Skip to main content
Wantedly Engineering Podcast

Wantedly Engineering Podcast

By Wantedly Engineering
Wantedly のエンジニアチームで培った知見を共有する技術 Podcast です。
Listen on
Where to listen
Apple Podcasts Logo

Apple Podcasts

Google Podcasts Logo

Google Podcasts

Pocket Casts Logo

Pocket Casts

RadioPublic Logo

RadioPublic

Spotify Logo

Spotify

Currently playing episode

GraphQL Gateway の理想と達成までの道のり w/ @izumin5210

Wantedly Engineering Podcast

1x
新人研修で話した Wantedly のアーキテクチャの話 w/ @Altech_2015
https://twitter.com/Altech_2015 Wantedly の技術とアーキテクチャ / Wantedly Architecture Overview 技術を的に当てる技術について - GraphQL を入れ直した話 w/ @Altech 技術とアーキテクチャ 退職するつもりでコードを書け w/ @stomk_
54:37
April 27, 2022
退職するつもりでコードを書け w/ @stomk_
@stomk_ に 「レガシー化していた課金周りのシステムを改善するためにやったこと」について詳しく聞きました。 ホスト: https://www.wantedly.com/id/potsbo ゲスト: https://www.wantedly.com/id/shingo_tomioka レガシー化していた課金周りのシステムを改善するためにやったこと A Philosophy of Software Design レガシーソフトウェア改善ガイド - 翔泳社 レガシーコードからの脱却 - O'Reilly Japan
01:02:53
April 20, 2022
設計なんもわからん - Production Ready GraphQL 輪読会 その2 w/ @izumin5210
@izumin5210 に Production Ready GraphQL を中心に GraphQL のベストプラクティスにまつわるあれこれを聞きました。 ホスト: https://www.wantedly.com/id/potsbo ゲスト: https://www.wantedly.com/id/izumin https://book.productionreadygraphql.com/ Production Ready GraphQL 輪読してみた w/ @hachiblog GraphQL Gateway の理想と達成までの道のり w/ @izumin5210 GraphQL Cursor Connections Specification id の不透明性 Using nested mutations Netflix DGS GraphQL over HTTP Status Codes
01:04:57
April 13, 2022
デザイナ目線で嬉しいエンジニアムーブ w/ @NishaMe1024
プロダクトデザイナーと上手に協働するための心得 感想を Product Design Chapter Lead の @NishaMe1024 に聞きました。 ホスト: https://www.wantedly.com/id/potsbo ゲスト: https://www.wantedly.com/id/NishaMe プロダクトデザイナーと上手に協働するための心得 w/ @kbys_02 デザインの合意形成にある落とし穴 マイクロサービスでもポチポチ確認するための Kubefork Webフロントエンドアプリのデザインシステムライブラリ
55:42
April 07, 2022
新卒1年目にやったこと/やっておけばよかったこと w/ @nasa_desu @bubusububusu
新卒1年目を終えるタイミングのエンジニアの @nasa_desu @bubusububusu に1年目にやったこととやっておけばよかったことを聞きました。 山岸 立 近藤 アサン なぜ、あなたの仕事は終わらないのか コンサル一年目が学ぶこと Wantedly 21新卒 Advent Calendar 2021 Wantedly 24卒向けサマーインターンシップ
58:06
March 30, 2022
Production Ready GraphQL 輪読してみた w/ @hachiblog
Production Ready GraphQL を社内の輪読をしてみた @hachiblog に内容と学びを聞いていきました。 SpaceX API GraphQL Gateway の理想と達成までの道のり w/ @izumin5210 技術を的に当てる技術について - GraphQL を入れ直した話 w/ @Altech
47:05
March 22, 2022
CTOが自分のマネージャーになったデザイナーの本音 w/ @NishaMe1024
CTOがデザインマネージャーやってみた w/ @kawasy の感想を Product Design Chapter Lead の @NishaMe1024 に聞きました。 @kawasy の 決意表明ツイート @NishaMe1024 の決意表明ツイート
33:49
March 15, 2022
CTOがデザインマネージャーやってみた w/ @kawasy
CTO の @kawasy を呼んでデザインマネージャーの業務について聞きました @kawasy の 決意表明ツイート @NishaMe1024 の決意表明ツイート “Agile” is eating design’s young; or, Yet Another Reason why “embedding” designers doesn’t work ユニコーン企業のひみつ ――Spotifyで学んだソフトウェアづくりと働き方 Spotify Doesn't Use the Spotify Model デザインシステムが加速させるプロダクト開発 プロダクトデザイナーと上手に協働するための心得 Webフロントエンドアプリのデザインシステムライブラリ Wantedly UI Components “広義のデザイン“が組織に根付き、“広義のデザイナー“が役目を終える時 -2022年のデザイナー市場動向- What is the framework for innovation? Design Council's evolved Double Diamond Wantedly Design リーダブルコード ――より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック Wantedly Engineering Handbook
01:06:17
March 08, 2022
PMBOK 第7版には大事で当たり前な原理原則が書いてある w/ @t_o_sh
プロジェクトマネージャーの @t_o_sh に PMBOK 読書会で学んだことを聞きました。 プロジェクトマネジメント知識体系ガイド(PMBOKガイド)第7版+プロジェクトマネジメント標準 The Twelve Factors 6枚のポスターを作って見えた、社内ブランディングにおけるビジュアライズの価値
01:05:11
March 01, 2022
GraphQL Gateway の理想と達成までの道のり w/ @izumin5210
@izumin5210 を呼んで GraphQL Gateway のつくりかたについて聞きました https://www.wantedly.com/id/izumin 技術を的に当てる技術について - GraphQL を入れ直した話 w/ @Altech GraphQL 導入の反省と再挑戦 / jsconf jp 2021 Reconciling GraphQL and Thrift at Airbnb Production Ready GraphQL GraphQL Nexus github.com/proto-graphql/proto-nexus github.com/proto-graphql/graphql-field-mask github.com/izumin5210/protogql github.com/graphql/graphql-js GraphQL の引数では「値を入れない」と「null を渡す」を区別できる [RFC] Client controlled nullability operator #867 [RFC] GraphQL Input Union type #488 TECH STAND #7 GraphQL
01:06:38
February 21, 2022
技術を的に当てる技術について - GraphQL を入れ直した話 w/ @Altech
アーキテクトの @Altech_2015 を呼んで 吉祥寺.pm28 で話した技術を的に当てる技術について聞きました 吉祥寺.pm28【オンライン】 技術を的に当てる技術について - GraphQL を入れ直した話 / Re-Introduce GraphQL https://www.wantedly.com/id/altech フロントエンドに型の秩序を与えるGraphQLとTypeScript Protocol Buffers の書き方と管理方法 w/ @izumin5210 速度と安全性を極めた先に見える最高の Developer eXperience オブジェクト指向UIデザイン ――使いやすいソフトウェアの原理
01:03:24
February 15, 2022
"Kaggle" に集中できる推薦基盤改善 w/ @jy_msc
データサイエンティストの @jy_msc に "Kaggle" に集中できるように推薦基盤を改善した話を聞きました。 https://www.wantedly.com/id/hakubishin3 https://twitter.com/jy_msc https://www.kaggle.com/ https://anchor.fm/wantedly-dev/episodes/w-rerost-e14fp3l https://anchor.fm/wantedly-dev/episodes/w-rerost-e1a5otg https://www.wantedly.com/id/yuya4 https://speakerdeck.com/unblee/using-dvc-to-accelerate-machine-learning-pipeline-development
59:27
February 04, 2022
プロダクトデザイナーと上手に協働するための心得 w/ @kbys_02
@kbys_02 を招いてプロダクトデザイナーと上手に協働するための心得の解説をもらいました。 上手く協働するための心得 共通言語で話す 唯一の情報源を持つ 幅広い観点を持つ 語るよりも見せる スムーズに仕事を進めるための心得 デザイナーを巻き込む デザインのフィードバック 実装 実装のデザインチェック 参考リンク https://www.wantedly.com/id/kobayang https://www.wantedly.com/about/engagement Storybook が良い UI コンポーネントのレールになる  https://docs.wantedly.dev/ Communication Between Designers and Engineers, WWDC2017 SwiftUI でデザインシステム実装を加速させる Webフロントエンドアプリのデザインシステムライブラリ 開発フロー研修 @ Wantedly / 良い Issue の書き方 マイクロサービスでもポチポチ確認するための Kubefork
54:54
January 28, 2022
Topotal 誕生秘話と今後の構想 w/ @nari_ex
株式会社Topotal のCEO 高村さんに SRE での創業秘話や今後の展開について聞きました。 トピック なぜ SRE で起業したのか SRE as a Service の事例 Waroom の構想 今後の Topotal リンク https://www.wantedly.com/id/nari_ex https://topotal.com/ https://topotal.com/services/sre-as-a-service/case-study/20211116-wantedly https://e34.fm/3/ https://waroom.com/ https://docs.wantedly.dev/fields/dev-process/post-mortems https://docs.wantedly.dev/introduction/incident https://docs.topotal.com/sales/sales-materials-ver10.pdf
57:32
December 06, 2021
データサイエンスの先読みですすめる推薦基盤開発 w/ @rerost
rerost をゲストに呼んでデータサイエンティスのための基盤づくりの手法について聞きました 「推薦が壊れる」とはなにか w/ @rerost bqv-catalog
52:11
November 12, 2021
Architect の仕事
@Altech をゲストに呼んで Architect のしごとについて聞きました。 トピック 設計の階層 Architecture Style コミュニケーション設計 不確定性のある意思決定をどうやって行くか 設計のコツ
01:02:38
October 28, 2021
#ISUCON で100万点とって予選2位になるためにやったこと
ISUCON11 の予選を2位で突破した「都営三田線東急目黒線直通急行日吉行」の @izumin5210 に何をしたのかを聞きました。 ISUCON11 オンライン予選 全てのチームのスコア(参考値) https://github.com/isucon/isucon11-qualify go-sql-driver/mysql でプレースホルダ置換をサポートしました GoでISUCONを戦う話 #prepared statementについて
01:04:58
August 23, 2021
仕様を投げたら設計ができる機械は作れるのか w/ @Altech
@Altech をゲストに呼んでソフトウェア設計と抽象について聞きました。 トピック 変えないコードには設計はいらないのか 仕様を投げたら設計ができる機械は作れるのか 「肩書」は人と 1:N 関係? 抽象とは抽象という抽象の1インスタンス 抽象と抽象化の違い 参考リンク ソフトウェアの良い設計/抽象/ドメイン 抽象を使わないプログラミング/問題の分割/設計がソフトウェア自体を定義する ソフトウェア設計の Why & What & How ガウディ本 Protocol Buffers の書き方と管理方法 w/ @izumin5210
01:00:19
August 18, 2021
フロントエンドリノベーション w/ @chloe463
@chloe463 をゲストに呼んでリノベーションを通したフロントエンドのアーキテクチャ進化とその変遷について話しました。 トピック リノベーションという手段 リノベーションの Tips Wantedly のフロントエンドアーキテクチャ変遷 Wantedly のフロントエンドアーキテクチャの未来 参考リンク Wantedly Engineering Handbook  フロントエンドリノベーション―負債から資産へ Webの最前線に立つならリノベーションし続ける必要がある React でデザインシステムを正しく実装する - コンポーネントカタログを超えて UIデザインに必要な『一貫性』へのアプローチ - 管理画面のアップデートに際して 2つのWebpack buildを1つに統合した話 Next.js
56:54
August 11, 2021
Protocol Buffers の書き方と管理方法 w/ @izumin5210
@izumin5210 をゲストに呼んで Protocol Buffers と gRPC を利用したマイクロサービス間通信の考え方とTipsについて聞きました。 トピック gRPC が使えない環境における Protocol Buffers のメリット Protocol Buffers の書き方で気をつけること インターフェースの重要性 proto ファイルの管理方法 参考リンク マイクロサービス共通ライブラリで “Governance through code” を実現する React でデザインシステムを正しく実装する - コンポーネントカタログを超えて Wantedly Engineering Handbook protobufスキーマとgRPC通信 github.com/izumin5210/grapi 公式ドキュメントの読み方 Language Guide (proto3) API Design Guide マイクロサービスでもポチポチ確認するための Kubefork ソフトウェア設計の Why & What & How
57:01
August 06, 2021
Kotlin Multiplatform Mobile w/ @kubode
@kubode をゲストに呼んで Kotlin Multiplatform Mobile の導入経緯と Pros/Cons について聞きました。 Kotlin Multiplatform React Nativeをやめる話とKotlin Multiplatform Wantedly VisitにおけるKotlin Multiplatformの導入と実装 KMMの導入と得られるもの
58:20
July 22, 2021
「推薦が壊れる」とはなにか w/ @rerost
rerost をゲストに呼んで堅牢な推薦基盤の作り方について聞きました。 推薦が壊れている状態とはなにか、なぜ定義したいのか、検知が何故難しいのか、どの様に解決していくのかなどについて話しました。 Chaos Engineering に向けてレシピサービスの Steady State を追求する bq table validator ランキングに対する演算 Argo Workflow at Wantedly dagg https://www.wantedly.com/companies/wantedly
55:47
July 15, 2021