Skip to main content
チームガルテンの #こそっと言いたい

チームガルテンの #こそっと言いたい

By NEXTWEEKEND編集部
何をしているかより「何を考えているか」が大切なこの時代。NEXTWEEKENDの中の人が考えているあれこれを紐解くオーディオ番組。
毎週水曜日にお届けします。
Listen on
#53 不便を愛する日常と、仲間と過ごす日々が教えてくれたもの
彼女のルーツになっているのは、岐阜県にあるご実家の自然豊かな環境。 子育て交換日記vol.21にも綴られているように、多少「不便」かもしれないけれど、その中から生まれた工夫、自然との関わり合いが彼女の土台になっているのだそう。 また、時が少し進んで大学生時代、チアダンスに全力を尽くす日々の中で生まれた原体験も語ってくれました。 コーヒー片手に楽しんでいただけたら嬉しいです♩
45:01
May 5, 2021
考え方が180度変わるきっかけになった、あの時の父の言葉
第52回のゲストは、コンテンツプランナーの昼間安代。 なんと収録の数日前に産休に入ったところだったのですが、体調も良好ということで出演してくれました◎ このラジオを聴いてくださっている方にはすでにお馴染みかと思いますが、 「職人」というあだ名で、人生何回目なのかなというくらい達観したスタンスに定評のある(?)彼女。 小さい頃からずっとそうなのかな、と思いきや、「実は幼い頃は全然違う性格だった」とのことで。 今のような性格・スタンスになったのには、ある時お父さんがかけてくれた言葉が大きく影響しているのだそう。 パーソナリティのあやのも、直後思わず「深い…」と唸ってしまったエピソード、ぜひ聴いてみてくださいね。
48:48
April 28, 2021
転校を経験したら、「動じない」自分になった話
第51回のゲストは、総務の孝岡育実。 誰もが口を揃えて「育実ちゃんは動じない」と表現するほど、社内随一の安定感で会社のみんなを支えてくれている彼女。 実はその性格は元々ではなく、小学校5年生の頃にあった「転校」の経験がきっかけになっているのだとか。 仙台から広島へ、多感な時期に大きな環境の変化を迎えた彼女に、一体何があったのでしょうか…。 (パーソナリティのあやのも、もう随分彼女と一緒に過ごしていますが、この話を聞いて、なんだか胸がキュッと締め付けられるような気持ちになりました。原体験。) ユーモアもたっぷり持ち合わせた彼女の、「石橋の渡りかた」も必聴です笑。
43:44
April 21, 2021
石橋は、構造を調べ尽くした上でもう一本造ってしまうタイプ
記念すべき第50回のゲストは、ビデオグラファーの村上了太。 以前もこのラジオで、ユニークな幼少期の行動が話題になっていた彼。 (気になる方は是非、 #29を聴いてみてくださいね) 改めて「原体験」をテーマに思考を紐解いていくと、 想像力豊かで、実はとっても心配性な一面が見えてきました。 「石橋を叩いて渡る」ということわざにかけて、自分のことを表現してもらうと 彼曰く「色んな箇所を叩いて構造を調べ尽くした上で、もう一本造ってしまうタイプ」とのこと!笑 番組の終盤では、R.N.たかぴーさんにいただいたお便りより 「もし今会社が解散することになったら、どんなことしたい?」という質問にも妄想でお答えしています(本当にあったら困るけど、楽しかった) 最後までお付き合いいただけたら嬉しいです♩ そして、リスナーの皆さんも「石橋をどう渡る」でぜひご自身のことを例えて、お便りで教えてくださいね~!!
38:58
April 14, 2021
共に過ごした従姉妹との関係が、個性の輪郭になった話
第49回目は、副編集長の渡邊友美。まるでさくらももこのような、ウィットに富んだ表現力に社内外ファンの多い彼女。 どんな原体験を語ってくれるかな?と思ったら、幼少期に長く時間を共にした従姉妹との、なかなか衝撃的なエピソードが…!(笑) 誰と一緒に過ごすか、その経験を通じて、自分の個性を理解したり自分なりの言動・行動というものが少しずつ作られていくんだな、と改めて考える機会になりました。 近い未来、地元・栃木への移住を控えていることにも、やはり幼少期の経験や思い出が繋がっているんだそう。 新生活で忙しく過ごしている方も多い時期かもしれませんが、心緩める時間のお供にしていただけたら嬉しいです。
43:03
April 7, 2021
周りのみんなが教えてくれる、自分らしさの種
第48回のゲストは、オンラインストアディレクターの茂上ひかり。 独特な感性に定評のある彼女、実は自分の幼少期の細かいことをあんまり覚えていないのだとか(笑) そこも含めてひかりちゃんらしいのですが、その分、周りのみんなが印象的に感じて覚えていてくれるエピソードが、「自分らしさ」を自覚することに繋がっているのだそう。 パーソナリティあやのも大好きな、彼女の瑞々しい感性の源も少し知ることができた今回。新生活のお供にぜひ。 そして…4月でガルテンを卒業するひかりちゃん。 社員としてラジオに登場してもらうのは、今回が最後となりました。 とっても寂しいですが、いつかまた会える日を楽しみに! これから羽ばたいていくひかりちゃんを、ぜひ応援していただけたら嬉しいです。
45:24
March 31, 2021
正解も比較も必要ない。大切なことは全部、自然から教わった
早いもので、6周目に突入!(リスナーの皆さん、いつも本当にありがとうございます。) 社員1人ずつをゲストに迎え、トークを繰り広げます。 6周目のテーマは、「原体験」について。 精選版 日本国語大辞典の解説によると、「原体験」とは…その人の人格形成や、行動の方向づけに、知らず知らず影響を及ぼしている、幼少期の体験。 小さい頃の取り留めもない思い出って、改まって人に話すようなこともなかなかないけれど、実は今の人格・思想に通ずる要素が隠れていたりするのかもしれません。 3月30日までクラウドファンディング挑戦中の「FAMILY NOTE」にもちなんで、そんな原体験をシェアし、お互いの理解を深めていくタームにしたいと思います。 第47回のゲストは、NEXTWEEKEND代表の村上萌。 日々生み出されるコンテンツからも溢れ出ていますが、萌さんは本当にいつも柔軟で、本質的なひと。 今回のラジオでは、その人柄の所以がなんとなく紐解かれた気がしました。 パーソナリティのあやの的キーワードは、「自然の中には何一つ同じものがない」。 何かとバタバタな年度末ですが、ほっと一息の時間に耳を傾けていただけたら嬉しいです。
46:31
March 24, 2021
読者組織の一員から社員に。新生コンテンツプランナーの、今までとこれから
第46回のゲストは、コンテンツプランナーの合田紗規。奈良から上京し、3月1日に入社したばかりの彼女。読者組織 Weekender編集部としても一線で活躍してくれていた彼女が、どうして今、NEXTWEEKENDの社員としてジョインすることになったのか。気になっている方も多いと思いますが、初のラジオ出演でたっぷり聞かせてもらいました◎ ルーツになっている故郷・徳島のことや、これから挑戦してみたいことなど、彼女の柔らかく、でも芯のある人柄を感じてもらえるトークになっています。 ぜひ、新しい仲間のことを知ってもらえたら嬉しいです♩
48:18
March 17, 2021
1年間の育休という経験が、教えてくれたこと
第45回のゲストは、総務・経理の出分裕子(通称でわさん)。約1年間の育休を経て、この春から徐々に復帰を見込んでいる彼女。仕事から離れて新しい生活に向き合ってた日々を、改めて言語化してもらいました。完璧主義な彼女なりに、答えのない育児に楽しく向き合っていく気持ちの持ち方や考え方の工夫には、パーソナリティも深く共感。 4月から新生活を迎える方も多いと思いますが、みんなで適当に(すごくいい意味で!) 乗り越えていきたいものです。
46:29
March 10, 2021
自分の「心地よさ」に素直に向き合って、見えた景色
第44回目は、営業・広報の小松美貴(通称こまみ)。 2020年、コロナ禍で大好きな海のそばに住まいを移した彼女。 自分に素直に向き合ったことで見えた景色と、これからの抱負を語ってもらいました。
41:29
March 3, 2021
コロナ禍で新たな挑戦を続けてきたコーヒースタンドの店長が、今年叶えたいこと
第43回目のゲストは、GARTEN COFFEEバリスタ/コーヒーライフプランナーの井野麻美。 2020年、一時は休業も余儀なくされたGARTEN COFFEE。 本当に厳しい状況でしたが、コンセプトの通り 皆の心の帰る場所として守り育て続けていくために、挑戦を積み重ねてきました。 そんな激動の1年間、彼女が感じたきたこと、見えた景色を改めて振り返り。 そして、彼女の2021年の抱負は「架け橋」! この言葉に込めた思い、今年叶えたいこともシェアしてもらいました。 愛情深くて一生懸命な、麻美さんの人柄あふれる40分です。 (途中、パーソナリティとやりとりが噛み合わなかったちょっとしたハプニングもありますが、ぜひお楽しみいただけたら嬉しいです…笑。)
40:19
February 24, 2021
人との関係も、湧き上がる感情も、「今」をじっくり噛み締める
第42回目のゲストは、コンテンツプランナーの昼間安代。コロナ禍により、イベントをリアルからオンラインの場に移行させたりと、前例のない肩書きを背負いながら新しいコンテンツ作りに奔走した2020年。 そして今、産休前のラストスパートでまだまだ爆走中の彼女ですが、年始に「噛み締める」と綴った気持ちの裏側をじっくり語ってもらいました。 やすよが今年1月の福利厚生で選んだ心理学の本、というのがとても面白そうで、パーソナリティあやのも早速読んでみようと思っています。
41:14
February 17, 2021
雪が積もっても折れない柳のように、私はなりたい
第41回目のゲストは、総務の孝岡育実。 過去に書いた抱負を振り返ると、恥ずかしくてたまらない(笑)という彼女。 そんな彼女が今年掲げたのは、「柳に雪折れなし」ということわざ。 社員の誰もが「いくみちゃんにぴったり!」と口を揃えていた、この言葉に込められた気持ちを紐解いてもらいました。 また、NEXTWEEKENDで連載しているコラムも一部担当している彼女の目線で、最近のヘビロテレシピも教えてもらいました。
39:44
February 10, 2021
自分の素直な感覚を大切に、「融通無碍」に生きていきたい
第40回目のゲストは、ビデオグラファーの村上了太。 常日頃からあまり外的要因に振り回されることなく、自分の興味関心に素直に生きている彼ですが、そんな彼の目に 未曾有の2020年はどう映っていたのか、言語化してもらいました。 2021年の抱負「融通無碍(ゆうずうむげ)」という四字熟語については、また豆知識的なコーナーになっているので(笑)この言葉知らなかった!という方は、ぜひ一緒に学びましょう〜! また、「職人」と呼ばれるほど何かを深掘って続けることができる了太に、そのコツを聞きたい!というお便りもご紹介しています。ヒントは、「自分の好きなこと」。 お便りくださったR.N.あひるさん、ありがとうございました♩
36:38
February 3, 2021
整地からやり直した2020年、ふわりと種を蒔きたい2021年
第39回目のゲストは、副編集長の渡邊友美。 誰もが予想だにしなかった2020年は、「整地からやり直したような」年だったとのこと。 副編集長として、誰よりも読者の皆さんの声に耳を傾けながら NEXTWEEKENDとして発信するコンテンツに向き合ってきた彼女の目線で 一番印象に残っている企画についても語ってくれたので、ぜひ聴いてみてくださいね。 彼女が2021年の抱負「種まき」の漢字を書き間違えたことで 最後の方は、漢字の豆知識コーナーのようにもなっていますが(笑) そんなところも楽しんでもらえたら嬉しいです…!
38:35
January 27, 2021
ちゃんと整えてきた道があるからこそ、今、好奇心のままに走り出せる
第38回目のゲストは、オンラインストアディレクターの茂上ひかり。 「整える」を目標に掲げて歩んできた2020年、 そして、子どもに負けず「好奇心」を大切にしたいという2021年。 この1年間、育児をしながら事業責任者として奮闘してきた彼女が見た景色と、気持ちの変化をたっぷり語ってもらいました。 収録しながら気づいたのは、弊社では年始に必ず目標や抱負を言語化しているので、その言葉を起点に 時間が経ってもその時の状況や心情をちゃんと引き出せるということ。 過去の自分に感謝したい気持ちにすらなりました。 まだ今年の目標決めてないやという方は、ぜひこの機会に!
43:19
January 20, 2021
新しい年の始まり。地続きの今を踏みしめて歩くために、大切にしたいこと
第37回目のゲストは、NEXTWEEKEND代表の村上萌。 新年一発目ということで、「2020年の振り返り」そして「2021年の抱負」をテーマに、徒然なるままにトークしてみました。 ボスは今年、2年間暮らした思い出深い大阪の地を離れることが決まり、新天地・長崎への引っ越しが目前に。 引き続くコロナ禍のもとで大きな変化を迎えるボスが 今思うこと、そして今年の抱負「決」に込められた気持ちも語ってくれました。 後半ではパーソナリティあやののインスタグラムに集まった、フォロワーの皆さんの「新年の抱負・挑戦したいこと」もご紹介します!
47:51
January 13, 2021
2020年みんなが始めてよかった、#ごきげんなひと になれるヒント集
第36回目は、2020年最後の回! 「2020年に始めて良かったこと」「#ごきげんなひと になれるおすすめアイテムや習慣」 この2つのテーマを軸に、リスナーの皆さまからのお便りをご紹介しながら、パーソナリティのあやのがお送りします。 実はこのラジオを開始してから初めてのひとり回でしたが、皆さまからいただいたお便りがあたたかくて嬉しくて、気づいたらあっという間に1時間喋っていました。笑 師走の文字の通り、忙しく過ごされている方も多いと思いますが、ちょっと頭を休めながら、今年1年どんな年だったかなあと振り返れる そんな時間のお供にしていただけたら、とっても嬉しいです。
01:00:19
December 23, 2020
「ミーハー」って、この時代に最高のスキルかも?自己肯定感すら高める情報収集能力
第35回のゲストは、育休中の総務・出分裕子(通称でわさん)。 実は社内随一の「ミーハー」な彼女。 気になる人、ものを見つけた時の目の輝きと、調べるスピードの早いことと言ったら…!(その驚異の情報詮索能力に、社内から悲鳴が上がることもしばしば) 「情報を収集したい」「知りたい」というエネルギーが人一倍強いというのは、持ちたいと願ってもなかなか難しい、素晴らしい才能で。 自分が心から気になることを、自分が納得する調べ方で解きほぐしていく、そんな「自分」が軸にあるからこそ、彼女はいつだってポジティブでごきげんな過ごし方をしていました。 あらゆる情報が日々溢れて、SNSから誰かの影響を受けやすいこのご時世に、自分の興味関心だけに突き進めるって素敵なこと。 社内から見ても、いつだって楽しそうなでわさんの「ミーハー論」、ぜひお楽しみいただけたら嬉しいです…!
50:39
December 16, 2020
コミュニティ最年少の目に映る、今の景色を聞いてみた
第34回目のゲストは、営業・広報の小松美貴(通称こまみ)。チームガルテン最年少の彼女。 自分以外の全員年上、全員先輩という環境は 大人になればなるほど 望んだってなかなか身を置けない貴重なもの。 女性ならではのライフステージの変化もある中、彼女の目にはどんな景色が映っているのか、掘り下げてみました。 お便り箱にいただいた質問より、20代単身の彼女のお金事情なんかもこそっと聞いてみましたよ…! パーソナリティのあやのも、数年前を思い出しながら楽しく語った約1時間、お付き合いいただけたら嬉しいです。
58:21
December 9, 2020
いつもごきげんでいるために。人生のパートナーとして選びたい人、ものについて考えてみた
第33回は、パーソナリティのあやの率いる特別編! 普段は広告営業として 様々な企業・ブランドと仕事している彼女が、今こそリスナーの皆さんに知ってほしい とあるアイテムについて熱く語ります。 そのアイテムとは、北海道のスキンケアメーカー「ナチュラルアイランド」が作る、「カレンデュラ」というオレンジ色のお花を使ったスキンケア。 妊娠・出産という大きなライフステージの変化を迎えても、肌荒れに悩むことがなかったというあやのがずっと使っていたのがこのコスメたち。 本当に良いものだと自信を持って言えるからこそ、ありきたりの広告的手法ではなく、この想いを丸ごと伝えられる方法はないか… そう考えた時、ありました。この番組が!!笑 我らがボス・村上萌もゲストに招き、ちょっと変わった角度から「カレンデュラ」の良さを掘り下げていきます。 この冬 #ごきげんなひと で楽しい時間を過ごすために、ぜひ聴いていただきたいです。ご感想も、よかったらたくさん聞かせてください…!
43:19
December 2, 2020
自分らしい選択の延長線上にあった、2人のママの出産体験談
第32回目のゲストは、GARTEN COFFEEバリスタ/コーヒーライフプランナーの井野麻美。 トークテーマはずばり、「出産」。 人の数だけお産があって、その経験・感じることも人それぞれ。 「フリースタイル出産」という方法を選択して2人の男の子のママになった彼女と、無痛分娩という方法で初めてのお産を迎えた私とで、それぞれの経験を振り返りながらトークしてみました。 女性同士でも、なかなか折り入って話すことが少ないトピック。 出産は一大イベントだけど、その方法の選び方に着目してみると、実は日々の小さな選択の延長線上にあるのかも…なんて、改めて考え直すきっかけに。 女性はもちろん、男性にも聴いてみていただき、是非感想を寄せてほしいです。
49:20
November 25, 2020
「若いときに色々経験しておいたほうがいいよ」の「色々」って、結局なんだろう?
第31回目のゲストは、コンテンツプランナーの昼間安代。 彼女もパーソナリティのあやのも、今年で30歳。 人生100年時代と考えたらまだまだこれからかもしれないけど、とはいえ10代・20代の時と比べた心身の変化は確実にあって… 突っ走って来た今までを、このテーマとともに今一度振り返ってみた今回。 またまた取らせていただいたinstagramでのアンケート結果もとっても面白くて(多くの人が同じような回答をされていた!)自分はどうだったかな、なんて思い返しながら聴いてもらえたら嬉しいです。 きっと終わった後、「これからも楽しもう!」と前向きな気持ちになれるはず(パーソナリティは、めちゃくちゃなりました!)
57:28
November 18, 2020
楽しい?寂しい?「ひとり時間の過ごし方」を考える
第30回目のゲストは、総務の孝岡育実。 普段SNSで垣間見える 家での過ごし方はもちろん、クリスマスに一人で沖縄に行ったというエピソード(!)からも、社内屈指のひとり上手と名高い彼女。 新しい日常の中でいま一度考えたい、「ひとり時間の過ごし方」をテーマにトークしてみました。 Instagramで皆さんから寄せられたアンケートの結果や、ひとり時間が苦手なパーソナリティとゲストとの対比も聴きどころです…!
45:22
November 11, 2020
自然体で、思いやること。唯一の男性社員に聞く、「親との関係」
第29回目のゲストは、ビデオグラファーの村上了太。 母と姉が共著で「受けつぎごと。」という本を出版するほど、家族同士の精神的結びつきが強い印象がある村上家。 そんな家庭で育った男性である了太自身の口から、「親との関係」について語ってもらいました。 とにかく印象深かったのは、家族みんなが自然体で受け入れ合っていること。やるべきことにとらわれず、自分にできる範囲の中で、相手を思いやっていること。 人間関係全てにおいて重要なエッセンスが詰まっているような気がしました。 かわすのがうまい彼からエピソードを引き出すために、情報提供してくださった母・桃代さんと姉・萌さん、ありがとうございました! (ラジオでご紹介した内容はほんの一部で、もらった情報だけで3時間は話せるであろうボリュームでした…いつか全てを話したい…)
49:51
November 4, 2020
片付け苦手な母のもと育ったら、理想の部屋づくりが趣味になった話
第28回目のゲストは、副編集長の渡邊友美。 テーマは「居心地の良い部屋づくり」。 コロナ禍で家にいる時間が増えた昨今、改めて向き合っている人も多いのではないでしょうか。 今でこそ自分らしい選択を詰め込んで 素敵な空間を作り上げている彼女ですが、そのルーツは意外にも、片付けや整理整頓が苦手なお母さんにあるのだそう。 幼少期から「自分の城を作りたい」と内なる野心を膨らませ続け、いつだって自分の感覚に素直に向き合って表現することが上手な彼女からは、学ぶことがたくさん! 秋の夜長のお供にぜひ、聴いてみてくださいね。
51:51
October 28, 2020
親が子どもに与えられるもの、子どもに与えてもらうもの
第27回目のゲストは、オンラインストアディレクターの茂上ひかり。 彼女が綴った子育て交換日記(https://nextweekend.jp/76561/)の拡張版ということで、記事には書ききれなかった親からの受けつぎごとや、娘さんとの向き合い方について語ってもらいました。 個人的にとても印象深かったのは「ついでの神様」のお話。 トークを聞きながら、改めて幼少期に思いを馳せてみると、実は深く残っている自分のルーツに気付けたりするかもしれません。 ぜひそんな時間のお供にしてもらえたら嬉しいです。 ラジオの中で、パーソナリティが激推ししている本「センスオブワンダー」についてはこちらの記事にも掲載しています。 https://nextweekend.jp/73837/
04:02:45
October 21, 2020
住環境の選択と、自己肯定感の話
第26回目のゲストは、我らがボス、村上萌。  テーマは、まさに今関心の高まっている「住環境の選択」について。  パートナーの職業柄、もう何年も東京と地方との二拠点生活を続けているボス。 しかも、その地での生活がどれだけ続くかわからないという特殊な状況…!  だからこそ、いつだって自分の「今」と向き合って選択をすることに長けているボスの頭の中を通じて、自分らしく過ごせる住環境の選び方、そのための考え方についてトークしていきます。 キーワードは、「自己肯定感」!
53:31
October 14, 2020
初めての子育て、パートナーとの向きあいかた
第一子となる0歳の息子を育てながら、パートナーの育休期間も経験し、社内の中で性格が似ていると噂される、実は共通点が多い2人。 側から見ると、いつだって育児を全力で楽しんでいる2人ですが、育休中に緊急事態宣言という未曾有の期間を迎え、ストレスも悩みも尽きない日々を過ごしてきたそう。 実は収録中も絶賛育児奮闘中で、なかなかハードな環境ではありましたが(抱っこ紐であやしながら喋っていました笑) これまで自分なりに納得した選択をし続けてきた2人だからこそ、芯の強い話をしてくれました。 自分の気持ちも家族の気持ちも大切に、日々を乗り越えるキーワードは「すり合わせ」。 世のお母さんお父さんも、パートナーとの関係で悩んでいる方も、うなずけるポイントが盛り沢山です…!
58:08
October 7, 2020
深夜の三軒茶屋で社長にタクシーから降ろされた2人と語る、これからの出会いの話
第24回目のゲストは、総務の孝岡育実 & 営業・広報の小松美貴。 9割が女性社員ということもあり、毎年メンバーのライフステージが移ろいゆく弊社ですが 今回は、20代・単身のふたりと、前代未聞の恋愛テーマでお届けしてみます…! グー◯ン・ヌーボをイメージに持ちながら(笑)恋愛観や、これからの出会いの形について、2人の今の等身大で語ってもらいました。 なかなかない機会にパーソナリティも浮かれてしまい、途中何の話をしているかわからなくなるくらい(すいません…)どの回にも増してとりとめのない女子トーク感が出ておりますが、ご容赦いただきながら お楽しみいただけたら嬉しいです。 ご感想などもお待ちしております…!
01:15:16
September 30, 2020
小さい会社で事業責任者を務める、2人のママの話
第23回目のゲストは、オンラインストアディレクター・茂上ひかりとGARTEN COFFEEバリスタ・井野麻美。 コミュニティメディアNEXTWEEKENDの運営を中心に行っている弊社ガルテンで、2人はそれぞれEC事業とコーヒー事業の責任者を担い、奮闘してくれています。 前例も正解もない中で、利益を出し事業を成長させていかなければならない…! 彼女たちが日々感じているやりがいや難しさについて、棚卸ししてもらいました。 また、ひかりちゃんは3歳の女の子、あさみさんは5歳・3歳の男の子をもつママ。 仕事と家族の時間とのバランスの取り方や、「今だけの瞬間」が満載な子育てをどう楽しんでいるかについてもたっぷり話してもらったので、同じような境遇の方にもぜひ聴いていただきたい!です!(まだ息子が0歳の私も、先輩2人の背中に勇気と元気をたっぷりもらいました…)
01:01:42
September 23, 2020
社内で職人と呼ばれる2人が語る、コンビネーション仕事術
毎月1日に月間テーマに合わせて公開している動画「Weekend Film」をはじめ、NEXTWEEKENDの動画は そのほとんどがやすよ・了太の抜群のコンビネーションにより作られています。 淡々と制作に向き合う様子は社内で「職人たち」と呼ばれていますが、今回はそんな2人の人間性を改めて紐解きながら、目線を合わせて共にクリエイティブを作り続ける秘訣を語ってもらいました! 2人が一緒に仕事している様子は当たり前すぎて、もはや社員も踏み込んだことのない領域(?)でしたが… パーソナリティも改めて2人のことが大好きになりました。 あんまり深夜番組なトーンにもならなかったので、ぜひ時間帯を問わず聴いてみていただけると嬉しいです!笑
51:47
September 16, 2020
今日から試せる編集的な思考の話
第21回目のゲストは、我らが編集長・村上萌と、副編集長の渡邊友美。 2人とのトークテーマは、ずばり「『編集』について考える」。 編集ってなんだろう、という大きい問いかけから、私たちの思想・世界観の結晶ともいえる雑誌の制作裏話まで… いわば「NEXTWEEKENDそのもの」な2人の感性を紐解いていきます。 3人で話すことで、今まで以上に普段の雰囲気が出てしまい、ところどころ軽い事故も発生しましたが(笑)そんな部分も含めて楽しんでいただけると嬉しいです。 【#21 今日から試せる編集的な思考の話】 01:00頃 早速事故が発生(笑) 02:05頃 ゲスト2名登場 05:00頃 「編集」ってなんだろう 16:15頃 質問にお答え(R.N.もっちゃん さん / ボスの思想、言葉選びについて) 21:30頃 雑誌NEXTWEEKEND制作の裏側 34:25頃 副編集長の頭が突然真っ白になる(笑) 40:15頃 これからの野心と、今進めているプロジェクトこそっと 43:00頃 最後に一言 45:00頃 次回ゲスト発表
47:17
September 9, 2020
勢いで営業と広報を兼務してみたら、より一層本質的な思考になった話
7月に育休から復帰して(むしろ復帰する前から)、早速バリバリ働くタフな彼女。 「営業マネージャー」と「広報」という2つの肩書きを兼務し、大忙しでマルチな存在に見えますが、共通していることはNEXTWEEKENDの思想と価値を使える大役。 「本質的おばさん」「コミュニケーションおばけ」「森の肌守さん」(詳しくはラジオで…!)などなど、謎めいたあだ名を多く持つ理由も、彼女が思想を声に出し続けた結果だからこそ。 社内の誰よりも人懐っこく、関わる人全てと旧友のような関係を築いてしまう、彼女のコミュニケーション精神をじっくりお楽しみください…! 【▼ラジオ内で登場した渾身の記事はこちら】 https://nextweekend.jp/37218/
01:00:05
September 2, 2020
4年前の試行錯誤が、今の会社の土台に。個性派総務の奮闘回想録
第19回目のゲストは、現在育休中の総務 出分裕子(通称でわさん)。 前回こまみからの紹介でも「独特」と表現されていた通り、おしとやか(?)な印象とは裏腹に 実はとっても個性的な彼女… 今回は、そんな独特な一面が随所に垣間見える回となりました。(大丈夫かな。笑) 4年前、社員数もまだ現在の半分程度だった頃、組織として・チームとして皆が結束を強めながら心地よく働くにはどうしたらいいか、総務として奮闘してくれていた頃の裏話から 最近話題のオーディション番組「Nizi Project」に絡めた例え話(?)まで…出分ワールド炸裂でお送りします。
47:48
August 26, 2020
フリーランスから会社員に転身、営業になって1年。今感じていること
第18回目のゲストは、営業・広報の小松美貴(通称こまみ)。 フリーランスから会社員に転身して、ちょうど1年。 さらに、産休に入るあやのの後任として、経験のない営業というポジションで奮闘してきた彼女。 立場が大きく変わったことで、感じてきた難しさややりがい…今感じていることを棚卸しして、言語化してくれました。 キーワードは「目線合わせ」!
59:53
August 19, 2020
コミュニティの力で、みんなの心の居場所を作る。小さなコーヒースタンドの挑戦
第17回目のゲストは、GARTEN COFFEEバリスタ/コーヒーライフプランナーの井野麻美。 オープンから約1年半、キッチンの出窓を大きく開けてたくさんのお客様をお迎えしてきたコーヒースタンド・GARTEN COFFEEですが このコロナ禍で、一時休業という苦渋の決断を迫られた時期がありました。 しかし、GARTEN COFFEEがみんなの帰る”庭” であり続けるために、歩みは止められない… その思いから爆速で生まれたのが、3ヶ月間一緒にコーヒーのある生活を楽しむ シーズン会員「ガルテンコーヒー部」(https://nextweekend.jp/69545/)。 これが今、本当に熱い、愛たっぷりのコミュニティに育っているんです… 裏側にある思いを、麻美さんにたっぷり語ってもらいました(愛がすごすぎて収録中に涙するシーンも…?!笑)。
01:00:38
August 12, 2020
「コンテンツプランナー」前例のない肩書きに向き合い続けたら、見えてきた景色
第16回目のゲストは、コンテンツプランナーの昼間安代。 耳慣れない肩書きですが、それもそのはず。 弊社にも前例がない中で、やるべきことに本質的に向き合った結果、彼女に合わせて生まれたものなんです。 自社の編集コンテンツから広告案件まで幅広く携わり、今ではすっかり会社の大黒柱的存在の彼女ですが、正解のない世界で 1人でも多くの心に届くものを作り続けるにあたっては、たくさんの苦悩もあったよう。 今、チームガルテン内で成長率ナンバーワン!と呼び声高い彼女の思考を じっくり紐解く約60分。 最後までお付き合いいただけたら嬉しいです!
56:32
August 5, 2020
番外編!みんなと作る 「チームガルテンの#こそっと言いたい」
実は長引く夏風邪により、声が枯れてしまったパーソナリティを救う緊急企画! リスナーのみなさまから寄せられたお便りをもとに、コンテンツプランナー昼間安代と、副編集長渡邊友美が、今こそ分かち合いたいエピソードやお悩みをご紹介していきますよ。 ピックアップしたのは、「#浸りたい日の過ごし方」「今みんなで向き合いたいお悩みコーナー」「最近あった幸せなエピソード」。 どのお便りも、首を大きく縦に振りながらご紹介していきました。(オーディオなので見えないのが悔しいです) このコロナ禍でもごきげんに過ごすヒントや、誰しもが直面するようなお悩みの解き方を、少しでも見つけられたら嬉しいです!
51:58
July 29, 2020
少人数、半分がママ、コロナ禍… 変わりゆく状況で会社を守る、新米総務の奮闘記
第15回目のゲストは、総務・経理の孝岡育実。前任の産休を機に、全く経験のない中で総務・経理を兼務することになった彼女。 それだけでも大変なのに、少人数の会社で、社員の半分は未就学児のママ。地方からリモートで働く社員もいて、更にはこのコロナ禍・・・! 試練のように変わりゆく状況の中、いつも変わらぬ笑顔と安定感で会社を支えてくれている彼女が、日頃どんなことを考えながら業務に取り組んでいるのか。密かに熱い胸の内を語ってもらいました。 質問コーナーでは、「知らない土地で楽しむコツ」「20代のうちにやっておきたいこと」についてお話ししています♩ ※いくみちゃんが恥ずかしがり屋だからか、なぜか音声がだいぶこもって収録されてしまいました…テレビ番組でスタジオから電話を繋いでいるような…多少聞きづらいところもあるかと思いますが、ご容赦いただけますと幸いです…!
55:43
July 22, 2020
進化も発注も止まらない!NEXTWEEKEND流、動画づくりの哲学
第14回目のゲストは、ビデオグラファーの村上了太。 前回の登場でご紹介しましたが、大学卒業後すぐに完全独学でビデオグラファーとしてのキャリアを歩んできた了太。 近頃は絶えず動画制作のご依頼が舞い込んでくるほど、会社を代表する事業の一つに成長しましたが(感動…) 今回は、ゼロベースから"NEXTWEEKENDらしい"動画のスタイルを確立し、さらに挑戦を続けている職人(男)の大切にする「哲学」を紐解いてみました。 また質問コーナーでは、先日村上萌(実の姉)と母・桃代さんが発売し重版も決まった書籍「受けつぎごと。」に絡め、了太にとっての受けつぎごとをこそっと回答! パーソナリティも唸る素敵な内容だったので、ぜひ聞いてみてくださいね。
43:34
July 15, 2020
コロナ禍で叩き出した過去最高PV。心に寄り添うコンテンツを生み出す方法
第13回目のゲストは、副編集長の渡邊友美。WEBサイト、SNS、雑誌や本、手がける広告… NEXTWEEKENDとして世に発信しているほぼ全てのコンテンツは、彼女の目を通してクオリティが担保されています。 もはやNEXTWEEKENDそのものと言っていい存在の彼女ですが、ただセンスがいいだけでなく まあ本当に勉強家で努力家で、人を思いやる力に長けていて。 コロナ禍におけるステイホーム期間中、サイトとして過去最高のPVを記録できたのは、間違いなくそんな彼女が生み出してきたコンテンツが人々の心に寄り添っているから。 今回は、そんな我らが副編集長の仕事術をじっくり紐解いていきます。
57:20
July 8, 2020
コミュニティ型ECで新しい価値を作りたい!新米ディレクターの挑戦
第12回目のゲストは、オンラインストアディレクターの茂上ひかり。 NEXTWEEKENDのオンラインストア「NEXTWEEKEND STORE(リンク)」で販売する商品の企画やPRを一手に担う彼女。 実は育休からの復帰を機にこの役割を担うことになり、知識ゼロからの挑戦だったんです。 一時期は甘酒のことを考えすぎて、社員から「味噌屋さん」と呼ばれるほど(笑)愛情たっぷりに業務に向き合う姿は、いつも社内で話題。 今回は、ユーザーと一緒に共感の輪を広げながら価値を提案し続ける「コミュニティ型EC」として、ストアの更なる進化を目指す彼女の「今考えていること」をたっぷりお届けします。
01:02:16
July 1, 2020
NEXTWEEKENDの思想で作る広告「コミュニティプロジェクト」の話(代表 村上萌)
11回目となる今回は、再び代表の村上萌をゲストに迎え NEXTWEEKENDの広告企画「コミュニティプロジェクト」について、営業担当のあやのと共に深掘りしていきます。 「自分らしく、誰かの役に立てる方法」を追求していく中でコンセプトが磨かれ、広告企画を主に手がけるプロデュースチームという形からブランド、そしてコミュニティメディアへと成長してきたNEXTWEEKEND。 その軌跡や、裏側にある思いを代表の村上自らが熱く語ってくれました。 実はトークショーなどでもなかなか話すことのないトピックス。今まで以上にNEXTWEEKENDのことを知っていただくきっかけになれば嬉しいです。
57:06
June 24, 2020
営業・広報あやのが紐解く、人生を楽しむための本質的な思考力
第10回目のゲストは、営業・広報の川島文乃。 まもなく育休が明け、本格的に営業・広報として復帰する彼女。時には司会をし、歌い、踊り、絵を描き…マルチな活躍を見せる彼女ですが、その裏側には転機となる挫折やたくさんの努力がありました。自分らしい人生を歩むために「諦める」という選択ではなく、本質的な道を探し続ける考え方は、あっぱれと #こそっと言いたい(!) 代表 村上萌が弊社の「高田純次」ならば、弊社の「松岡修造」的存在の彼女の、人情深いトークをご堪能ください♩ 替わってパーソナリティは、コンテンツプランナー昼間安代が務めます。
59:20
June 17, 2020
総務ゆうこが紐解く、ずっと忘れたくない向上心
第9回目のゲストは、現在育休中の出分裕子。 パーソナリティのあやのとはほぼ同時期にガルテンにジョインし、妊娠期間中も支え合ってきただけに話のネタは尽きず、過去最長の収録に!笑 おっとりほんわかに見える彼女ですが、実はとっても熱いハートの持ち主。 自分をもっと高めたいという気持ちから始まったガルテンでのキャリアの背景から、絶賛奮闘中の子育て秘話まで、彼女の内面が滲み出るレアトーク、是非聴いてみてくださいね。
01:05:27
June 10, 2020
営業・広報こまみが紐解く、夢を叶えるための思考と行動
出産で現場を離れるあやのの後任として入社した、営業・広報の小松美貴。 高校生の頃から(!)NEXTWEEKENDの大ファンで、ここで働きたいという思いを胸に秘めていた彼女。 7年越しに夢を叶えるまで、着実に"在りたい自分"を求め努力してきた、その思考と行動の鍵が散りばめられた熱い50分間です。チームガルテン最年少、タフでフレッシュなこまみをどうぞよろしくお願いします!(選挙風)
52:01
June 3, 2020
バリスタあさみが紐解く、自分の「好き」の見つけ方
第7回目のゲストは、GARTEN COFFEEの店長・バリスタの井野麻美。 元々全く異なる畑から コーヒーの世界と出会ってバリスタを志し、今では「コーヒーライフプランナー」という独自の肩書きをもって活躍している彼女。 突き進むパワーの源は、とことん自分の心と向き合う真っ直ぐな姿勢と、周囲への溢れ出るほどの愛…! これを聴いたあと、彼女の淹れるコーヒーが飲みたくなる確率120%ですよ。
57:18
May 27, 2020
コンテンツプランナーやすよが紐解く、じっくり自分のものにするスキルの積み上げ方
第6回目のゲストは、コンテンツプランナーの昼間安代。 今や彼女なしでは会社のあらゆる事業が回らないのでは?というほど、縁の下の力持ち的役割を担ってくれているやすよ。 その豊富なスキルと逞しい仕事ぶりの裏には、じっくり着実に自分を磨いていく努力がありました。 噛めば噛むほど味が出る(あやの談)、職人(女)の頭の中を是非覗いてみてください♩
53:48
May 20, 2020
総務・経理いくみが紐解く、秘めたる野心の叶え方
第5回目のゲストは、総務・経理の孝岡育実。 いつも笑顔でのほほんとした彼女は、実はチームガルテンの中で最も"強い"女性だった…?! NEXTWEEKENDを見ている立場から 中の人として働くようになるまでのエピソードをはじめ、最近誰よりも生活を楽しんでいると評判の彼女が隠し持つ 熱いハートと野心家な側面が垣間見えるトークは必聴です◎
48:24
May 13, 2020
ビデオグラファーりょうたが紐解く、常に進化し続ける楽しみ力
第4回目のゲストは、ビデオグラファーの村上了太。今でこそNEXTWEEKENDのビジュアルを全て担う存在ですが、そこに行き着くまでには様々な努力が…!どんな試練も楽しみに変えて、常に新しい道を開く姿勢を語ってくれました。普段人前には出てこない彼の貴重な回、ぜひじっくりお楽しみください♩
40:27
May 6, 2020
副編集長ともみが紐解く、心地良い毎日を作るための秘訣
第3回目のゲストは、副編集長の渡邊友美。 大学生の頃からインターンとしてNEXTWEEKENDに関わっていた彼女が、入社を決断するまでのドラマチック(本当に!)なストーリーは是非聴いていただきたいところ。 また、日々の発信から垣間見える言葉選びや暮らしの様子にファンも多い彼女。抜群のセンスはどのようにして培われているのか、その秘訣もこそっと語ってくれました。
53:24
April 29, 2020
オンラインストアディレクターひかりが紐解く、NEXTWEEKENDの愛すべき特徴
第2回目のゲストは、オンラインストアディレクターひかり。一番古株メンバーの彼女が紐解く、NEXTWEEKEND の特徴と裏話とは…!
50:49
April 22, 2020
NEXTWEEKEND 代表 村上萌が紐解く、今個人とメディアが出来ること
何をしているかより「何を考えているか」が大切なこの時代。NEXTWEEKENDの中の人が考えているあれこれを紐解くオーディオ番組。第1回目のゲストは、我らがボス、村上萌です!
40:41
April 17, 2020