Skip to main content
ドイツのメディアから

ドイツのメディアから

By Yuri Sawabe & Yu Minobe
ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。


番組への感想などは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。


沢辺ゆり
日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。

美濃部遊
小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
Listen on
Where to listen
Apple Podcasts Logo

Apple Podcasts

Breaker Logo

Breaker

Google Podcasts Logo

Google Podcasts

Pocket Casts Logo

Pocket Casts

RadioPublic Logo

RadioPublic

Spotify Logo

Spotify

23. ドイツの水害ー過去を掘り起こす
今回は、自然災害がテーマです。今回ドイツ西部で起こった水害では多くの人の命が失われ、まだ復旧活動が続いています。ポッドキャストの中ではドイツの現状に加え、歴史を遡って災害とドイツ、とりわけ政治と自然災害について解説いただきます。都合により美濃部が今回は参加できず、沢辺さんお一人での解説です(配信のタイミングも遅れてしまい、お待たせしてしまった皆様にお詫び申し上げます)。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり   日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
53:42
August 3, 2021
22. ハンガリー問題から見る「価値共同体」EU
今回のテーマは、EUとハンガリーです。EUの中では少し前からハンガリーをはじめとするいくつかの東欧諸国との間に確執が生まれているような印象があるのですが、今回はその中のハンガリーについて、沢辺さんに詳しく解説いただきます。
 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり   日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
56:59
July 20, 2021
21. サッカーはなぜ「屈折した社会現象」?
今回のテーマは、ドイツにいれば避けて通れない話の話題、というだけでなく、ドイツ社会のあらゆる領域に大きく影響を与えている、サッカーです。まさに今、ヨーロッパではサッカーヨーロッパ選手権がクライマックスを迎えていますが、今回はより一般的に、サッカーとドイツ社会というようなテーマで解説いただきます。
 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり   日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
52:30
July 10, 2021
20. 番組ホスト2人のドイツ体験から:ドイツの小学校について
今回は、「ドイツのメディアから」というタイトルを離れて、ポッドキャストをホストする2人のドイツ体験を基にお話しする回です。ドイツの小学校についてお話ししました。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり   日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
51:04
June 30, 2021
19. 自分の首を絞めた?ーSPDの社会政策 "Agenda 2010"
今回のテーマは、ドイツの社会政策 "Agenda 2010" です。これを推し進めたドイツ社会民主党(SPD)は、今支持率を大幅に落として、10%台で低迷していますが、どうやらこの理由は、社会政策に関係があるようです。SPDが「自分で自分の首を絞めた」話を、沢辺さんに解説いただきます。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり   日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
49:45
June 20, 2021
18. "欧州最後の独裁国" ベラルーシの今
今回のテーマは、先月、民間機を自国に強制着陸させたベラルーシについて解説いただきます。四半世紀以上にわたって権力の座についているルカシェンコ大統領と、ベラルーシ国内の反対運動、そして地政学的な位置関係から見えてくる、ベラルーシ・ロシア・EUの微妙な力関係についてもお話いただきます。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり   日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
44:24
June 10, 2021
17. イスラエル・パレスチナ問題とドイツの反ユダヤ主義問題
今回のテーマは、イスラエルとパレスチナ問題におけるドイツの立場について解説いただきます。先日、再発したハマスとイスラエルの衝突は非常に歴史的に根が深く、この問題自体に深く立ち入ることはしないのですが、今回はこの問題を受けてドイツでどのような反応が起こっているのかをテーマにお話しいただきたいと思います。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり   日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
49:24
May 30, 2021
16. 不十分な政策は違憲!ドイツの気候変動対策の今
今回のテーマは、ドイツの気候変動対策についてです。4月29日にドイツ憲法裁判所が下したある違憲判決によって、ドイツの気候変動対策は、少なくとも法律上は今大きく前に進もうとしています。沢辺さんに詳しく解説いただきます。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり   日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
50:00
May 20, 2021
15. 戦後ドイツとアメリカ:心情の移り変わりを追って
今回のテーマは、ドイツとアメリカの関係です。日本と同じく敗戦国として戦後をスタートしたドイツですが、アメリカとはどのような関係でいたのでしょうか。あるいはその関係はどのように変化してきたのでしょうか。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり   日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。  [番組内で引用した音源] - "Ich bin ein Berliner" - JFK in Berlin by ZDF via ZDF Mediathek (https://www.zdf.de/dokumentation/momente-der-geschichte/ich-bin-ein-berliner-jfk-in-berlin-102.html) - „German FM makes impassioned plea for peace“ by AP Archive via Youtube (https://www.youtube.com/watch?v=CpuN-yM1sZU)
01:00:23
May 10, 2021
14. ドイツの選挙カルチャー:政治が娯楽?
今回のテーマはドイツにおける選挙・政治の位置付けです。2021年9月に行われる連邦議会選挙について少しお話しした後、「ドイツ人と政治」、選挙や政治をめぐる文化について解説いただきます。  ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。      沢辺ゆり  日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。     美濃部遊   小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
50:41
April 30, 2021
13. "ソファーゲート事件"とは?トルコとEUの関係を考える
第13回の今回は、ドイツ・EUとトルコの関係についてです。歴史的に深い繋がりのあるドイツとトルコ。
今回は、最近起きたソファーゲート、と呼ばれる事件をきっかけに、トルコとの関係について解説いただきたいと思います。  ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。   番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。     沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。    美濃部遊  小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。    [番組内で引用した音源] - "Song: Erdowie, Erdowo, Erdogan | extra 3 | NDR" by extra3 via YouTube https://www.youtube.com/watch?v=R2e2yHjc_mc
58:03
April 20, 2021
12. パンデミックの1年を振り返るーメルケル首相の発言を追って
第12回の今回は、パンデミックの1年を振り返ります。コロナウイルスは2020年の春から多くの国、そして人の生活を一変させました。ドイツでこの1年がどう経験され、政治はどう動いたのか。メルケル首相の発言を追って、解説いただきます。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。   番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。    沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。   美濃部遊  小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
58:41
April 10, 2021
11. アイデンティティ・ポリティクスをめぐる論争
第11回は、ドイツ社会民主党(SPD)内で起こった議論を発端に、ドイツにおけるアイデンティティ・ポリティクスをめぐる議論について解説いただきます。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。   番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。    沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。   美濃部遊  小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
55:51
March 30, 2021
10. "フクシマ" 発生後緊迫の96時間
第10回は、「3.11」後の足掛け5日間、ドイツ政府の中枢で何が起こっていたかについて。原発の稼働期間延長を決めていたドイツは、福島の原発事故発生後96時間で、その決定を一度撤回し、再検討するという急展開をたどります。その道筋を、ドイツで制作されたドキュメンタリー番組をもとに解説いただきます。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。   番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。    沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。   美濃部遊  小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
57:57
March 20, 2021
9. 男*女のはざまでードイツ語ジェンダー論争史
第9回は、ふたたび「言葉」について考えます。今回は特に「ジェンダー上の用法」について。男性と女性の混合集団を指す場合、ドイツ語では男性形の複数形を用いる原則(男性形の一般用法)があります。これに対して、1980年代から、さまざまなアクターによる抗議運動が展開されてきました。LGBTQI+の可視化や、ドイツでは「第三の性」の公認などを通して近年再び活発化している、ジェンダー、意識、言葉の問題について、いま再び考えます。  今回のエピソードに関連した沢辺さんのブログ記事はこちら。  ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。   番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。    沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。   美濃部遊  小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
01:05:06
March 10, 2021
8. ロシアとの駆け引きからヨーロッパを考える
第8回は、ロシアとドイツの関係について考えます。ロシアというと、まず昨年8月のアレクセイ・ナヴァリヌイ氏毒殺未遂事件が思い出されますが、今回はそれよりも時間的な射程を広げて、ここ数年の、ヨーロッパとロシアの関係について解説いただきます。後半では、その中でも今ドイツとロシアの間、そして他国も巻き込んで実は大きなイシューとなっている、天然ガスのパイプラインについてお話しします。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。  番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。   沢辺ゆり  日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。   美濃部遊  小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
51:16
February 20, 2021
7. 言葉のカテゴリ化するちからー「移民背景」「第三の性」から考える
第7回は、前回に引き続き、言葉の問題について考えます。
今日考えるのは、「Menschen mit Migrationshintergrund」、直訳すれば、「移民背景を持つ人」と「divers」「多様な」。これらの単語から、言葉のカテゴリ化する力と、それが社会に与える影響について考察します。  ※一部音声が聞き取りににくくなっていますがご了承ください。次回以降改善いたします。  ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。  番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。   沢辺ゆり  日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。   美濃部遊  小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
46:05
February 10, 2021
6. 言葉の境界はヒューマニズムの境界を超えてはならないー「2020年の危険な言葉」から考える
第6回のテーマは、ドイツで毎年発表されている「今年の危険な言葉(Unwort des Jahres)」。今回はそこから、政治場面における言葉の選び方や使い方が、議論全体にどのような影響を及ぼすのかについて考えます。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。 番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。  美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
54:60
January 30, 2021
5. 人間の尊厳は不可侵であるードイツ基本法の話
第5回のテーマは、ドイツ基本法の第一条第一項「人間の尊厳は不可侵である」。おそらくドイツで最も有名な法律の一文であろうこの文は、どのように成り立ったのか?前半には、それと関わるテレビドラマのお話を入れ、解説していただきます。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。 番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。  美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
42:45
January 21, 2021
4. Good bye, Britainーとある隣国同士の歴史
第4回のテーマは、イギリスのEU離脱「ブレグジット」。ノー・ディール離脱を直前で回避した両者は、EUに対して何を期待しているのか。そのズレについて、そして、そもそもEUが市民の一部に嫌われる理由は何なのか。「ブレッツェル岩塩事件」や「ディルンドルのデコルテ事件」なども踏まえて、ドイツメディアの視点から解説します。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。 番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。  美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。 
47:14
January 10, 2021
3. 研究者から女性初の首相へ、メルケルさんってどんな人?
第3回のテーマは、首相在任15年を迎えた、アンゲラ・メルケル首相。東ドイツで育ち、物理学者を経てドイツ初の女性首相になったメルケル氏について、その特異な経歴を追い、その政策の特徴、そして人柄について、お話しします。 ※一部、音声に乱れがあったため、アップデートしました。お知らせいただき、ありがとうございました。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。 番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。  美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。  [番組内で引用した音源] - "Machtwechsel von Gerhard Schröder zu Angela Merkel 2005" by Tutorialsgerman via YouTube - "Applaus für Merkel nach Konter gegen Weidel" by FAZ via YouTube - "Flüchtlingspolitik: "Wir schaffen das"-Statement von Angela Merkel am 31.08.2015" by phoenix via YouTube
45:33
December 30, 2020
2. 極右との連携は許されるのか?2つの「事件」とAfDの思惑
第2回のテーマは新興極右政党「AfD(アー・エフ・デー=ドイツのための選択肢)」。今回は、初めにドイツの政党についておさらいし、その上で最も新しく連邦議会に進出したAfDについてのお話を伺っていきます。結党から現在にいたるまで、そして最近立て続けに起きた「事件」を例に、現在ドイツ政治の中のAfDと立場と思惑を探ります。 ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。 番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。  美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。  [番組内で引用した音源] - "Alice Weidel im Bundestag: "Kopftuchmädchen und andere Taugenichtse"" by DER SPIEGEL via YouTube
52:58
December 20, 2020
1. ヒッピーからスマートへ:緑の党の葛藤
第1回のテーマは「緑の党」。今、Fridays For Future などの運動によって追い風を受けていると言われている緑の党ですが、そもそも緑の党はいつからあるのか、そして意外にも今立たされている岐路について、解説いただきます。  ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。 番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。  美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。  [番組内で引用した音源] - "Grohnde 19.März 1977" by 2010Laika via YouTube - "WELT - LIVE DABEI: Fridays for Future in Berlin" by WELT Nachrichtensender via YouTube
34:42
December 10, 2020
予告編:ドイツのメディアから
ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。 沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。 美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。
00:50
December 5, 2020