Skip to main content
Cobe.fm:本と読書をテーマに。

Cobe.fm:本と読書をテーマに。

By Nozomi Tanaka
フリーランスっぽく働くみきとのぞみの二人で、1冊の本を実際に読んで感じたこと、思ったことをふんわり楽しく話すPodcastです。どこまでもわかりやすく。わかりやすいことを深く・広くをテーマにしています。

"読むことは人を豊かにする。聴くことは人を謙虚にする"

ビジネス書から戯曲・小説、ノンフィクションまで幅広く。
肩の力を抜いて、楽しんでいただければと思います:-)
Where to listen
Breaker Logo

Breaker

Google Podcasts Logo

Google Podcasts

Overcast Logo

Overcast

Pocket Casts Logo

Pocket Casts

RadioPublic Logo

RadioPublic

2021年上半期:読んで良かった本をただ話す #2
のぞみベスト Number の永瀬棋士インタビュー。必要なのは努力のみと言い切る軍曹に痺れる みき 小説版 上杉鷹山:自分のマインドを体現する小説を持っているか? その他本一覧は下記。 みき: カズオイシグロ「クララとおひさま」 奥野紗代子「無理になる」 村田紗耶香「消滅世界」 伴名錬「なめらかな世界と、その敵」 小松左京「地には平和を」 山内マリコ「あの子は貴族」 池澤夏樹「光の指で触れよ」 植松市子「かなわない」 戸川純「ピーポー&メー」 のぞみ: 森義隆写真集「北極南極」 村山由佳「アダルトエデュケーション」 斗鬼 正一 「開幕!世界あたりまえ会議 - 私の「ふつう」は、誰かの「ありえない」」 レーモンド・クノー「文体練習」 オーウェン・ジョーンズ「チャヴ 弱者を敵視する社会」 林壮一「ドキュメント 底辺のアメリカ人~オバマは彼らの希望となるか~」 サム・ウォルトン「私のウォルマート商法 すべて小さく考えよ」 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie)
21:42
June 14, 2021
2021年上半期:読んで良かった本をただ話す #1
星野源結婚:好きだった公園が森ビルに買われた時の気持ちがわかりますか? 改めてラジオの豊かさを噛み締める みきのベスト 朝井リョウ「正欲」:自分の見える範囲の秩序だけ整えて意味ある? その他本一覧は下記。 みき: カズオイシグロ「クララとおひさま」 奥野紗代子「無理になる」 村田紗耶香「消滅世界」 伴名錬「なめらかな世界と、その敵」 小松左京「地には平和を」 山内マリコ「あの子は貴族」 池澤夏樹「光の指で触れよ」 植松市子「かなわない」 戸川純「ピーポー&メー」 のぞみ: 森義隆写真集「北極南極」 村山由佳「アダルトエデュケーション」 斗鬼 正一 「開幕!世界あたりまえ会議 - 私の「ふつう」は、誰かの「ありえない」」 レーモンド・クノー「文体練習」 オーウェン・ジョーンズ「チャヴ 弱者を敵視する社会」 林壮一「ドキュメント 底辺のアメリカ人~オバマは彼らの希望となるか~」 サム・ウォルトン「私のウォルマート商法 すべて小さく考えよ」 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie)
16:19
June 7, 2021
のぞみ書籍出版記念回:『情報を活用して、思考と行動を進化させる』(後半)
話者の一人、のぞみがこの4月に書籍「情報を活用して、思考と行動を進化させる」を出しました!今回はその特別編です。 後半は、本の内容にかかわらず、「世の中は素晴らしい本で溢れている」という話をしました。 思考の土壌を作るための情報収集って難しい。。 1日20回へぇって言ってみる 世界当たり前会議 Ctrl/command+fの拡張 煮詰まったら図書館へ行こう 2冊目は、認知バイアスがテーマ? みたいなお話をしています。楽しんでください! みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == (Amazonより) この本は、情報収集・情報活用全般について、具体的な方法とコツを詳しくわかりやすくお伝えするものです。 例えば、Google検索ひとつでも、それを行う人によって、そこで得られる情報の幅や深さには大きな差があります。重要なのは、情報源やツールの選択肢を持ち、そしてそれらを組み合わせて使いこなせるかどうか。「検索の手段を、どんな風に使い込んで、どんなものと組み合わせて使っているのか」という部分について、ここまで具体的に掘り下げた本は他にない! 現代は、情報とつきあって生きるにはとても悩ましい時代です。たくさんある情報の中からどのように必要なものを見つけ出すか、活用できるまでに至るか、という部分で工夫が必要になってきます。そこで、外資系コンサルティングファームやクリエイティブ企業、スタートアップ企業で高い成果を追求する中で活用してきた、情報収集、リサーチの知見・ノウハウを紹介していきます。仕事のさまざまな場面で使える調査のフレームワークや課題設定の方法から、今日から使える具体的な情報収集の仕方まで、実際のケーススタデイも含めつつ、活きた知識を届けます。
25:52
May 31, 2021
のぞみ書籍出版記念回:『情報を活用して、思考と行動を進化させる』(前半)
話者の一人、のぞみがこの4月に書籍「情報を活用して、思考と行動を進化させる」を出しました!今回はその特別編です。 前半は、 どんな本? なんでこのテーマにしたの? 本を書いてみてどうだった? "セルフケア"としての執筆 私たちは「眼」を提供するお仕事をしている みたいなお話をしています。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == (Amazonより) この本は、情報収集・情報活用全般について、具体的な方法とコツを詳しくわかりやすくお伝えするものです。 例えば、Google検索ひとつでも、それを行う人によって、そこで得られる情報の幅や深さには大きな差があります。重要なのは、情報源やツールの選択肢を持ち、そしてそれらを組み合わせて使いこなせるかどうか。「検索の手段を、どんな風に使い込んで、どんなものと組み合わせて使っているのか」という部分について、ここまで具体的に掘り下げた本は他にない! 現代は、情報とつきあって生きるにはとても悩ましい時代です。たくさんある情報の中からどのように必要なものを見つけ出すか、活用できるまでに至るか、という部分で工夫が必要になってきます。そこで、外資系コンサルティングファームやクリエイティブ企業、スタートアップ企業で高い成果を追求する中で活用してきた、情報収集、リサーチの知見・ノウハウを紹介していきます。仕事のさまざまな場面で使える調査のフレームワークや課題設定の方法から、今日から使える具体的な情報収集の仕方まで、実際のケーススタデイも含めつつ、活きた知識を届けます。
28:35
May 24, 2021
「暇と退屈の倫理学」最終回:自身の失恋を2時間語る人
日常をドラマチックに。神戸の街を彩る裸の銅像。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 「わたしたちはパンだけでなく、バラも求めよう。生きることはバラで飾られねばならない」 明るく潑剌と、人生の冒険に乗りだすための勇気を!新版に寄せた渾身の論考「傷と運命」(13,000字)を付す。 序章 「好きなこと」とは何か? 第一章 暇と退屈の原理論──ウサギ狩りに行く人は本当は何が欲しいのか? 第二章 暇と退屈の系譜学──人間はいつから退屈しているのか? 第三章 暇と退屈の経済史──なぜ“ひまじん"が尊敬されてきたのか? 第四章 暇と退屈の疎外論──贅沢とは何か? 第五章 暇と退屈の哲学──そもそも退屈とは何か? 第六章 暇と退屈の人間学──トカゲの世界をのぞくことは可能か? 第七章 暇と退屈の倫理学──決断することは人間の証しか? 付録 傷と運命──『暇と退屈の倫理学』新版によせて ==
14:02
May 17, 2021
「暇と退屈の倫理学」第2回:自由は風邪をひく
浪費は消費より良い。意味や言葉に転換しない、難しすぎる善の研究、退屈と自由の関係性。 みき(@miki_apreciar)   のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 「わたしたちはパンだけでなく、バラも求めよう。生きることはバラで飾られねばならない」 明るく潑剌と、人生の冒険に乗りだすための勇気を!新版に寄せた渾身の論考「傷と運命」(13,000字)を付す。 序章 「好きなこと」とは何か? 第一章 暇と退屈の原理論──ウサギ狩りに行く人は本当は何が欲しいのか? 第二章 暇と退屈の系譜学──人間はいつから退屈しているのか? 第三章 暇と退屈の経済史──なぜ“ひまじん"が尊敬されてきたのか? 第四章 暇と退屈の疎外論──贅沢とは何か? 第五章 暇と退屈の哲学──そもそも退屈とは何か? 第六章 暇と退屈の人間学──トカゲの世界をのぞくことは可能か? 第七章 暇と退屈の倫理学──決断することは人間の証しか? 付録 傷と運命──『暇と退屈の倫理学』新版によせて ==
21:54
May 10, 2021
「暇と退屈の倫理学」第1回:スペアリブはジェットコースターにはならない。
暇と退屈の違い、2人の暇と退屈との付き合い方、興奮をもたらすもの。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 「わたしたちはパンだけでなく、バラも求めよう。生きることはバラで飾られねばならない」 明るく潑剌と、人生の冒険に乗りだすための勇気を!新版に寄せた渾身の論考「傷と運命」(13,000字)を付す。 序章 「好きなこと」とは何か? 第一章 暇と退屈の原理論──ウサギ狩りに行く人は本当は何が欲しいのか? 第二章 暇と退屈の系譜学──人間はいつから退屈しているのか? 第三章 暇と退屈の経済史──なぜ“ひまじん"が尊敬されてきたのか? 第四章 暇と退屈の疎外論──贅沢とは何か? 第五章 暇と退屈の哲学──そもそも退屈とは何か? 第六章 暇と退屈の人間学──トカゲの世界をのぞくことは可能か? 第七章 暇と退屈の倫理学──決断することは人間の証しか? 付録 傷と運命──『暇と退屈の倫理学』新版によせて ==
18:28
May 3, 2021
春の漫画紹介回:のぞみ #3
今回はのぞみの好きな漫画をじっくりお届け📚 ・のぞみさんが地味に次を楽しみにしている漫画「ドラフトキング」 イチローってドラフト4位なの知ってた!? 野球のドラフトの暗躍者「スカウト」に焦点を当てた、人を見る目が養われるかもしれないスポーツビジネス漫画。 ・最後はやっぱりこれ!全てのお仕事パーソンに捧ぐ「無能の鷹」 雰囲気有能、実際無能な鷹野さん。だけど鷹野さんを見ていると、仕事頑張ろうって思っちゃうんだよなぁ~ 頑張るあなたに配って回りたい。 Let’s Apple🍎 == 話し手 ・みき(@miki_apreciar) ・のぞみ(@CobeAssocie)
18:52
April 19, 2021
春の漫画紹介回:のぞみ #2
オノナツメに浸り尽くす🛀🍷 ・「GENTE」「ACCA13区 監察課」「BADON」 疲れた時に、気が付いたら読んでる事が多い、オノナツメ作品。 イケオジがたくさん出てくるし、絵のトーンも… ハリウッド的な「売れる法則」を全然使わずに、素敵な作品をたくさん届けてくれて、ありがたい! == 話し手 ・みき(@miki_apreciar) ・のぞみ(@CobeAssocie)
15:04
April 12, 2021
春の漫画紹介回:のぞみ #1
今回はのぞみの好きな漫画をじっくりお届け📚 ・レビューが賛否両論なのは名作の証!「紛争でしたら八田まで」 日本に住んでいると遠くに感じがちな世界情勢をぐっと近くに感じられる、「地政学」漫画! 歴史が好きな方は深堀りのきっかけに、歴史が苦手な方は理解のヒントに。全ての読者の解像度を高めてくれるのが漫画の良いところですな。 ・「東独にいた」 ベルリンの壁崩壊直前のドイツが舞台の、古畑任三郎型歴史SF。 表の顔は、ほんわかお姉さんと穏やかな青年。でも本当は、肉体改造済特殊部隊と、秘密結社のボス!「悪」っぽくないものが、「悪」として描かれる不思議。 そういえば、東独、西独って何?っていう世代がすぐそこまで来ているかもしれん… == 話し手 ・みき(@miki_apreciar) ・のぞみ(@CobeAssocie)
18:58
April 5, 2021
春の漫画紹介回:みきさん #3
残り時間ギリギリまで語る! ①今日を歩く(作:いがらしみきお)(https://amzn.to/3v2PpYT) ▶こんな所を見ているんだなぁと、日常が事件になる観察力の面白さ。 この漫画を「コンテンツ」として消費せず、自分のものに出来たら、大人だなぁ。 ②湯神くんは友達がいない(作:佐倉準)(https://amzn.to/3cbFxmR) ▶ヒロインが可愛いんです。ええ。 == 話し手 ・みき(@miki_apreciar) ・のぞみ(@CobeAssocie)
21:35
March 29, 2021
春の漫画紹介回:みきさん #2
旅に出たくなる漫画 ①乙嫁語り(作:森薫) (https://amzn.to/3bph4eX) ▶乙嫁とは美しいお嫁さんの事。 シルクロードの生活文化がめっちゃ美麗なタッチで描かれて、異国の香りがむんむん。 民俗学的な「役割り」からはみ出たキャラクターが素敵。思わず旅に出たくなる! ②バクちゃん(作:増村十七) (https://amzn.to/3qq5p3x) ▶地球に移住してきた移民のバクちゃん。 バクちゃんの切ない体験やほっこりする体験を通じていつもの東京がちょっと違う場所にみえる。 複雑なテーマを軽いタッチで描いてくれる有難さ。これを読んでおくと、間接的に人生に効いてくるかも?という遅効性スパイス。 == 話し手 ・みき(@miki_apreciar) ・のぞみ(@CobeAssocie)
23:35
March 22, 2021
春の漫画紹介回:みきさん #1
3月は疲れが出る季節。そんな時は、セラピー系とんちきギャグ ①サナギさん(作:施川ユウキ)▶地味メンが楽しそうに妄想を膨らませて、こそこそ話してるのに癒される(https://amzn.to/3kSC28S) ②ふうらい姉妹(作:長崎ライチ)▶ボケにボケを重ねる、徹底したとんちき世界観に癒される(https://amzn.to/3rpB7iU) == 話し手 ・みき(@miki_apreciar) ・のぞみ(@CobeAssocie)
19:13
March 15, 2021
「セールスマンの死」最終回:いい老人になろう
内容メモ 循環型の時間感覚について 外から定められた「Big」「Liked」 セールスマンは孤独?:ウィリーはお悩み相談が下手すぎる みき、セレクションバイアスを痛感する こういう老人になりたくないよ 次はポジティブなやつ! 参考リンク 若山浩「アーサー・ミラーの『セールスマンの死』─ チャーリーについて ─」(http://www.ritsumei.ac.jp/ir/isaru/assets/file/journal/21-3_05WakayamaHiroshi.pdf) 日比野啓「二重化される意識と「もの」としての世界:Arthur Miller, Death of a Salesman における気づきの体験」(http://repository.seikei.ac.jp/dspace/bitstream/10928/505/1/jinbun-22_1-18.pdf) みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) かつて敏腕セールスマンで鳴らしたウイリー・ローマンも、得意先が引退し、成績が上がらない。帰宅して妻から聞かされるのは、家のローンに保険、車の修理費。前途洋々だった息子も定職につかずこの先どうしたものか。夢に破れて、すべてに行き詰まった男が選んだ道とは……家族・仕事・老いなど現代人が直面する問題に斬新な手法で鋭く迫り、アメリカ演劇に新たな時代を確立、不動の地位を築いたピュリッツァー賞受賞作 ==
21:57
March 8, 2021
「セールスマンの死」第2回:出世、成功、過去、時間
内容メモ ウィリーは、出世ゲームで「上がれなかった」人の末路:もっと他の考え方もあると思うよ 過去の栄光にすがらない/何かを押し付けないという事 あり得たかもしれない過去に思いを馳せる虚しさ 時間感覚が短くなっちゃうのかな。川を流れる水が現在らしい。 したい時間としなくちゃの時間 直線の時間と循環の時間 参考リンク 若山浩「アーサー・ミラーの『セールスマンの死』─ チャーリーについて ─」(http://www.ritsumei.ac.jp/ir/isaru/assets/file/journal/21-3_05WakayamaHiroshi.pdf) 日比野啓「二重化される意識と「もの」としての世界:Arthur Miller, Death of a Salesman における気づきの体験」(http://repository.seikei.ac.jp/dspace/bitstream/10928/505/1/jinbun-22_1-18.pdf) みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) かつて敏腕セールスマンで鳴らしたウイリー・ローマンも、得意先が引退し、成績が上がらない。帰宅して妻から聞かされるのは、家のローンに保険、車の修理費。前途洋々だった息子も定職につかずこの先どうしたものか。夢に破れて、すべてに行き詰まった男が選んだ道とは……家族・仕事・老いなど現代人が直面する問題に斬新な手法で鋭く迫り、アメリカ演劇に新たな時代を確立、不動の地位を築いたピュリッツァー賞受賞作 ==
17:02
March 1, 2021
「セールスマンの死」第1回:どう読み解けば良いのやら
内容メモ のぞみ、ニュースレター始めたってよ セールスマンの死、あらすじ:思ってたより暗いんだが!? ウィリー・ローマン、それは苦しい:でもこういう奴いる 書かれている世界観は果たして「古い」のか? 名作と言われる理由、謎:いつか分かる日はくるのか 参考リンク 若山浩「アーサー・ミラーの『セールスマンの死』─ チャーリーについて ─」(http://www.ritsumei.ac.jp/ir/isaru/assets/file/journal/21-3_05WakayamaHiroshi.pdf) 日比野啓「二重化される意識と「もの」としての世界:Arthur Miller, Death of a Salesman における気づきの体験」(http://repository.seikei.ac.jp/dspace/bitstream/10928/505/1/jinbun-22_1-18.pdf) のぞみのニュースレター (https://cobe.substack.com/) みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) かつて敏腕セールスマンで鳴らしたウイリー・ローマンも、得意先が引退し、成績が上がらない。帰宅して妻から聞かされるのは、家のローンに保険、車の修理費。前途洋々だった息子も定職につかずこの先どうしたものか。夢に破れて、すべてに行き詰まった男が選んだ道とは……家族・仕事・老いなど現代人が直面する問題に斬新な手法で鋭く迫り、アメリカ演劇に新たな時代を確立、不動の地位を築いたピュリッツァー賞受賞作 ==
22:36
February 22, 2021
「フォークの歯はなぜ4本になったのか」最終回:失敗を受容するか、弁別するか、凝縮するか
道具が道具をつくる。人に、デザイナーにパーフェクトを求めてはいけない。最後に性格診断のお話。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 人間が加工してつくる道具やモノ、その形は、どうやって進化してきたのか―この問いに、要求される機能に沿って、と答えるのでは不十分。実用品の変化は、それが出来ることではなく、出来なかったこと、不具合や失敗の線を軸に歴史を刻んできた―デザインと技術の歴史に豊富な事例をもって新しい視点を据えつけ、“失敗”からのモノづくりを教える著者の代表作。 ==
25:59
February 15, 2021
「フォークの歯はなぜ4本になったのか」第3回:常に改良の余地がある
デザインなんて、妄想だ。唯一絶対解があるなんて、妄想だ。失敗に気づけるのは才能。すき家のスプーンはすごい。傘はなんとかならんかね。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 人間が加工してつくる道具やモノ、その形は、どうやって進化してきたのか―この問いに、要求される機能に沿って、と答えるのでは不十分。実用品の変化は、それが出来ることではなく、出来なかったこと、不具合や失敗の線を軸に歴史を刻んできた―デザインと技術の歴史に豊富な事例をもって新しい視点を据えつけ、“失敗”からのモノづくりを教える著者の代表作。 ==
18:11
February 8, 2021
「フォークの歯はなぜ4本になったのか」第2回:"Form Follows Failure"
失敗が次の道具を生む。クリップ、フォーク、生まれる失敗。今では笑い話だけど、当時は真剣なわけで。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 人間が加工してつくる道具やモノ、その形は、どうやって進化してきたのか―この問いに、要求される機能に沿って、と答えるのでは不十分。実用品の変化は、それが出来ることではなく、出来なかったこと、不具合や失敗の線を軸に歴史を刻んできた―デザインと技術の歴史に豊富な事例をもって新しい視点を据えつけ、“失敗”からのモノづくりを教える著者の代表作。 ==
18:44
February 1, 2021
「フォークの歯はなぜ4本になったのか」第1回:料理を楽しむ2021年にしましょう
今回からは、道具論の名作を。 最初には新年のチャレンジについて話して、レシピのお話もして、その後この本の概要について話しました。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより)  人間が加工してつくる道具やモノ、その形は、どうやって進化してきたのか―この問いに、要求される機能に沿って、と答えるのでは不十分。実用品の変化は、それが出来ることではなく、出来なかったこと、不具合や失敗の線を軸に歴史を刻んできた―デザインと技術の歴史に豊富な事例をもって新しい視点を据えつけ、“失敗”からのモノづくりを教える著者の代表作。 ==
19:26
January 25, 2021
テーマ本紹介 "私たちの『憧れ』" #3 人の提示する意味なんか無視するんだよ
全3回「憧れ」という言葉から連想されるおすすめ本をお互いに紹介しあっています。 最後の第3回目は、お互いに好きな作家さんから1冊ずつ。 意味のないものにこそ全力で。侠気に憧れを持って。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == みきさん3本目:内田春菊「アドレッセンス」 のぞみ3本目:黒木亮「島のエアライン」 ==
09:22
January 18, 2021
テーマ本紹介 "私たちの『憧れ』" #2 運命・時間・猫
全3回「憧れ」という言葉から連想されるおすすめ本をお互いに紹介しあっています。第2回の今回も1冊ずつ。 人ではなくテーマ。みきさんは名作映画を、のぞみはフランスのベストセラーを紹介します。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == みきさん2本目:エターナルサンシャイン のぞみ2本目:猫はためらわずにノンという ==
19:09
January 11, 2021
テーマ本紹介 "私たちの『憧れ』" #1 ピュアな女性と将棋棋士
今回からは全3回、「憧れ」という言葉から連想されるおすすめ本をお互いに紹介しあいます。第1回の今回は1冊ずつ。 みきさんは「ピュアにふるまって相手を引き出せる人」に、のぞみは「自分の正義を背負って貫き通せる人、強さと柔らかさを併せ持つ人」に憧れを持っているようです。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == みきさん1本目:「ヒーシーイット―アクア」より『象』 のぞみ1本目:「将棋の渡辺くん」 ==
24:12
January 4, 2021
2020年締めの漫画回:こたつに籠もってひたすらマンガよ寝正月。
愛すべき登場人物たちよ。2021年もよろしくお願いします。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) -- 登場したマンガたち 今市子「百鬼夜行抄」 田島列島「子供はわかってあげない」「水は海に向かって流れる」 石黒正数「それでも町は廻っている」 近藤聡乃「A子さんの恋人」 蛇蔵、鈴木ツタ「天地創造デザイン部」※来年アニメ化!
17:21
December 28, 2020
2020年締めの漫画回:安野モヨコと井上雄彦の世界
漫画家の観察力はえぐい。 のぞみは、スラムダンクで言うと湘北の石井くんが好きです。吸い付け~。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) -- 登場したマンガたち やっぱり読み返しちゃうのは井上雄彦「SLAMDUNK」 二宮智子「のだめカンタービレ」「GREEN~農家のヨメになりたい~」「七つ屋しのぶの宝石匣」 安野モヨコ「鼻下長紳士録」「ハッピーマニア」「後ハッピーマニア」 つの丸「みどりのマキバオー」
15:54
December 21, 2020
2020年締めの漫画回:みきさん幼少期のマンガ体験
みきさん、誰かが成長する物語より、「成長してないあなたが魅力的」に見える漫画が好きですって。ふたりとも、作者に直課金したい!だけどチャネルがない問題を抱えています。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) -- 登場したマンガたち はんざき朝未 「無能の鷹」 うすた京介「ピューと吹く!ジャガー」 吉野朔美「少年は荒野を目指す」 手塚治虫漫画 幸村誠「プラネテス」 大友克洋「AKIRA」 黒田硫黄「茄子」 さいとうしほ「少女革命ウテナ」
19:21
December 14, 2020
「欲望という名の電車」最終回:小説に、登場人物を足してみるという試み
シンプルでソリッドに仕上がっているはずのこの戯曲に、「もしこんな人が登場していたら話の筋が変わっていたはず、そんな人を想像してみる」トライアルをしました。この考え方、楽しそう。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 「『欲望』という名の電車に乗って」ブランチが降り立ったのは、ニューオリアンズの下町フレンチ・クォーター。南部の大農園の娘から身を持ちくずし、妹ステラのアパートに身を寄せた。傷心のまま過去の夢に生きる彼女を迎えたのはしかし、ステラの夫スタンリーらの、粗暴なまでの“新しいアメリカ”の生だった―。1947年初演、ピューリッツァー賞受賞の、近代演劇史上不朽の名作。 ==
22:18
December 7, 2020
「欲望という名の電車」第2回:ブランチが持つ狂気、私やあなたの中にも。
テネシー・ウィリアムズの名作「欲望という名の電車」をテーマにお届けするシリーズの第2回。 女の闇全部のせのブランチさん。”染み”という表現や、書かれた当時の米国主要産業の移ろいとの関連性を指摘する論文の面白さ。個人や社会の分断と、共感を生む制約。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 「『欲望』という名の電車に乗って」ブランチが降り立ったのは、ニューオリアンズの下町フレンチ・クォーター。南部の大農園の娘から身を持ちくずし、妹ステラのアパートに身を寄せた。傷心のまま過去の夢に生きる彼女を迎えたのはしかし、ステラの夫スタンリーらの、粗暴なまでの“新しいアメリカ”の生だった―。1947年初演、ピューリッツァー賞受賞の、近代演劇史上不朽の名作。 ==
19:57
November 30, 2020
「欲望という名の電車」第1回:崩れていく人間を、見てみたくありませんか?
今回からは全3回で、テネシー・ウィリアムズの名作をテーマにお届け。 舞台でもよく上演され、俳優・女優さんの登竜門的な作品とのこと。濃いストーリー。ぜひ想像してみてください。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 「『欲望』という名の電車に乗って」ブランチが降り立ったのは、ニューオリアンズの下町フレンチ・クォーター。南部の大農園の娘から身を持ちくずし、妹ステラのアパートに身を寄せた。傷心のまま過去の夢に生きる彼女を迎えたのはしかし、ステラの夫スタンリーらの、粗暴なまでの“新しいアメリカ”の生だった―。1947年初演、ピューリッツァー賞受賞の、近代演劇史上不朽の名作。 ==
20:54
November 23, 2020
「ルワンダ中央銀行総裁日記」第3回:変革の成果をどこにみるか
数字ばっかりおってませんか? みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 1965年、経済的に繁栄する日本からアフリカ中央の一小国ルワンダの中央銀行総裁として着任した著者を待つものは、財政と国際収支の恒常的赤字であった―。本書は物理的条件の不利に屈せず、様々の驚きや発見の連続のなかで、あくまで民情に即した経済改革を遂行した日本人総裁の記録である。 ==
19:48
November 16, 2020
「ルワンダ中央銀行総裁日記」第2回:国を、組織を変える覚悟はあるか。
企業・組織再生のお手本がここにある。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 1965年、経済的に繁栄する日本からアフリカ中央の一小国ルワンダの中央銀行総裁として着任した著者を待つものは、財政と国際収支の恒常的赤字であった―。本書は物理的条件の不利に屈せず、様々の驚きや発見の連続のなかで、あくまで民情に即した経済改革を遂行した日本人総裁の記録である。 ==
19:34
November 9, 2020
「ルワンダ中央銀行総裁日記」第1回:経済オンチでも、心躍る名作。
これから3回、「ルワンダ中央銀行総裁日記」をお届け。ただただ名作なので、ぜひ呼んでみて...!! みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより)   1965年、経済的に繁栄する日本からアフリカ中央の一小国ルワンダの中央銀行総裁として着任した著者を待つものは、財政と国際収支の恒常的赤字であった―。本書は物理的条件の不利に屈せず、様々の驚きや発見の連続のなかで、あくまで民情に即した経済改革を遂行した日本人総裁の記録である。 ==
17:11
November 2, 2020
「チベット旅行記」最終回:ハードボイルドな旅行をしよう。
全3回でお届け手している「チベット旅行記」回、今回で最終回です。 鎖国されている世界でも、人は食事をし、寝て、病気になる。そんな当たり前のことを改めて感じました。 旅行に行ったら現地に思いっきり溶け込んでみよう!と思わせてくれるそんな本だったなと。そういう意味で、すごい旅行記なのか... みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより)  紹介者も資力もなく、ただひたすら求道の情熱に身を任せ、明治33年、日本人として最初にチベットに入国した著者による旅行記。 ==
14:18
October 26, 2020
「チベット旅行記」第2回:当時ベストセラーになったんだよな、この本。
全3回でお届け手している「チベット旅行記」回の第2回です。 まっすぐな気持ちでチベットに旅立つ著者と、現地では嘘とごまかしでなんとしても入国を果たそうとする著者の心持ちはどんなものだったのか。 ただ学ぶだけではなく、現地で爪痕を残してくる河口慧海さん、すごい。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 紹介者も資力もなく、ただひたすら求道の情熱に身を任せ、明治33年、日本人として最初にチベットに入国した著者による旅行記。 ==
19:01
October 19, 2020
「チベット旅行記」第1回:初・全然行きたくならない旅行記
これから3回、「チベット旅行記」という本をテーマにお届けします。 時代は明治後期。仏道を追求するために当時鎖国をしていたチベットへの入国を試み、果たした著者の生々しい旅行記。 溢れる現場間。度胸。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 紹介者も資力もなく、ただひたすら求道の情熱に身を任せ、明治33年、日本人として最初にチベットに入国した著者による旅行記。 ==
18:57
October 12, 2020
「かのように」最終回:仮定することとラベル剥がしすること
全3回の森鴎外「かのように」回の最終回です。 ふたりで、澱のように積もった「かのように」との向き合い方や、小説の中で主人公の対話相手になる綾小路的な存在についてしっぽりと話しました。いやー、100年前の小説なんですよね、これ。すごいなぁ。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 明治・大正期の文学者、森鴎外の短編小説。初出は中央公論で1912(明治45)年。五条秀磨は歴史学者である。その良心にそって神話と歴史を分離して論じたいと願っているが、そのためには古い権威と葛藤することになる。やがて、秀磨はドイツの哲学者であるファイヒンガアの「かのやうに」の哲学を応用することを思いつく。大正三年、天皇制を人々が公に論じ始めた時代に、鴎外が一つの方向を示唆した作品。 ==
17:36
October 5, 2020
「かのように」第2回:確かなことなんてあるんだろうか?
これから全3回の森鴎外「かのように」編、今回は第2回。 本の一つのテーマである天皇制だけではなく、家族のあり方も「かのように」の対象なんだろうな、と思いながら読んでいました。そして、一人一人の「かのように」は違う姿をしている。当たり前だけど。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 明治・大正期の文学者、森鴎外の短編小説。初出は中央公論で1912(明治45)年。五条秀磨は歴史学者である。その良心にそって神話と歴史を分離して論じたいと願っているが、そのためには古い権威と葛藤することになる。やがて、秀磨はドイツの哲学者であるファイヒンガアの「かのやうに」の哲学を応用することを思いつく。大正三年、天皇制を人々が公に論じ始めた時代に、鴎外が一つの方向を示唆した作品。 ==
15:57
September 28, 2020
「かのように」第1回:森鴎外の名作を。
これから全3回の森鴎外「かのように」をお届けします! みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 明治・大正期の文学者、森鴎外の短編小説。初出は中央公論で1912(明治45)年。五条秀磨は歴史学者である。その良心にそって神話と歴史を分離して論じたいと願っているが、そのためには古い権威と葛藤することになる。やがて、秀磨はドイツの哲学者であるファイヒンガアの「かのやうに」の哲学を応用することを思いつく。大正三年、天皇制を人々が公に論じ始めた時代に、鴎外が一つの方向を示唆した作品。 ==
20:06
September 21, 2020
「ハーバードからの贈り物」最終回:「まずい食事と真実」しなやかな自分を作る
偉くなったり、成功することで、そこにはバラ色の生活が待っているのでしょうか?「まずい食事と真実」は、社会における立場が変わったからこそ気をつけなくてはいけないことをテーマにしています。二人でしっぽり読後感を話しながら、どんなふうになっていくといいんだろうね、と考えます。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 信じた道を行こうと心に決めたとき、この本を開いてほしい―。 仕事で落ち込んだとき、くじけそうになったとき、迷ったり悩んだりしたとき、「初心」を思い出させてくれるハーバード恒例の“最終講義”を一挙掲載。 ==
17:19
September 17, 2020
「ハーバードからの贈り物」第3回:「同窓会」と評価軸をたくさん持つことについて
「同窓会」は、この本の中で私(のぞみ)が一番好きな話の一つです。神戸に移るとき、会社を興すとき、この話を定期的に読み返してきた気がします。書籍の紹介にある『信じた道を行こうと心に決めたとき、この本を開いてほしい―。 』という内容を地でいくこのお話、是非皆さんに届けたいです。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 信じた道を行こうと心に決めたとき、この本を開いてほしい―。 仕事で落ち込んだとき、くじけそうになったとき、迷ったり悩んだりしたとき、「初心」を思い出させてくれるハーバード恒例の“最終講義”を一挙掲載。 ==
16:18
September 14, 2020
「ハーバードからの贈り物」第2回:「剥製の鳥」とお互いの大学・大学院時代
いろんなお話が心に残っているみきさん。そのうちの一つが、教授の学生時代に受けた動物学の試験をテーマにした「剥製の鳥」というお話。 不確実性の中でも、逃げ出さずに意思決定することの大切さと、難しさを教えてくれるよいお話。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより)  信じた道を行こうと心に決めたとき、この本を開いてほしい―。 仕事で落ち込んだとき、くじけそうになったとき、迷ったり悩んだりしたとき、「初心」を思い出させてくれるハーバード恒例の“最終講義”を一挙掲載。 ==
14:11
September 10, 2020
「ハーバードからの贈り物」第1回:2人で8月振り返りからの本紹介
これから4回、「ハーバードからの贈り物」というほんをテーマにお届けします。 ハーバードMBAの各講義では、最終回に教授自身が自由にメッセージを伝える、という慣習があるようで。まさにその生徒だった著者、デイジー・ウェイドマンが、心に残った講義15個を取り上げて、それを記した本書。 キャリアと会社の今後に迷いがちな2人で、改めて読んでみました。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 信じた道を行こうと心に決めたとき、この本を開いてほしい―。 仕事で落ち込んだとき、くじけそうになったとき、迷ったり悩んだりしたとき、「初心」を思い出させてくれるハーバード恒例の“最終講義”を一挙掲載。 ==
18:32
September 7, 2020
「アルジャーノンに花束を」第4回:純度の高い感情と”憧れ”
ドラマ化もされたSFの名作「アルジャーノンに花束を」を取り上げました。 最終回はみきさんから、憧れや好き、など、純度の高い感情ってなんでしょうね、というお話が。 みき(@miki_apreciar)  のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 32歳で幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイは、ある日、ネズミのアルジャーノンと同じ画期的な脳外科手術を受ければ頭がよくなると告げられる。手術を受けたチャーリイは、超天才に変貌していくが……人生のさまざまな問題と喜怒哀楽を繊細に描き、全世界が涙した現代の聖書。 ==
15:53
August 6, 2020
「アルジャーノンに花束を」第3回:のぞみのメモ
ドラマ化もされたSFの名作「アルジャーノンに花束を」を取り上げました。 第3回はのぞみが書いたメモを取り上げながら、バラバラと話します。ちなみにメモはこんな感じです。 お父さんは気づかなくて、お母さんは気づいたんだよなぁ。 アルジャーノンのところに入っていたキニィは何を感じていたんだろう。 酒場で知的障害者を笑っていることに気づいたチャーリーのシーン、はっとするよな。自分が過去いたところにいる人を笑っていないか。 ジェフ・ベゾスのイェール大学講演を思い出した。優しさにこそ価値がある。 what ifのパワー。 思考をメモしておくことの価値。 物語を生み出す際の再現性について みき(@miki_apreciar のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 32歳で幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイは、ある日、ネズミのアルジャーノンと同じ画期的な脳外科手術を受ければ頭がよくなると告げられる。手術を受けたチャーリイは、超天才に変貌していくが……人生のさまざまな問題と喜怒哀楽を繊細に描き、全世界が涙した現代の聖書。 ==
12:18
August 3, 2020
「アルジャーノンに花束を」第2回:読後感をしっぽりと
今回は、ドラマ化もされたSFの名作「アルジャーノンに花束を」を取り上げました。 読んでみての感想をバラバラと。 みき(@miki_apreciar のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 32歳で幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイは、ある日、ネズミのアルジャーノンと同じ画期的な脳外科手術を受ければ頭がよくなると告げられる。手術を受けたチャーリイは、超天才に変貌していくが……人生のさまざまな問題と喜怒哀楽を繊細に描き、全世界が涙した現代の聖書。 ==
15:21
July 30, 2020
「アルジャーノンに花束を」第1回:過去読んだ印象と違う...??
今回は、ドラマ化もされたSFの名作「アルジャーノンに花束を」を取り上げました。 まずはあらすじを振り返りながら、過去読んだ印象との相違について考えてみます。 みき(@miki_apreciar のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 32歳で幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイは、ある日、ネズミのアルジャーノンと同じ画期的な脳外科手術を受ければ頭がよくなると告げられる。手術を受けたチャーリイは、超天才に変貌していくが……人生のさまざまな問題と喜怒哀楽を繊細に描き、全世界が涙した現代の聖書。 ==
22:28
July 27, 2020
「愛するということ」第4回:"愛するということはなんの保証もないのに行動を起こすこと"
今回は、エーリッヒ・フロムの名作「愛するということ」を取り上げました。いろんなことが起きて世界が喧しい今だからこそ、愛について考えます。最後は恒例、みきさんのオンライン合コンのお話で締めましょう。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 愛は技術であり、学ぶことができる―― 私たち現代人は、愛に渇えつつも、現実にはエネルギーの大半を、成功、威信、金、権力といった目標のために費やし、愛する技術を学ぼうとはしない。 愛とは、孤独な人間が孤独を癒そうとする営みであり、愛こそが現実の社会生活の中で、より幸福に生きるための最高の技術である。  -- 小谷野敦さん 間違えてはいけない。これは「愛されるということ」ではない。この本をいくらよく読んで何かを実行しても、好きな相手から好かれるようにはならない。そういう勘違いさえしなければ、読んでもよい。 ==
22:58
July 23, 2020
「愛するということ」第3回:”自分の役に立たない者を愛するときにはじめて愛は開花する”
今回は、エーリッヒ・フロムの名作「愛するということ」を取り上げました。いろんなことが起きて世界が喧しい今だからこそ、愛について考えます。今回は、みきさんの友人や結婚というものを通じて、愛について考えます。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 愛は技術であり、学ぶことができる―― 私たち現代人は、愛に渇えつつも、現実にはエネルギーの大半を、成功、威信、金、権力といった目標のために費やし、愛する技術を学ぼうとはしない。 愛とは、孤独な人間が孤独を癒そうとする営みであり、愛こそが現実の社会生活の中で、より幸福に生きるための最高の技術である。  -- 松浦弥太郎さん 愛とは、自然と涙が流れること。愛するとは、すべてを信じることから学ぶ、工夫と発案に満ちた無償の生き方である。本書は現代人が欲望と引き換えに失った、人間らしさに立ち返るヒントに満ちた一冊といえよう。 ==
18:51
July 20, 2020
「愛するということ」第2回:”愛は能動である”
今回は、エーリッヒ・フロムの名作「愛するということ」を取り上げました。いろんなことが起きて世界が喧しい今だからこそ、愛について考えます。第2回は各界著名人の方々がこの本を読んだ感想をシェアしつつ、改めて自分たちの過去の経験を振り返ります。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 愛は技術であり、学ぶことができる―― 私たち現代人は、愛に渇えつつも、現実にはエネルギーの大半を、成功、威信、金、権力といった目標のために費やし、愛する技術を学ぼうとはしない。 愛とは、孤独な人間が孤独を癒そうとする営みであり、愛こそが現実の社会生活の中で、より幸福に生きるための最高の技術である。  -- 菊地成孔さん 「愛ってこんなに面倒くさいものなの」?と思うでしょうけれども、こんなに面倒くさいんです。 あらゆる愛の実践が、歌の歌詞だけになってしまった現代に残された、今となっては喰えないぐらいにキツイ本です。 「ずっとそばにいるよ」とか「声聞けないと死にそうだよ」とかいった言葉に本気でグッと来るような人は、読まない方が良いかもしれません。 ==
19:16
July 16, 2020
「愛するということ 」第1回:”愛は何よりも与えることであり、もらうことではない”
今回は、エーリッヒ・フロムの名作「愛するということ」を取り上げました。いろんなことが起きて世界が喧しい今だからこそ、愛について考えます。まずはこの本ってどんな本?というのと、フロムにとって「愛は何であり、何ではないのか?」を考えます。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 愛は技術であり、学ぶことができる―― 私たち現代人は、愛に渇えつつも、現実にはエネルギーの大半を、成功、威信、金、権力といった目標のために費やし、愛する技術を学ぼうとはしない。 愛とは、孤独な人間が孤独を癒そうとする営みであり、愛こそが現実の社会生活の中で、より幸福に生きるための最高の技術である。 -- 杏さん 「愛」を、学術的に学ぶ本。 解剖・分解され、構築される愛のメソッド。 本能として持ち合わせた愛を、いったいどれだけ言葉で表せるのだろう。 愛されるのではなく、愛する技術とは? 生きるためのヒントがつまっている。 ==
19:46
July 13, 2020
「ハツカネズミと人間」最終回:自分らしい学びをくれる、それが戯曲
みきさんのおすすめで、ジョン・スタインベックの名作戯曲を取り上げます。それぞれがメモしていたところがぜんぜん違うの、面白いなぁとおもいつつ。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 一軒の小さな家と農場を持ち、土地のくれるいちばんいいものを食い、ウサギを飼って静かに暮らす―からだも知恵も対照的なのっぽのレニーとちびのジョージ。渡り鳥のような二人の労働者の、ささやかな夢。カリフォルニアの農場を転々として働く男たちの友情、たくましい生命力、そして苛酷な現実と悲劇を、温かいヒューマニズムの眼差しで描いたスタインベックの永遠の名作。 ==
21:33
July 6, 2020
「ハツカネズミと人間」第2回:映画のお話
みきさんのおすすめで、ジョン・スタインベックの名作戯曲を取り上げます。 他にもおすすめの本の話なんかをしています。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 一軒の小さな家と農場を持ち、土地のくれるいちばんいいものを食い、ウサギを飼って静かに暮らす―からだも知恵も対照的なのっぽのレニーとちびのジョージ。渡り鳥のような二人の労働者の、ささやかな夢。カリフォルニアの農場を転々として働く男たちの友情、たくましい生命力、そして苛酷な現実と悲劇を、温かいヒューマニズムの眼差しで描いたスタインベックの永遠の名作。 ==
20:18
June 29, 2020
「ハツカネズミと人間」第1回:そもそもどんな本?読後感はどう?
みきさんのおすすめで、ジョン・スタインベックの名作戯曲を取り上げます。舞台や映画にもなっているこちら、舞台・戯曲初心者ののぞみは一生懸命内容を理解しようとするんですが... みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 一軒の小さな家と農場を持ち、土地のくれるいちばんいいものを食い、ウサギを飼って静かに暮らす―からだも知恵も対照的なのっぽのレニーとちびのジョージ。渡り鳥のような二人の労働者の、ささやかな夢。カリフォルニアの農場を転々として働く男たちの友情、たくましい生命力、そして苛酷な現実と悲劇を、温かいヒューマニズムの眼差しで描いたスタインベックの永遠の名作。 ==
18:44
June 22, 2020
「反応しない練習」最終回:さて、さっそく練習だ!
2015年の発売以来、ロングセラーになっているこの本。世の中が喧しい今だからこそ、読むべき本として選んでみました。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 悩みは「消す」ことができる。そしてそれには「方法」がある――ブッダの「超合理的で、超シンプル」な教えを日常生活に活かすには? 注目の“独立派”出家僧が原始仏教からひもとく“役に立つ仏教”。 ==
21:21
June 18, 2020
「反応しない練習」第3回:承認欲求という妄想を越えよう。積極的に”無責任”になろう。
2015年の発売以来、ロングセラーになっているこの本。世の中が喧しい今だからこそ、読むべき本として選んでみました。 「わかる」と「できる」の狭間がそろそろ生まれてきます。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 悩みは「消す」ことができる。そしてそれには「方法」がある――ブッダの「超合理的で、超シンプル」な教えを日常生活に活かすには? 注目の“独立派”出家僧が原始仏教からひもとく“役に立つ仏教”。 ==
17:46
June 15, 2020
「反応しない練習」第2回:判断はすべて妄想。自信がないことも判断、妄想だ。
2015年の発売以来、ロングセラーになっているこの本。世の中が喧しい今だからこそ、読むべき本として選んでみました。 反応ってなんじゃい?から解き明かしましょうまずは。最後の方で、みきさんの怒りとの向き合い方についても話しています。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 悩みは「消す」ことができる。そしてそれには「方法」がある――ブッダの「超合理的で、超シンプル」な教えを日常生活に活かすには? 注目の“独立派”出家僧が原始仏教からひもとく“役に立つ仏教”。 ==
17:20
June 11, 2020
「反応しない練習」第1回:そもそもどんな本?読後感はどう?
2015年の発売以来、ロングセラーになっているこの本。世の中が喧しい今だからこそ、読むべき本として選んでみました。 まずはみきさんの読後感から伺っています:-) みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 悩みは「消す」ことができる。そしてそれには「方法」がある――ブッダの「超合理的で、超シンプル」な教えを日常生活に活かすには? 注目の“独立派”出家僧が原始仏教からひもとく“役に立つ仏教”。 ==
18:01
June 8, 2020
「仕事はたのしいかね?」最終回:私たちは何を試すのか?みきさんの実験は進む。
本をただ読むのではなく、行動を。 この本のメッセージ、「試してみることに失敗はない」を実践しようとする二人です。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 「仕事は楽しいかね?」 大雪で閉鎖になった空港で、偶然出会った老人の問いかけに、動揺してしまった35歳の「私」。仕事にゆきづまりを感じ、未来に期待感をもてない私に、老人は一夜だけの講義を開始した…。 == ※録音/編集の都合上、音割れが起きてしまっています...次からなんとかします!
23:20
May 28, 2020
「仕事はたのしいかね?」第2回:試してみることに失敗はない/Experiments never fail
目標設定、ポジティブな姿勢、、、よく言われる成功の方程式を「そんなよりもっと大切なものがあるよ」と主人公・マックスは言います。 「多くの人は他人を凌駕する人材になろうとしているけど、それを他人と同じような人間になることで達成しようとしている。」 いくつかのキーワードを取り上げながら、本の内容を振り返ります。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 「仕事は楽しいかね?」 大雪で閉鎖になった空港で、偶然出会った老人の問いかけに、動揺してしまった35歳の「私」。仕事にゆきづまりを感じ、未来に期待感をもてない私に、老人は一夜だけの講義を開始した…。 == ※録音/編集の都合上、音割れが起きてしまっています...次からなんとかします!
19:37
May 21, 2020
「仕事はたのしいかね?」第1回:そもそもどんな本?読後感はどう?
「本をテーマにPodcastやろう!」という思いだけで録音を始めた二人。 京都大学iPS細胞研究所の山中先生も愛読書としてあげていらっしゃる「仕事はたのしいかね?」を最初に話す1冊に選びました。 そもそもどんな時代背景の中で生まれた本なんだっけ? 読んでみてどうだった? 内容にはいっていく前に、そんなことから話し合っています。 みき(@miki_apreciar) のぞみ(@CobeAssocie) == 書籍紹介(Amazonより) 「仕事は楽しいかね?」 大雪で閉鎖になった空港で、偶然出会った老人の問いかけに、動揺してしまった35歳の「私」。仕事にゆきづまりを感じ、未来に期待感をもてない私に、老人は一夜だけの講義を開始した…。 == ※録音/編集の都合上、音割れが起きてしまっています...次からなんとかします!
17:24
May 18, 2020