Skip to main content
新規事業を量産する知財戦略~未来を預言するアイデアで市場を独占しよう!

新規事業を量産する知財戦略~未来を預言するアイデアで市場を独占しよう!

By 楠浦崇央
大手製造業で新製品・新規事業開発を担当してナノテク・バイオスタートアップを立ち上げ。
自己紹介はこちら→ www.techno-producer.com/kusuura/
新規事業や起業を目指す発明家・技術者・起業家・経営者の方を対象に、「未来の市場を先読みし、先取りする」ための特許戦略と知財戦略のお話しをします。
Where to listen
Amazon Music Logo

Amazon Music

Spotify Logo

Spotify

「プロ」になれる人の学び方
「発明塾」で教えていること、あるいは、指導の際に意識していることの一つに、「成長速度を最大化する」という考え方があります。 今日は、「成長速度を最大化」し、「成果を出す」ために必要な学び方のお話です。 関連コラムは、以下です。 知識創造理論とは?基礎から実践までわかりやすく解説! 【知識創造理論を学ぶ】必読本3つとその要約
13:16
August 05, 2022
新規事業は「エッジ情報」から探す(1)
よい「新規事業」に欠かせないのが、よい「元ネタ」です。 寿司職人がおいしい寿司を握れるのは、「良いネタ」があるから。 今回は、多くの方が気づいていない、ネタ探しの秘訣を紹介します。 以下のメール講座の「1日目」を引用していますので、メール講座も併せて活用いただくと、わかりやすいでしょう! 7日間無料メール講座:【1日15分の”発明塾”】「新しいコトを興す」ための情報探索術
12:20
July 29, 2022
特許は「XX」ほど急いで取れ!
特許をうまくとる、強い特許を取る、あるいは、価値の高い特許をとるために、特に技術屋さんや、技術屋上がりの経営者の方に気を付けて欲しいことです。 同じアイデアでも、より「XX」な形でとる、など特許を出す、特許を取りたい方には、ぜひ知っておいていただきたい内容です。 関連講座)特許出願成功パッケージ
07:43
July 23, 2022
未来を「預言」して「実現」する楽しさ=新事業
2021年の4月に初の著書「新規事業を量産する知財戦略-未来を預言するアイデアで市場を独占しよう!」を出版して以来、「新規事業創出」「人材育成」「知財戦略」にお困りの企業の方から、講演の依頼を多数いただいております。 いろいろなお悩みがあるのですが、結局いつも、お話することは同じです。 それが、未来を「預言」して「実現」する楽しさが新事業の楽しさ、で、やってみるとめちゃくちゃオモロいよ、です。 今日は、講演でお話ししていることの補足をいたします。
11:27
July 15, 2022
新規事業・人材育成は 「XX家」 に学べ!
今回は、発明塾の考え方の一つ「挑戦が人を育てる」「結果が出れば人は育つ」に近いスタンスの、ある「職業」の方々の考え方や言葉を紹介します。 最新の教育学の研究成果では、「リーダー」に重要な能力は、少し前に流行った「グリット」よりも「創造性」である、と示されており、その点でも非常に興味深いお話をします。 挑戦が人を育てる https://youtu.be/lONzcXNsnKs?t=2030
12:55
July 09, 2022
「知財戦略」は「東急と阪急」に学べ!
今日は、「知財戦略」の話です。 でも、その前に日本の鉄道王「小林一三(いちぞう)」のお話をします。 ・小林一三は、阪急電車の創業者 ・関東の人は「東急」をイメージしてください、大阪にある東急電車みたいなのが阪急 ・実際、東急は、阪急を真似したといわれてて、小林一三は阪急電車で鉄道事業のビジネスモデルを確立したといわれている ・実は小林一三は東急の源流にあたる会社の経営にもかかわっている ・NHK朝ドラ「わろてんか」でも取りあげられ、渋沢栄一と並んで「西の実業王」とか呼ばれたりもしてる ・楠浦が気に入っている彼の名言のひとつ「乗客は電車が創造する」、これが、まさに「これからの知財戦略」「ニューノーマルの知財戦略」だ、というのが楠浦が10年以上前から言っていること 続きは、ぜひ配信をお聞きください。 こちらのコラムも参照ください。 小林一三の鉄道ビジネスは、現代の知財戦略そのもの
11:01
July 01, 2022
新規事業は「独占できるか?」から考える~「市場規模」「売上」「利益」より先に確認すべきこと
新規事業や起業に対して重視すべきことは何か。僕がいつも挙げるのは5つです。 ・誰が買うか(ファーストユーザー) ・なぜ買うか(顧客価値) ・なぜそれを(あなたから)買わなければならないのか(独占) ・どれくらい買うか(売上) ・どれくらい儲かるか(利益) この中で特に重要なのは、最初の3つで、この3つは密接な関係にあります。 ここでお話しする内容は、以下コラムの補足です。 併せてお読みいただくと、理解が深まるでしょう。 新規事業のアイデアを、投資家目線で考えていますか?
10:00
June 25, 2022
起業家が学ぶべき「エジソン式」知財戦略~エジソンが発明したのは電灯ではなく「XX事業」&必要な特許を「粘り強く」取っている
●概要 ・実は、新規事業する人や起業家にはエジソンがすごく参考になる ・起業家と新規事業担当の人向けに、無料のメール講座を配信している、今日はその抜粋を10分で紹介 ・「エジソン=電球を発明した人」ぐらいのイメージだとヤバいです(笑)、あなた何もわかってない!(笑) ・彼の本当の狙いは電球ではなく「xx事業」だった! ・彼は「特許取得」に細心の注意を払い、こだわりぬいていた ・「事業に役立つ特許」「よい特許」を取りたい人がこだわるべき「2つのポイント」を知っていますか? ●さらに詳しい資料 8日間無料メール講座:「エジソンに学ぶ発明と特許~オープン&クローズド戦略の成功事例」
13:08
June 18, 2022
未来の医学を「先取り」する新規事業戦略
新規事業の肝は「先読み」です。今日は、「未来の医療」「医学の未来」を先取りするトピックを1つ紹介します。 「住めば住むほど健康に」なる家と街が、まもなく実現されます。講演では、今まさにそれを創ろうとしている「預言者」の情報を紹介します。例えば、「建築は医薬だ」(Architechture As A Medecine)と定義する建築家が出現し、精神科医療への貢献を始めています。実は「健康になる家」は、既に開発が始まっていて、米病院大手が主導するプロジェクトで、「住めば住むほど健康になる家」を開発中で、日本企業もプロジェクトに参画しています。プロジェクト内の研究により「部屋の空気が汚れていると、腸内細菌が乱れる」ことが判明しており、「空気が薬」になる時代が来ていることが分かっています。 「第44回未来医学研究会大会『近未来の都市と医療』」で講演します!(7月2日@オンライン開催)
13:11
June 12, 2022
花王の「スゴい」「ヤバい」特許戦略
花王の特許戦略の事例に、事業で役立つ特許ポートフォリオの作り方を紹介します。 知財戦略は難しい、とか、話が抽象的でそもそも何をしたらええかわからん、そういう声をよく聞きます。 そういう方には、実際に役立ったという事例と、それを、再現性良く行っている企業の事例を知るのがいいですよ、とお話をしています。 「再現性」大事ですね。まぐれ当たりの事例からも、学ぶべき点は多いですが、それを「再現できる」ところまで手法として高めているのが花王です。投資家の方も、ぜひ知っておきたいですね。 花王は、化学・食品の業界では、緻密な特許戦略で競合を排除、あるいは、新規事業領域を先んじて確保していることで、非常に有名な企業です。 特許を読むと、これぞプロの仕事、という感じの特許網です。特許を全部読まなくても、一つ二つ読めばすごさがわかるぐらい、よくできています。 7月に、花王の特許戦略と新規事業戦略を解説するセミナーを行いますので、詳細に理解して、仕事や自身の起業に今すぐ役立てたい方は、ぜひ参加ください。知財と特許で、新規事業を圧倒的に優位にしたい起業家・企業家の方、ぜひお会いしましょう! 「花王のヘルスケア食品知財&新事業戦略」セミナーを開催します(7月8日@オンライン開催)
20:09
June 05, 2022
ズバリ!「良い弁理士」の選び方~新規事業を量産するための特許事務所・弁理士の選び方
TechnoProducer株式会社CEO 発明塾 塾長 の楠浦です。 初回配信につき、テーマをどうしようかと思いましたが、書籍「新規事業を量産する知財戦略」出版から、ちょうど一年。あの書籍を読んでいただいた方や、出版記念講演に出席した方からいただいた質問や要望で、特に本質的というか、企業や新規事業においてはこれ大事よね、ということを取りあげたくて、「弁理士さん・事務所さん」選び、にしました。初回ということで、ざっくばらんに、割と本音で、でもユルい感じで、進めます。 書籍にあるような、事業の布石になる先読みの知財を出したい、という要望や相談が、企業や起業家から増えている印象です。相談は、まぁそれならとりあえず知ってるところで出しとけば、というものもありますが、まだアイデアもない状態で、布石になる特許を出したい、というものまで色々。情報整理もかねて、その人の状況に合った、よい弁理士、事務所の選び方を、僕の経験をもとにお話しておきます。 先に話したように、具体的なアイデアがあって実験データがある、というところからの「武器になる」「強い特許」の話から、まだ具体的なアイデアはなく事業の企画もない、ただ、ある程度の技術なり構想があって、そこからの「事業の布石と武器になる特許」取得の話まで、ご相談は幅広い。検討を進めていくと皆さん、弁理士をどう選ぶの、何をどう頼むの、いい弁理士を紹介して欲しい、繋いでほしい、みたいな話になります。 事業立ち上げに先んじた、布石になる知財の取得については、スタートアップ支援や「起業家向け発明塾™」でも相談が多く、この場合は事業の企画だけでなくて、それを強力に推進するために必要な特許づくりまで指導・支援していますが、その時にお話ししている内容です。
35:01
May 29, 2022