja DeepL https://www.deepl.com/translator 「チコちゃんに叱られる!」(NHK) https://www.nhk.jp/p/chicochan/ts/R12Z9955V3/
42:36
November 27, 2020
人文的、あまりに人文的 #039 注目の新刊 2020年11月号(2)/『生き方について哲学は何が言えるか』『パンソフィア』『読解 評論文キーワード 改訂版』『実況・比較西洋建築史講義』『暗殺の幕末維新史』ほか
★バーナド・ウィリアムズ『生き方について哲学は何が言えるか』森際康友、下川潔訳、ちくま学芸文庫、2020 https://amzn.to/35KhYQ4 ★コメニウス『パンソフィア――普遍的な知恵を求めて』太田光一訳、コメニウス・セレクション、東信堂、2020 https://amzn.to/2KpoXpz ★斎藤哲也編『読解 評論文キーワード 改訂版――頻出270語&テーマ理解&読解演習54題』筑摩書房、2020 https://amzn.to/2IQSzv9 ★中谷礼仁『実況・比較西洋建築史講義』インスクリプト、2020 https://amzn.to/3kHiFxW ★中谷礼仁『実況・近代建築史講義』インスクリプト、2020 https://amzn.to/3feydrK ★一坂太郎『暗殺の幕末維新史――桜田門外の変から大久保利通暗殺まで』中公新書、2020 https://amzn.to/3kMemRW ★服部久美子『数学のための英語教本――読むことから始めよう』原田なをみ、David Croydon監修、共立出版、2020 https://amzn.to/2UKzKfK ★木島泰三『自由意志の向こう側――決定論をめぐる哲学史』講談社選書メチエ、2020 https://amzn.to/2UGo6m3 ★ダリアン・リーダー『ハンズ――手の精神史』松本卓也、牧瀬英幹訳、左右社、2020 https://amzn.to/3fezJdw ★ティム・インゴルド『ラインズ ――線の文化史』工藤晋訳、左右社、2014 https://amzn.to/3nGR69O ★レベッカ・ソルニット『ウォークス――歩くことの精神史』東辻賢治郎訳、左右社、 2017 https://amzn.to/3pM6ALK ★伊藤亜紗『手の倫理』講談社選書メチエ、2020 https://amzn.to/3pHfaLE ★ウィリアム・B・アーヴァイン『ストイック・チャレンジ――逆境を「最高の喜び」に変える心の技法』月沢李歌子訳、NHK出版、2020 https://amzn.to/3kKMCNt ★山本貴光、吉川浩満『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。──古代ローマの大賢人の教え』筑摩書房 https://amzn.to/333966r ★Peter Burke, The Polymath: A Cultural History from Leonardo da Vinci to Susan Sontag, Yale University Press, 2020 https://amzn.to/32WRCso ★ピーター・バーク『知識の社会史――知と情報はいかにして商品化したか』井山弘幸、城戸淳訳、新曜社、2004 https://amzn.to/2UK0Y6g ★ピーター・バーク『知識の社会史2――百科全書からウィキペディアまで』井山弘幸訳、新曜社、2015 https://amzn.to/3lTEH24 ★ケイティ・サレン、エリック・ジマーマン『ルールズ・オブ・プレイ――ゲームデザインの基礎』1-4、山本貴光訳、ニューゲームズオーダー https://amzn.to/35JpkDv ★山口尚『哲学トレーニングブック――考えることが自由に至るために』平凡社、2020 https://amzn.to/35NDdR8 ★ルートウィッヒ・ウィトゲンシュタイン『哲学探究』鬼界彰夫訳、講談社、2020 https://amzn.to/330vqxA ★栗田英彦、塚田穂高、吉永進一編『近現代日本の民間精神療法――不可視なエネルギーの諸相』国書刊行会、2020 https://amzn.to/2ITFVvy ★伊達聖伸編著『ヨーロッパの世俗と宗教──近世から現代まで』勁草書房、2020 https://amzn.to/3lP6Y9I ★ユヴァル・ノア・ハラリ原案・脚本、ダヴィッド・ヴァンデルムーレン脚本、ダニエル・カザナヴ漫画『漫画 サピエンス全史 人類の誕生編』安原和見訳、河出書房新社、2020 https://amzn.to/32YzX3q ★『普及版 スクリブナー思想史大事典』全10巻、翻訳編集委員長 野家啓一、丸善出版、2020 https://amzn.to/331dR0g
38:44
November 20, 2020
人文的、あまりに人文的 #038 活動報告 2020年11月号|「偽書の条件」『ユリイカ』、『しっぽがない』書評『Hanako』、「「日本学術会議任命拒否」問題を考える」『週刊読書人』ほか
★吉川浩満「私の読書日記|本の本、希望の書、U30」、『週刊文春』2020年11月5日号、文藝春秋 https://amzn.to/2GSgQjO ★吉川浩満「書評|小沼純一・著、森泉岳土・絵『しっぽがない』青土社」、『Hanako』2020年12月号、マガジンハウス https://amzn.to/36lN0Ne ★山本貴光、吉川浩満『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね。――古代ローマの大賢人の教え』筑摩書房、2020/3 https://amzn.to/3lndrZu ★吉川浩満「就実大学人文科学部表現文化学科学術講演会 仕事と勉強と私――学術の前と後ろ」就実大学、2020/11/7 https://www.shujitsu.ac.jp/hyogenbunka_site/news/detail/2739 ★読書猿『独学大全――絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』ダイヤモンド社、2020/9 https://amzn.to/36sExbh ★ハンナ・アーレント『活動的生』森一郎訳、みすず書房、2015 https://amzn.to/2JQ99vB ★木村映里『医療の外れで――看護師のわたしが考えたマイノリティと差別のこと』晶文社、2020/10 https://amzn.to/3nkdmGe ★【見本出来!】木村映里さんがやって来る 『医療の外れで―看護師のわたしが考えたマイノリティと差別のこと』著者による開封動画!+サプライズ https://youtu.be/AFzvzqGywzE ★関取花『どすこいな日々』晶文社、2020/11 https://amzn.to/3pwlMfU ★【見本出来!】関取花さん『どすこいな日々』開封の儀【著者の開封動画】 https://youtu.be/3Sr86GhHbnQ ★『2001年宇宙の旅』(1968) https://amzn.to/35p1rAQ ★山本貴光「これが示したいことだった/異言語で数学を」、『数学セミナー』2021年1月号、日本評論社 https://www.nippyo.co.jp/shop/magazines/latest/4.html ★山本貴光「マルジナリアでつかまえて/千年前の本だって読みます」、『本の雑誌』2020年12月号、本の雑誌社 https://amzn.to/3eSeH4r ★山本貴光「偽書の条件――本の生態誌という見方」、『ユリイカ』2020年12月号、青土社 https://amzn.to/3krAPUa ★山本貴光、吉川浩満「「日本学術会議任命拒否」問題を考える」、『週刊読書人』2020年11月13日号(3365号)、読書人 https://dokushojin.stores.jp/items/5faa20a8b00aa357210e64af?fbclid=IwAR3MIAYHUQETk9q0MdBAx2JSNP5UHVUiD3NO6gK9xBAw5ZO7P55s3cl_pBA
23:27
November 13, 2020
人文的、あまりに人文的 #037 注目の新刊 2020年11月号
★ローン・フランク『闇の脳科学――「完全な人間」をつくる』赤根洋子訳、文藝春秋、2020 https://amzn.to/2GupwwM ★川添愛『ヒトの言葉 機械の言葉――「人工知能と話す」以前の言語学』角川新書、2020 https://amzn.to/32bC2sx ★川添愛『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット――人工知能から考える「人と言葉」』朝日出版社、2017 https://amzn.to/329hXTT ★廖瑞銘『知られざる台湾語文学の足跡』酒井亨訳、国書刊行会、2020 https://amzn.to/3oNaweJ ★ヴィトルト・ピレツキ『アウシュヴィッツ潜入記 収容所番号4859』杉浦茂樹訳、みすず書房、2020 https://amzn.to/364eabm ★エヴァ・ホフマン『時間』早川敦子監訳、みすず書房、2020 https://amzn.to/3oVH5a6 ★福嶋裕子『ヒロインたちの聖書ものがたり』ヘウレーカ、2020 https://amzn.to/2JndrKH ★植原亮『思考力改善ドリル――批判的思考から科学的思考へ』勁草書房、2020 https://amzn.to/3oQ4qKp ★植原亮『自然主義入門――知識・道徳・人間本性をめぐる現代哲学ツアー』勁草書房、2017 https://amzn.to/328IaSs ★片岡一郎『活動写真弁史――映画に魂を吹き込む人びと』共和国、2020 https://amzn.to/363kPmj ★マーク・ラムスター『評伝フィリップ・ジョンソン――20世紀建築の黒幕』横手義洋監修、松井健太訳、左右社 https://amzn.to/3eoOSZb ★『普及版 スクリブナー思想史大事典 第1巻 あいこ~いどう』スクリブナー思想史大事典翻訳編集委員会訳、翻訳編集委員長野家啓一、丸善出版、2020 https://amzn.to/3jNNCjy ★『企画展示図録 性差の日本史』財団法人歴史民俗博物館振興会、2020 https://rekihakushop.shop-pro.jp/?pid=154477844 ★『バースデイだけど死にまくりでアンハッピーだけど新しい自分に出会えてハッピーabout HAPPY DEATH DAY/2U』映画パンフは宇宙だ(PATU)、2020 https://pamphlet-uchuda.stores.jp/items/5f64184e8f2ebd14c5992e85 ★映画パンフは宇宙だ https://pamphlet-uchuda.stores.jp/ ★『ハッピー・デス・デイ』(2017) https://amzn.to/3290Zoi ★『ハッピー・デス・デイ 2U』(2019) https://amzn.to/34Q2BVT
28:10
November 06, 2020
人文的、あまりに人文的 #036 洋書の探し方、買い方
★The New York Times > Book Review https://www.nytimes.com/section/books/review ★ナレッジワーカー > 洋書(丸善雄松堂) https://kw.maruzen.co.jp/nfc/page.html?itemGenreCd=02 ★紀伊國屋書店 > 洋書 https://www.kinokuniya.co.jp/disp/CKnRankingPageCList.jsp?dispNo=107002002002 ★大学生協 洋書オンラインストア https://yosho.univcoop.jp/BookShop/ ★極東書店 https://www.kyokuto-bk.co.jp/ ★Times Literary Supplement (TLS) https://www.the-tls.co.uk/ ★London Review of Books https://www.lrb.co.uk/ ★The New York Review of Books https://www.nybooks.com/ ★Le Monde diplomatique https://www.monde-diplomatique.fr/ http://www.diplo.jp/ ★Books Kinokuniya Tokyo 洋書専門店 https://store.kinokuniya.co.jp/store/books-kinokuniya-tokyo/ ★丸善丸の内店 https://kw.maruzen.co.jp/nfc/featurePage.html?requestUrl=english_ranking/ ★内山書店 http://www.uchiyama-shoten.co.jp/ ★東方書店 https://www.toho-shoten.co.jp/ ★イタリア書房 http://italiashobo.com/hq/index.php ★ナウカ・ジャパン https://www.naukajapan.jp/ ★チェッコリ http://www.chekccori.tokyo/ ★Brill https://brill.com/ ★Bloomsbury Publishing https://www.bloomsbury.com/uk/ ★Oxford University Press https://global.oup.com/ ★Verso https://www.versobooks.com/ ★日ソ http://www.nisso.net/ ★洋書ファンクラブ(渡辺由佳里さん) https://youshofanclub.com/ ★YAMADAS現更新履歴(yomoyomoさん) https://yamdas.hatenablog.com/ ★AbeBooks.com https://www.abebooks.com/ ★日本の古本屋 https://www.kosho.or.jp/ ★北沢書店 http://www.kitazawa.co.jp/
35:56
October 30, 2020
人文的、あまりに人文的 #035 読書人×哲学の劇場 共同企画 日本学術会議任命拒否問題を考える
★読書人WEB https://dokushojin.com/ ★読書人オンラインショップ https://dokushojin.stores.jp/ ★読書人アーカイブス https://dokushojin.com/arcives/ ★読書人 会社案内 https://dokushojin.com/company.html ★日本学術会議「日本学術会議とは」 http://www.scj.go.jp/ja/scj/index.html ★「「学問と政治の関係の大きな分水嶺」 学術会議に政権の人事介入 揺らぐ独立性」毎日新聞、2020年10月1日 https://mainichi.jp/articles/20201001/k00/00m/010/342000c ★松沢裕作「日本学術会議会員の任命拒否について私の考えるところ」researchmap、2020年10月4日 https://researchmap.jp/blogs/blog_entries/view/79653/5485ca10327817ef9bb1c8b64b752d95?frame_id=663931 ★「茂木健一郎氏 「菅総理対学者モンスター」…一番めんどくさい人達を敵にした」デイリースポーツ、2020年10月11日 https://www.daily.co.jp/gossip/2020/10/11/0013775102.shtml ★東浩紀「日本学術会議の任命拒否問題は菅政権のしたたかな戦略かもしれない」AERA、2020年10月15日 https://dot.asahi.com/aera/2020101400018.html ★古田徹也「(古田徹也の言葉と生きる)空虚さ、慣れてはいけない」朝日新聞、2020年10月15日 https://digital.asahi.com/articles/DA3S14658340.html ★橋下徹「日本の人文系の学者の酷さが次から次へと出てくる。…」Twitter、2020年10月11日午前9時54分 https://twitter.com/hashimoto_lo/status/1315093415571288064 ★イマヌエル・カント『啓蒙とは何か 他四篇』篠田英雄訳、岩波文庫、1974 https://amzn.to/3kpbomY ★西田亮介「なんで、いま、みんな日本学術会議に関心を持っているの?…」Twitter、2020年10月5日午前10時36分 https://twitter.com/Ryosuke_Nishida/status/1312929611081080832 ★「日本学術会議「関係ない」ツイートが炎上の西田亮介氏 「今回のことで学問の自由が死ぬのであれば、我々はもう死んでいる」」ABEMA TIMES、2020年10月10日 https://times.abema.tv/news-article/8628095 ★日本科学史学会 会長 木本忠昭「日本学術会議新会員候補6人の任命拒否について」日本科学史学会ホームページ、2020年10月11日 https://historyofscience.jp/blog/2020/10/13/%E4%BC%9A%E9%95%B7%E5%A3%B0%E6%98%8E%E3%80%80%E3%80%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%AD%A6%E8%A1%93%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E6%96%B0%E4%BC%9A%E5%93%A1%E5%80%99%E8%A3%9C%EF%BC%96%E4%BA%BA%E3%81%AE%E4%BB%BB%E5%91%BD/ ★マーク・トウェインの名言について https://www.nytimes.com/2017/04/26/books/famous-misquotations.html https://quoteinvestigator.com/2014/07/13/truth/ ★籏智広太「学術会議めぐり広がる大量の誤情報、まとめサイトが影響力。政治家やメディアも加担」BuzzFeed News、2020年10月15日 https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/gakujutukaigi4 ★「内閣支持率53%に下落 不支持は22% 朝日世論調査」朝日新聞、2020年10月18日 https://digital.asahi.com/articles/ASNBL6H5CNBLUZPS001.html ★日本学術会議設立70周年記念展示「日本学術会議の設立と組織の変遷~地下書庫アーカイブズの世界~」 http://www.scj.go.jp/ja/scj/print/pdf/p70kinen.pdf ★伊藤憲二「学術会議の問題、安易な「民営化」が解決策にならないと言える理由」現代ビジネス、2020年10月13日 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/76358?imp=0 ★有本建男、佐藤靖、松尾敬子『科学的助言――21世紀の科学技術と政策形成』東京大学出版会、2016 https://amzn.to/35n27ps ★隠岐さや香『文系と理系はなぜ分かれたのか』星海社新書、2018 https://amzn.to/31wockd ★隠岐さや香『科学アカデミーと「有用な科学」――フォントネルの夢からコンドルセのユートピアへ』名古屋大学出版会、2011 https://amzn.to/31xQqLi ★古川安『科学の社会史――ルネサンスから20世紀まで』ちくま学芸文庫、2018 https://amzn.to/3m9KK20 ★文部省『学制百年史』1972 https://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/others/detail/1317552.htm ★エイブラハム・フレクスナー 、ロベルト・ダイクラーフ『「役に立たない」科学が役に立つ』初田哲男監訳、東京大学出版会、2020 https://amzn.to/37ES1CO ★プリンストン高等研究所 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E9%AB%98%E7%AD%89%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80 ★桐野夏生『日没』岩波書店 https://amzn.to/37yn96Y ★桐野夏生、星野智幸「対談 表現の不自由がもたらす近未来」週刊読書人、2020年10月2日号 https://dokushojin.com/reading.html?id=7684
01:09:38
October 23, 2020
人文的、あまりに人文的 #034 2020年10月 活動報告/山本貴光『記憶のデザイン』、吉川浩満「哲学の門前17 山本貴光くんのこと(1)」ほか
山本貴光「マルジナリアでつかまえて/書くほどにおいしくなります」、『本の雑誌』2020年11月号、本の雑誌社 https://amzn.to/3iZClfE 山本貴光「これが示したいことだった/あれとこれとを結びつける」、『数学セミナー』2020年11月号、日本評論社 https://amzn.to/3j7M7wt テッド・ネルソン『リテラリーマシン――ハイパーテキスト原論』竹内郁雄、斉藤康己監訳、アスキー、1994 https://amzn.to/3lNEWeA オラフ・スポーンズ『脳のネットワーク』下野昌宣訳、みすず書房、2020 https://amzn.to/2SWUPD2 アルフレッド・S・ポザマンティエ、ロベルト・ゲレトシュレーガー『円をめぐる冒険――幾何学から文化史まで』松浦俊輔訳、紀伊國屋書店、2020 https://amzn.to/3k0ghTu 山本貴光「書評|今野真二『乱歩の日本語』春陽堂書店」、『図書新聞』2020年10月10日号 https://www.fujisan.co.jp/product/1281687685/b/2032132/ 今野真二『乱歩の日本語』春陽堂書店、2020 https://amzn.to/2T80GFL 山本貴光「文芸季評 文態百版」 山本貴光「あるべきものからの距離 遠野遥を読む」 『文藝』2020年冬季号、河出書房新社 https://amzn.to/33ZdLqR 遠野遥『破局』河出書房新社、2020 https://amzn.to/33VZjjA BUCK-TICK https://buck-tick.com/ 山本貴光『記憶のデザイン』筑摩選書 https://amzn.to/2Ha6ETt 吉川浩満「哲学の門前17 山本貴光くんのこと(1)」、『scripta』2020年秋号、紀伊國屋書店 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-08-EK-0905499 Kinoppy - 紀伊國屋書店の電子書籍アプリ https://k-kinoppy.jp/ 吉川浩満「私の読書日記|社会科、本屋、挑戦人」、『週刊文春』2020年10月1日号、文藝春秋 https://amzn.to/3nQjAin 飯間浩明、山本貴光、吉川浩満「ひとをつなぐ辞典、ひとがつむぐ言葉──映画『博士と狂人』公開記念」ゲンロンカフェ、2020/10/14 https://genron-cafe.jp/event/20201014/ サイモン・ウィンチェスター『博士と狂人――世界最高の辞書OEDの誕生秘話』鈴木主税訳、ハヤカワ文庫NF、2006 https://amzn.to/2GQ2Kj9 飯間浩明 https://amzn.to/33ZaFn2 YouTubeチャンネル 晶文社 https://www.youtube.com/channel/UCqdqL8v_cGotMpS6k4w6Y0A 伊藤亜紗、渡邊淳司、林阿希子『見えないスポーツ図鑑』晶文社、2020 https://amzn.to/2SX1BbY 【見本出来!】【開封動画】伊藤亜紗・渡邊淳司・林阿希子『見えないスポーツ図鑑』晶文社【ASMR】【+おすすめ他社本】 https://youtu.be/c4NLfuBTJsI
27:24
October 16, 2020
人文的、あまりに人文的 #033 2020年10月号/『都市で進化する生物たち “ダーウィン”が街にやってくる』『世界文学はつくられる 1827-2020』ほか
メノ・スヒルトハウゼン『都市で進化する生物たち――“ダーウィン”が街にやってくる』岸由二、小宮繁訳、草思社、2020 https://amzn.to/36M8wNe メノ・スヒルトハウゼン『ダーウィンの覗き穴――性的器官はいかに進化したか』田沢恭子訳、早川書房、2016 https://amzn.to/34GYdai 秋草俊一郎『「世界文学」はつくられる――1827-2020』東京大学出版会、2020 https://amzn.to/2GCTC0U エッカーマン『ゲーテとの対話』上中下、山下肇訳、岩波文庫、2013 https://amzn.to/2IcKJf9 マクシム・ゴーリキー(1868-1936) https://amzn.to/3iGHdWP ロシア書籍専門店 ナウカ・ジャパン https://www.naukajapan.jp/ トレーディングカードゲーム https://bit.ly/3jPn0Qc ルリユール叢書(幻戯書房) https://amzn.to/36MifDh ポール・ヴェルレーヌ『呪われた詩人たち』倉方健作訳、幻戯書房、2019 https://amzn.to/2SEjUlT となりの国のものがたり(亜紀書房) https://amzn.to/2SKSD13 新しいマヤの文学(国書刊行会) https://amzn.to/3nzgGhZ 『翻訳文学紀行』『翻訳文学紀行II』 https://twitter.com/translaveller 山本貴光「世界の文芸誌から」WEB本の雑誌 http://www.webdoku.jp/column/yamamoto/ 『世界文学』世界文学研究会、1956- https://ndlonline.ndl.go.jp/#!/detail/R300000001-I000000028920-00 伊吹武彦(1901-1982) https://amzn.to/36TtYQa 飯間浩明×山本貴光×吉川浩満「ひとをつなぐ辞典、ひとがつむぐ言葉──映画『博士と狂人』公開記念」ゲンロンカフェ、2020/10/14 https://genron-cafe.jp/event/20201014/
37:10
October 09, 2020