Skip to main content
FoundX スタートアップ Podcast

FoundX スタートアップ Podcast

By FoundX UTokyo

これから起業を考える皆さんに向けて、アイデアやノウハウ、海外のスタートアップの情報をお届けします。

東京大学 FoundX は、東京大学卒業生のスタートアップを支援するプログラムと施設を運営しています。
Where to listen
Apple Podcasts Logo

Apple Podcasts

Google Podcasts Logo

Google Podcasts

Overcast Logo

Overcast

Pocket Casts Logo

Pocket Casts

RadioPublic Logo

RadioPublic

Spotify Logo

Spotify

スタートアップのピッチ方法
スタートアップのピッチ方法
スタートアップのピッチを作るときに気を付けたい言葉の選び方、表現の仕方など、基本原則とTipsを交えて紹介しています。 原文: https://review.foundx.jp/entry/how-to-pitch-your-startup
35:35
June 21, 2022
スタートアップの製品価格設定入門
スタートアップの製品価格設定入門
価格設定はビジネスの成功を大きく左右します。この回では、スタートアップの基本的な価格設定の考え方について解説しています。 原文: https://review.foundx.jp/entry/startup-pricing-101
18:52
June 16, 2022
ハードテック&バイオテック起業家へのアドバイス
ハードテック&バイオテック起業家へのアドバイス
ハードテック、ディープテック、バイオテックと呼ばれるような領域はソフトウェアスタートアップとは少し異なる点を意識しながら進めていく必要があります。 Y Combinator でそうした領域を主に見てきたパートナーが、この領域での最初の一歩の歩み出し方を解説します。 原文: https://review.foundx.jp/entry/advice-for-hard-tech-and-biotech-founders
21:38
June 09, 2022
ローンチする方法(何度も何度も)
ローンチする方法(何度も何度も)
ローンチは一度きりのイベントではありません。何度も何度もローンチしていくものです。この Podcast では、ローンチの考え方とそのいくつかの方法を解説します。 原文: https://review.foundx.jp/entry/how-to-launch-again-and-again
25:32
June 02, 2022
デフォルトで生きているのか、死んでいるのか
デフォルトで生きているのか、死んでいるのか
起業して数か月経ったときに問うべき質問として、「デフォルトで生きているのか、死んでいるのか」というものがあります。その考えの背景と、デフォルトで厳しい状況の抜け出し方について、Paul Graham が解説します。 原文: https://review.foundx.jp/entry/default_alive_or_default_dead
09:51
May 27, 2022
企業文化を作る
企業文化を作る
スタートアップの初期から気にしておくべき「企業文化」。そのポイントを数々のスタートアップを見てきた Y Combinator のパートナーが語ります。 原文: https://review.foundx.jp/entry/building-culture
20:03
May 24, 2022
9つのビジネスモデル&投資家が注目するメトリクス
9つのビジネスモデル&投資家が注目するメトリクス
ビジネスモデルをパターンに分けて、それぞれのビジネスモデルで追いかけるべきメトリクスを解説しています。 原文: https://review.foundx.jp/entry/nine-business-models-and-the-metrics
35:31
May 23, 2022
共同創業者と働く方法
共同創業者と働く方法
共同創業者と一緒に働くときのTipsや、口論の避け方、事前の対策などについて解説しています。 原文: https://review.foundx.jp/entry/how-to-work-together
26:57
May 18, 2022
KPIとゴールを設定する方法
KPIとゴールを設定する方法
スタートアップ初期に設定するべき少数のKPIについて、Startup School 2019 の講義からの解説です。 原文: https://review.foundx.jp/entry/how-to-set-kpis-and-goals
28:44
May 12, 2022
MVP を計画する方法
MVP を計画する方法
MVPを作るときに参考にしたい、Startup School 2019 の講義です。 元記事: https://review.foundx.jp/entry/how-to-plan-an-mvp
17:51
May 09, 2022
ユーザーインタビューの基本
ユーザーインタビューの基本
Startup School 2019 の講義の読み起こしです。 https://review.foundx.jp/entry/how-to-talk-to-users
39:10
April 27, 2022
スタートアップのアイデアを評価する方法
スタートアップのアイデアを評価する方法
元の記事はこちらです。アイデアを考えるときにも有用です。 https://review.foundx.jp/entry/how-to-evaluate-startup-ideas-1
31:32
April 15, 2022
アイデアの生み出し方
アイデアの生み出し方
今日の「聴く FoundX Review」は Sam Altman による「アイデアの生み出し方」です。 元記事はこちらです。 https://review.foundx.jp/entry/idea-generation
05:23
April 13, 2022
起業初期にエンジニアを採用するためのヒント
起業初期にエンジニアを採用するためのヒント
資金調達よりも深刻な問題として、エンジニア不足というものがあります。その問題に対処するために、Sam Altman はいくつかのアドバイスをしています。 一つ目は、ストックオプションの付与をけちらないことです。初期の従業員にストックオプションを気前よく付与したスタートアップで、後悔している会社は多くはありません。逆にオプションを切り詰めたことを誇っているスタートアップは数多く失敗してきてます。 二つ目のアドバイスは、ミッションを原動力にすることです。収益の大きさではなく、使命の大きさや世界にとって重要であることの理由を話す方が、優秀な人は採用しやすいものです。それに優秀な人は優秀な人と働きたがるため、その観点でも重要です。 三つ目のアドバイスは、エンジニア候補の身元を確認し、面接に来てもらうまで説得することに時間を使うことです。一流企業になるまでは、こうした作業を外部に委託することはできません。起業家自らが取り組む必要があります。 今回の Tip の元記事は『エンジニア・クランチ (Sam Altman)』です。
01:07
January 25, 2022
スタートアップに科学的手法を取り入れる
スタートアップに科学的手法を取り入れる
スタートアップをうまく進めていくためには、創造性やインスピレーションに加えて科学的な方法が必要です。 科学的な手法とは仮説検証です。仮説を作り、実験をして検証をすることを繰り返しましょう。そのときには、測定が欠かせません。様々なデータを取ってみて下さい。 そしてデータを簡単に見れるようにするツールも入れてみましょう。社内でどれだけの人が分析ツールの利用をしているのかを測定してみると、どれだけの人が科学的な方法を用いているかもわかるかもしれません。 すべての従業員が、どれだけデータを見て分析し、ユーザーとコミュニケーションをしているかが重要です。これらの活動は創造性にもつながります。分析して、ユーザーの声を聴き、実験をすることを繰り返していれば、ユーザーの望むものを作ることはきっとできます。 今回の Tip の元記事は『スタートアップの科学的方法』です。
01:00
January 21, 2022
試行錯誤しながら企業文化を作る
試行錯誤しながら企業文化を作る
スタートアップは成長するごとに、組織や文化の形を変えていきます。企業文化は、ビジネスモデルと同じく、試行錯誤をしながら高めていく必要があります。そして試行錯誤のためには、計測とフィードバックが鍵です。 そこでとあるスタートアップは、マネージャーと従業員の間で毎月双方向式のインタビューを行っているそうです。 そのインタビューではこんな質問が交わされます。「自分のスキルや能力がこの会社で活用されていると思いますか?」「会社を改善するための提案が何かありますか?」「チームは完璧ですか?どのようなスキルを追加するべきですか?」。このような質問を行い、従業員の士気や満足度を計測するとともに、フィードバックを得ています。 またこのインタビューで得られたフィードバックを基に、マネージャーと従業員の双方がお互い早急に改善するというコミットメントを伴っています。 顧客と話すことが大事なように、従業員と話すことから洞察やフィードバックが得られます。自社独自の企業文化を作り上げていくための試行錯誤の仕組みを、ぜひ考えてみて下さい。 なお元の記事では、その他の質問の例も掲載されています。参考にしてみて下さい。 今回の Tip の元記事は『企業文化を具体的なメトリクスにする』です。 
01:15
January 17, 2022
大きく成長するための唯一の方法
大きく成長するための唯一の方法
大きく成長したスタートアップには一つの共通点があると Sam Altman は指摘します。それは「ユーザーが他の誰かにその製品やサービスを勧める」という点です。そのためには、誰かに勧めたくなるような優れた製品やサービスを作る必要があります。 優れた製品がなくても一時的には成長することはできます。マーケティングや広告でユーザー数を伸ばすことはできるでしょう。しかし長続きはしません。 口コミを起こすために、誰か勧めれば報酬が貰えるプログラムを設計することもできるかもしれません。ただ、良い製品でない限り、そうしたプログラムは失敗してしまいます。 つまり、最終的にはユーザーが勧めたくなるほど良い製品を作ることが大きく成長するための唯一の方法です。それを忘れないようにしてください。 今回の Tip の元記事は『大きく成長するための唯一の方法』です。
00:49
January 12, 2022
成長の前に「愛されているか」を確認しよう
成長の前に「愛されているか」を確認しよう
スタートアップは急速な成長をする企業ですが、起業の初期の段階から、成長すること自体を目標にしてしまう企業が多いことに、Sam Altman は警鐘を鳴らしています。 一部のユーザーにまあまあ好かれる製品を作り、それをうまくグロースハッキングしても、それなりにうまくはいくでしょう。一時的に良いユーザー継続率を見せて、投資家を説得できるかもしれません。でもいずればれてしまいます。 最初に確認すべき正しい基準は、成長そのものではなく、「全てのユーザーが当社の製品を愛しており、自然発生的に、他の人にもそれを使うように話しているだろうか?」という問いにイエスと答えられるかどうかです。 また、成長のアクセルを踏むタイミングも重要です。タイミングを見極めるのは重要な要素であり、それがうまくなければ本当の成長はとても難しいものになってしまうでしょう。 今回の Tip の元記事は『グロースの前に (Sam Altman)』です。
00:56
December 24, 2021
Sequoia Capital が考える 11 個の成功の要素
Sequoia Capital が考える 11 個の成功の要素
Sequoia Capital は素晴らしい企業になるスタートアップの特徴を11個にまとめています。 一つ目はパーパスの明確さです。 二つ目は大きな市場です。急速な成長や大きな変化が起こる市場に取り組みましょう。 三つ目はリッチな顧客です。動きが素早く、良いサービスに割高なお金を払ってくれる顧客をターゲットにしましょう。 四つ目はフォーカスです。価値提案がシンプルな製品を作ってください。 五つ目はペインキラーです。顧客にとって差し迫った重要な課題を選んで、それに対する解決策を提供しましょう。 六つ目は異なる考え方をすることです。逆張りをして斬新なソリューションを生み出してください。 七つ目はチームです。企業のDNAは最初の90日間で決まります。最初に採用する人は賢く選んでください。 八つ目はアジリティです。アジリティがあれば動きの遅い企業に勝てます。 九つ目はレジリエンスです。すぐに立ち直り、挑戦し続けましょう。 十個目は倹約です。重要なものだけに資金を使いましょう。 11個目はインフェルノです。ほんの少しの資金から始めることで、フォーカスを強制しましょう。
01:12
December 23, 2021
生殺与奪の権を他社に握らせない ~大きな取引の危険性~
生殺与奪の権を他社に握らせない ~大きな取引の危険性~
スタートアップにとって、自社の命運を左右するような大きな取引は危険なものでもあります。大きな取引に引きずられて、多くのスタートアップが倒産してしまっています。たった一つの取引に依存する会社はとても脆弱です。 大きな取引は契約の直前になって破綻してしまうこともありますし、スタートアップは、大きな取引を成立させたら会社が成功すると信じてしまい、他の取引を軽視してしまい、取り返しがつかない状態になってしまうこともあります。またビジネスの進捗が悪いことを大きな取引のせいにしてしまい、自分たちを欺いてしまいます。投資家も、大きな取引が成立すれば投資するという話をしてしまいがちです。 そこで対策として、大きな取引に取り組みつつ、小さな取引で利益を上げられるようにしましょう。そうして自分たちで自分自身の運命を決められるようにしておいてください。生殺与奪の権を他人に握らせないようにしましょう。 今回の Tip の元記事は『大きな取引の危険性 (Aaron Harris)』です。
01:00
December 22, 2021
スタートアップの営業組織の作り方
スタートアップの営業組織の作り方
素晴らしい製品を作れば顧客が勝手にやってくるということはありません。優れた製品を持つ大企業ですら、セールス部隊を持ってセールス活動をしています。製品がボトムアップで採用されるとしても、営業というトップダウンのアプローチで営業を仕掛ける必要があります。 あなたがCEOなら、適切な営業部長を採用して、毎週会議を開きましょう。パイプラインや予測を話し合いながら、営業部長から学ぶことを忘れないようにしてください。営業を助けるために何ができるかを聞いて、必要に応じて、CEO自身がセールスのクロージングを手伝ってください。営業部長と一緒に目標設定をして説明責任を持たせるようにしましょう。 うまくセールスのモデルが立ち、再現性がある場合のみ営業組織を拡大するようにするのもポイントです。需要に先立って営業組織を拡大すると失敗しがちです。多少遅れるぐらいのほうが好ましいと考えましょう。 営業部門は会社の文化を良くも悪くも変えてしまいます。エンジニアとセールス担当者が一緒にいることを奨励するようにしてください。そうしないと、エンジニア部門と営業部門は高い確率で敵対してしまいます。統合するのはCEOの責任です。 今回の Tip の元記事は『Head of Sales を雇う (Peter Levine)』です。 
01:10
December 21, 2021
「バージョン0」をリリースしよう
「バージョン0」をリリースしよう
早くローンチすることはとても重要です。ローンチしてから顧客との本当の対話が始まります。しかし多くのチームは心理的な抵抗もあり、中々ローンチすることができませんし、ローンチの頻度も高くはありません。 そこでとあるスタートアップは、「バージョン1」ではなく「バージョン0」と呼んで、みっともない製品をリリースすることの心理的な負担を減らしています。 確かに不出来なバージョン0をリリースすることで、自分たちの評判は少し落ちるかもしれません。しかしその評判と、バージョン0をリリースしたことから得られるフィードバックの価値とを比べると、どちらが重要でしょうか。 バージョン0の考え方は製品だけではなく、新機能にも使えます。 「今作っているものはこれです。どう思いますか?」と聞ける最低限のものを作り、顧客との対話を始めてみるようにしてください。 今回の Tip の元記事は『素早く、かつ頻繁に出荷する技術』です。
00:57
December 15, 2021
PMF に到るためにバーニングニーズを見つける
PMF に到るためにバーニングニーズを見つける
PMFが起こっている状況というのは、顧客からの多すぎるリクエストについていけないような状況です。そうした状況になるためにはどうすればよいのでしょうか。 そのためには解決策ではなく、問題を見つけることです。バーニングニーズを見つけることとも言えます。どんなに中途半端な不完全な製品でも、それを試してもいいと思っているような、切迫した問題を見つける必要があります。マーケットがスタートアップから製品をプルする、引きずり出してくるようなニーズを見つけましょう。 そのためにはMVPを作り、初期の顧客を巻き込み、フィードバックをもらうために必要なことをすべてやりましょう。小さな会社の強みは、素早く動けることと、良質な顧客サービスを行えること、そして顧客からの期待が低いことです。こうした特徴を生かして、顧客の問題を期待以上に解決しながら、ユーザーの声を聴き続けて改善してください。 今回の Tip の元記事は『本当のプロダクトマーケットフィット』です。
01:06
December 14, 2021
優秀な人材に会社に居続けてもらう3つのコツ
優秀な人材に会社に居続けてもらう3つのコツ
スタートアップにとって優秀な従業員の採用は非常に重要です。同じぐらい重要なこととして、従業員に自分たちの会社で働き続けてもらう、ということがあります。スタートアップは10人を採用して、1年後にそのすべての人を失う、という失敗をしてしまいがちです。 そこで従業員の維持のための戦術が必要です。そのために3つのコツを紹介します。 一つ目はミッションです。ミッションの重要性を信じてもらえれば、他の会社で得られる報酬に誘惑される可能性は低くなります。そのためにもミッションを社内で繰り返し話題にしましょう。 二つ目は急速な成長です。会社が成長すると誰もが新しい挑戦とやりがいを得ることができます。さらに株式の価値も上がり、居続けようと思ってくれます。 三つめは素晴らしい職場環境です。これを作るには、優れた企業文化と優れたチームが必要です。優れた人材のほとんどは、優れた人材と一緒に仕事をしたがる傾向にあります。そのため、最初の10人を妥協せずに選ぶのも重要です。 これら三つを組み合わせながら良い人材を維持していくことで、競争上、かなり有利な立場に立てます。 今回の Tip の元記事は『従業員の維持 (Sam Altman)』です。
01:12
December 13, 2021
"おもちゃ"のような市場を狙うスタートアップ
"おもちゃ"のような市場を狙うスタートアップ
成功したスタートアップの一部はおもちゃのような市場から始めて大きくなっています。 Amazon はインターネットを利用する人が少なかった時代にオンラインで書籍を販売する企業でした。Google の検索エンジンは当時は大きなビジネスではありませんでした。eBay は動物のぬいぐるみを販売する企業として始まりました。今ではその市場が非常に大きいので、こうした最初のころを思い出すことが難しく、どうしても後知恵バイアスが働いてしまいますが、多くの企業は最初はこうしたおもちゃのような市場から始まっていました。 投資家はリスクを回避する傾向にあるため、おもちゃのような市場を狙っていると、投資も付きづらいかもしれません。その時に使えるピッチの方法として、隣接領域と行動の変化を説明するという2つのやり方があります。 隣接領域は Uber のように、まずリムジンという小さなところから入って、その後全ての車へ進出する、という隣接領域から始めるというストーリーを描くことです。もう一つの行動変化は、「私たちの製品は Facebook や GE のように、人の行動を変える」と訴えることです。 資金が市場に出回っているため、どの領域でも起業しやすくなっています。そんなときこそ、おもちゃのような市場から始めたほうが期待値を上回りやすくなるでしょう。最初はおもちゃのような市場に挑戦し、そこから大きく成長することも検討してみてください。 今回の Tip の元記事は『スタートアップにとっての「おもちゃのような市場」』です。
01:26
November 30, 2021
スタートアップの採用のコツ
スタートアップの採用のコツ
Product/Market Fit をしたあとには、起業家は1/3から1/2の時間を採用に充てることになります。最高の人材を確保することがスタートアップにとって重要であり、優秀な人は優秀な人と働くことを好むため、人材には妥協をせずに進めていく必要があります。 そのためにも常に採用中のスタンスでいましょう。必要になってから良い人を探し始めるのでは遅いことが多いです。時には引き抜きもしなければなりません。そして人を採用した後はその人に長く残ってもらえるよう、企業のモメンタムを維持することも忘れないようにしてください。 上手く採用することのコツは、候補者と一緒に働いてみることです。面接だけでは一部しか分かりません。また優れた人材を採用するには自社のミッションと文化的バリューを設定する必要があります。設定するだけではなく、そのミッションにわくわくしてもらえるように売り込まなければなりません。それには長い時間が必要です。 最後に、人をなるべく雇わないようにしてください。小規模で多くのことを成し遂げるほうが優れた組織です。やるべきことのためには人を雇わなければならないから、という状況でのみ人を雇うようにしてください。 今回の Tip の元記事は『スタートアップでの採用方法 (Sam Altman)』です。
01:22
November 22, 2021
価値は実行することで作られる
価値は実行することで作られる
価値は実行によって作られます。誰かと会ったりするのは大事なことですが、それ自身で新たな価値を生み出すものではありません。 スタートアップを実際に始めるよりも、ニュースを見ることや誰かと話す方が簡単で楽しいものです。パーティーで未来について話すことも楽しいでしょう。しかし本当に必要なのはそのあとに、未来を作るために何かを実行したかどうかです。そして本当の難しさは実行にあります。 実行したかどうかを自分自身で知るために、その日の終わりに、その日にしたことをリスト化してみることをお勧めします。忙しいと感じた日でも、何もなせていなければそれに気づくことができます。 人は自分が計測するものに最適化していきます。会議数に最適化すれば、会議をたくさん持つことになります。売上に最適化すれば、会議の数は減って、売上に関わる活動を最大化するようになるでしょう。 実行する困難に打ち克ち、価値を生み出してください。 今回の Tip の元記事は『価値は実行によって作られる (Sam Altman)』です。
01:26
November 18, 2021
PoC の引き合いは PMF の兆しではない
PoC の引き合いは PMF の兆しではない
大企業がスタートアップとPoCをするのは、大企業が自分たちで実験などをするよりも安いからです。スタートアップにとって大金のように見えても、大企業にとっては安いものです。それがスタートアップを誤解に導きます。 特に「イノベーション」「ラボ」「デジタル」「トランスフォーメーション」といった冠の付く部署には注意してください。大企業に入り込むための魅力的な入口のように見えますが、そうしたチームが企業の中で中心的な役割を持っているケースはわずかです。それよりは現場の事業部に行きましょう。 PoCやコンサルティングなどのサービス契約ではなく、ライセンスやサブスクリプションの契約ができるかどうかを意識しながら活動してみることが、こうした過ちを避ける一つの方法となるでしょう。 今回の Tip の元記事は『もっと時間が必要なのか、プロダクトマーケットフィットがないのか? 技術系創業者のための「市場がない時に市場に向かう」方法』です。
01:29
November 16, 2021
良いリーダーの3つの条件
良いリーダーの3つの条件
リーダーシップを測るにはどうすればよいでしょうか。PixarやTwitterのCFOを務めたAli によれば、リーダーに最も重要なものは「信頼」だそうです。そして信頼を生み出す要素を三つに分けています。 一つ目は「明晰な思考と明晰なコミュニケーション」です。リーダーは明晰なコミュニケーションをして、多くの人についてきてもらう必要があります。そのためには伝わりやすいシンプルな言葉を使う必要があり、シンプルな言葉を紡ぐためには、明晰な思考をする必要があります。明晰なコミュニケーションの前には明晰な思考があり、リーダーはこれらが得意でなければなりません。 二つ目は「人に関する判断力」です。良い人を採用したり、適切な人を昇進させることはリーダーの役目です。失敗して多くの部下を解雇することになれば、信頼を失います。 三つめは「高潔さとコミットメント」です。私的な利益ではなく、大きな意味のあるもののために働き、普段から自分を向上させるために努力する謙虚さを持ち合わせることです。 これら三つの要素を持つリーダーは周りから信頼されます。そのほかのシーンでも、どうやれば周りから信頼されるか、という観点で行動をとってみると良いのではないでしょうか。 今回の Tip の元記事は Ali Rowghani の『どうやってCEOのリーダーシップを測るのか?』です。記事にはリーダーシップを測るための質問集もあります。ぜひ参照してみてください。
01:37
November 15, 2021
良いアイデアの見つけ方(市場規模編)
良いアイデアの見つけ方(市場規模編)
投資家はどのようなアイデアを良いアイデアだと判断するのでしょうか。Sam Altmanが挙げているのは市場規模です。 ただ現在の市場規模ではなく、将来の市場規模に注目します。言い換えれば、市場の成長率を見ることです。つまり、すでに巨大な市場よりも、今猛スピードで成長しているような、そんな市場を狙うアイデアが良いアイデアの一つの要素です。 ただ、成長率と言ってもフェイクトレンドもあります。毎年のようにバズワードが出てきて、まるでどの領域も成長するように見えます。ではフェイクトレンドを見分けるにはどうすればよいでしょうか。一つの兆候として、そのアーリーアダプターが毎日使っているかどうかを見ると良いそうです。iPhoneも出てきたころはアーリーアダプターが毎日使っていました。一方、出始めたころのVRはそうではありませんでした。まだ時期が来ていない、ということです。 では、そうした市場を見つけるにはどうすればよいでしょうか。そのためには独自の思想を持ち、次にどのような巨大な市場を作れるかを考えてみることです。小さなスタートアップ自身が波を作ることは中々できませんが、波を見つけて波に乗ることはできます。 そして最後に、愛されるプロダクトができているかどうかが良いアイデアかどうかの判断軸になります。既に製品があるなら、ユーザーが毎日使っているかどうかや口コミが起こっているかどうかで、そのアイデアが本当に有望なのかどうかが判断できます。 今回の Tip の元記事は Sam Altman の『スタートアップへの投資入門:なぜ、どうやって、何に投資するか?』です。
01:39
November 11, 2021
最初のエンジニアを雇う方法
最初のエンジニアを雇う方法
最初のエンジニアを雇うのはとても難しいことです。Y Combinator の Harj がそのコツを紹介しています。 まず自分が求めるエンジニア像をはっきりさせましょう。基準をすべてリストアップするところから始めてみてください。技術面だけではなく、一緒に働きやすいかどうかといった非技術的な面も挙げます。 誰が必要なのかが分かったら、次は候補者探しです。候補者探しにはまず個人的なつながりを活用します。すでに一緒に働いたことがある人が良いでしょう。 採用できるかどうかはさておき、自分の知るベストなエンジニアをリストアップしてみて、ランチやディナーに誘ってみてください。もし採用を断られたとしても、「もしあなたが私たちの会社に入るとしたら、あなたは誰を誘いたいですか?」と聞いてみましょう。そこで名前が出てきた人を紹介するようお願いしてみて、その人をランチやディナーに誘ってみて、また「あなたなら誰を誘いたいですか」と聞いてみましょう。これを繰り返していくことです。 もし良さそうな人がいたら、少しの期間でも一緒に働いてみることをお勧めします。 その他にも、質の高いマーケットプレイスを使ってみることや、インバウンドでの問い合わせを増やすこと、ミートアップを開催すること、コールドアウトリーチをしてみることなど、採用のためには様々な手法があります。 今回の Tip の元記事は Harj Taggar の『どうやって最初のエンジニアを雇うのか』です。
01:36
November 10, 2021
否定的なコメントへの対応方法
否定的なコメントへの対応方法
新しいものには必ず批判的な意見があります。同様に、スタートアップには否定的なコメントや批判が多く寄せられます。大きくなり有名になればなるほど、反対意見の数は増えるでしょう。けれど、そうしたコメントの中で読むに値するものは少ないというのが Sam Altman の指摘です。 現在の偉大な企業も、その途中では多くの批判が寄せられてきました。でも結局は大丈夫でした。 もちろん批判の中には役立つものもあります。そうした意見は、真摯に受け止め改善すればよいだけです。それに本当に役立つコメントは往々にして人を落ち込ませるようなものではありません。 世の中には二種類の人間がいます。未来を作る人と、失敗する理由をあげ連ねる人です。できれば前者でいられるよう、努力を続けましょう。 今回の Tip の元記事は Sam Altman の『コメントを読むな』です。
01:11
November 04, 2021
スタートアップが失速する理由
スタートアップが失速する理由
Y Combinator のプログラム直後は素晴らしい業績なのに、その後に失速してしまうスタートアップが多くいます。その理由は、プログラムやピアプレッシャーによる緊張感がなくなって、起業家が偽の仕事に取り組んでしまうからです。 偽の仕事の例としては、創業者個人に焦点を当てたプレス活動やイベントへの参加、ブログ執筆などが挙げられます。こうした偽の仕事が危険なのは、本物の仕事よりも簡単で楽しい、ということです。そうしてフォーカスを失ってしまいます。 本物の仕事は、企業の成長につながる仕事です。より具体的には製品開発とセールス、そして採用です。これらに集中するようにしてください。 そしてモメンタムを維持することを忘れないでください。モメンタムさえあれば、多くの問題は無視できます。しかしモメンタムがなくなると起業家はバーンアウトしてしまい、負のスパイラルに陥ってしまいます。問題解決のためにはモメンタムを取り戻す以外にありませんが、とても大変です。なのでモメンタムを失わないことが、スタートアップの掟の一つです。 プログラム期間中に言われたことを続けられている企業が、その後も成長しています。愚直にやるべきことを続けてください。 今回の Tip の元記事は Sam Altman の『Y Combinator 後に起こるスランプ』です。
01:37
November 02, 2021
ピッチ資料のデザイン三原則 「読みやすさ」「シンプルさ」「明快さ」
ピッチ資料のデザイン三原則 「読みやすさ」「シンプルさ」「明快さ」
短時間のピッチで自分たちのビジネスやアイデアを伝えるにはどうすればよいのでしょうか。Y Combinator の Kevin は、ピッチ資料を作るコツを、読みやすさ、シンプルさ、明快さの三つで整理しています。 まず読みやすさのためには、フォントサイズを大きく太くすることです。具体的には、Helvetica で 100pt、Bold にしておきましょう。 シンプルさを維持するためには、アイデアを複雑に絡み合わせないようにしてみましょう。複数の情報を入れないようにしてみてください。 明快さは、一目で理解できるスライドかどうかで分かります。そのスライドを見せて、メッセージがすぐに伝わらなければ負けだと思ってください。明快にするためには、情報伝達の邪魔になるものを、スライドから省きましょう。 これらの原則を忠実に守るだけで他のピッチと差をつけることができます。元記事ではデザインの方法なども紹介されています。ぜひ参照してみてください。 ピッチ資料をより良くデザインする方法 - FoundX Review - 起業家とスタートアップのためのノウハウ情報
01:30
November 01, 2021
スタートアップの CFO の仕事とは?
スタートアップの CFO の仕事とは?
CFOはコストや売上など、会社のスコアを管理をすることが職務だと思われるかもしれません。しかしそうではありません。むしろCFOは「スコアを取りに行く」人です。 CEOと同様に会社全体を見渡す視点を持てます。特にお金に関するデータの流れの中心にいて、そのデータを見渡し、業績を改善するための洞察を得て、それを実行可能な戦略にしてCEOに伝えます。CFOのやるべきタスクを「より良いビジネスを作る」という観点で見直せば、その価値が分かってきます。 アーリーステージのCFOは、自分の手を汚して仕事をする財務にも専門性を持ちます。ファイナンスにおける配管工事のような泥臭い仕事もしなければなりません。それだけではなく計画構築、監査の実施など、格好良いとは言えない仕事に取り組みます。 記事の中にはやるべきチェックリストもあります。CFO志望者は是非チェックしてみてください。 CFO を雇う (Jeff Jordan) - FoundX Review - 起業家とスタートアップのためのノウハウ情報
01:27
October 28, 2021
アドバイス探しを避けよう
アドバイス探しを避けよう
スタートアップエコシステムが発達し、起業家はアドバイスを多く得られるようになりました。そこで逆に悩むことが増えたのは多すぎるアドバイスです。 起業家は「間違えたくない」という思いから、多くの人からアドバイスを得ようとします。しかしこれをやりすぎると危険です。意思決定が遅れてしまい、スタートアップにとって最も貴重な時間という資源を失ってしまいます。さらに大抵の場合、起業家が自分のアイデアの良さを確かめるために、肯定的な意見を集めるアドバイス探しをしてしまいます。これを Y Combinator では「アドバイス・ショッピング」と呼んでいるそうです。 そこで Aaron は優れたアドバイザーを一人選ぶことをお勧めしています。そうすれば時間の浪費はなくなります。 ただし、完璧なアドバイザーはいません。複数人の様々な視点を得ることはできなくなるでしょう。またアドバイザーも時には間違うこともあります。そうした限界を踏まえたうえで、優れたアドバイザーを選ぶ必要があります。 優れたアドバイザーは、新たな視点を提供してくれる人です。人の話をよく聞き、学ぶことに意欲的な人です。そして事業に対して楽観的な見方をしてくれる人です。そんな人を一人、もしくは少数選んで、あまり耳を傾けすぎないように気を付けながら、アドバイスをもらってみてください。 今回の Tip の元記事は Aaron Harris の『多すぎるアドバイスにどうやって対処すべきか?』です。
01:49
October 25, 2021
CEO がよくする間違い 3 つ
CEO がよくする間違い 3 つ
CEO が良く行ってしまう間違いが三つあります。 その一つがプレス活動です。ほぼすべての起業家がプレスの重要性を過大評価しています。もちろん有効なこともありますが、プレスのことばかり気にして経営をしてしまって間違うことが良くあります。 二つ目が委任です。CEOはある時点から自分で仕事をするのではなく、誰かに任せていくことになります。これが下手だと規模拡大ができません。ただうまくないCEOが多いようです。責任を与えて、失敗を許容しながら、任せることがうまくなっていく必要があります。 三つ目がアドバイスをうまく受けられないことです。CEO はコーチのような存在を見つけると良いでしょう。定期的にコーチと会うようにしてください。たとえば月に一度夕食を一緒に取り、弱みも見せましょう。そうすると力になってくれるはずです。
01:13
October 22, 2021
運転資金が残り1年以下になったときの対処法
運転資金が残り1年以下になったときの対処法
残り1年以下の資金になったときにはどうすればよいでしょうか。 今回の Tip の元記事は Dalton Caldwell の『運転資金が1年分以下になった会社へのアドバイス』です。
01:20
October 21, 2021
Sequoia 流ビジネスプランの書き方
Sequoia 流ビジネスプランの書き方
Sequoia Capital によるお勧めのビジネスプランの書き方を紹介します。 今回の Tip の元記事は Sequoia Capital の『ビジネスプランの書き方』です。
01:30
October 20, 2021
【1分】CEOの仕事
【1分】CEOの仕事
組織を持つ CEO に求められる重要な仕事は二つあります。 一つ目は「会社が何をすべきかを見極めること」、二つ目は「実際に会社としてそう行動させること」です。そして多くの時間は「行動させる」ことに使われます。 今回の Tip の元記事は Sam Altman の『CEO と成長の苦しみ』です。
01:15
October 19, 2021
【1分】優れた起業家の特徴
【1分】優れた起業家の特徴
投資家から見て、どのような人が起業家として優れているように見えるのでしょうか。 Sam Altman はいくつかの特徴を上げています。 ひとつ、常にアイデアを生み出すこと。起業家は何度も困難にぶつかります。そのたびに新しいアイデアを思いつき、困難を乗り越えなければなりません。最初の事業アイデアが良いだけでは十分とは言えません。 二つ目、コミュニケーションに優れていることです。創業者の仕事の大半はコミュニケーションです。資金調達もセールスもコミュニケーションであり、最初は起業家が担わなければなりません。採用も組織運営も行います。起業家は自社のエバンジェリストでなければなりません。 三つ目、実行速度です。これが成功と最も相関があると言われています。たとえば起業家にフィードバックしたらそれを1日で試してみるかどうか、さらにそのフィードバックを超えた試みをしたかどうかで実行速度は測られます。 四つ目は改善率です。最初から完璧な起業家はいません。だからこそ、スタートアップの事業と同じく、人の成長率を見ることで、優れた起業家かどうかを判別できるのでは、と述べています。 FoundX Podcast の 1 分間スタートアップでは、過去の記事を取り上げ、約 1 分の Tip にして提供しています。 今回の Tip の元記事は Sam Altman の『スタートアップへの投資入門:なぜ、どうやって、何に投資するか?』です。
01:32
October 17, 2021
「アングル」- UTEC 坂本教晃さん
「アングル」- UTEC 坂本教晃さん
ディープテック領域にずっと投資し続けているUTECのパートナーである坂本さんが、この10年での投資の変化と、面白いアイデアのアングルについて解説しています。またDay 1 からグローバルを狙いながら、Day 1 からマネタイズをしているような国外スタートアップの事例も紹介していただいています。
18:21
February 24, 2020
「次の Tesla」 - 髙橋卓巳さん
「次の Tesla」 - 髙橋卓巳さん
次のTeslaというタイトルで、産業の垂直統合をするスタートアップの可能性についてお話ししました。ソフトウェアを前提として産業をリビルドすることで、大きな可能性のある事業が生まれてくるのかもしれません。 髙橋卓巳さん ブロックチェーンスタートアップKyuzanを2018年に創業。創業前から個人でブロックチェーン開発にフリーランスで携わる。大学ではプライバシー保護データマイニングと完全準同型暗号を用いた秘匿計算のビッグデータ分析への応用に関する研究に従事。東京大学大学院修士卒。
19:53
December 17, 2019
「Why Now」ーエレファンテック株式会社 清水信哉さん
「Why Now」ーエレファンテック株式会社 清水信哉さん
アイデアを考える際に「Why Now」「社会的に重要な課題」を意識する重要性について、エレファンテック株式会社の清水信哉さんが語ります。 ホスト:FoundX ディレクター 馬田隆明
20:04
November 30, 2019